困った!面倒!LINEが煩わしい…そんなグループLINEの対処法3つ!

LINEでなにかしらのグループに入っている人がほとんどではないでしょうか。プライベートのときに仕事関係のメッセージが入ったり、逐一意見を求められるようなグループに入っていると、気が休まりません。誰でも一度はLINEの煩わしさを感じたことがあるはずです。LINEグループを上手く対処する方法を挙げてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2636view

通知OFFにする

  • 通知OFFにする
  • 出典: mobilelaby.com/blog-entry-6267.html
雑談やスタンプのやりとり、意味のない会話の多いLINEグループもありますよね。そんなグループのメッセージ通知が煩わしいときは、通知OFF設定にしましょう。暇な時、余裕があるときに、実際どんなやりとりがあったのかを見れば良いのでラクです。設定方法も、メニュー画面から通知のON・OFFを切り替えるだけなので簡単です。メッセージをリアルタイムで確認する必要がないグループにはこれが1番の対処法です。
【LINE】通知をオフにしたい

LINE(SNS)に興味がない、あまりしないキャラクターを作る

これもまず、面倒くさいグループを通知OFF設定にしておくと良いでしょう。自分に話題がふられたときや、飲み会などの参加・不参加の確認などにすぐ反応しない「あまりLINEをしないキャラ」を作ります。少し無理がありますが「仕事中も使っているスマホだからLINE自体の通知をオフにしている」「複数のグループに入っていて見落としていた」などの言い訳をその都度するしかありません。文句を言う人、協調性を求める人がいるかもしれませんが、LINEで反応が薄いからといって壊れるような人間関係であれば所詮その程度です。

グループから抜けてしまう

  • グループから抜けてしまう
  • 出典: iphone.ipod-podcast.jp/iphone5/pc/step09/10.php
職場全員が参加していたり、連絡事項の確認として使われているグループでは使えない方法ですし、最終手段なのですが、煩わしいグループは思い切って抜けてしまいましょう。
とは言え「~さんが退会しました」というメッセージが表示されてしまう機能には困ったものです。
抜けたことまでリアルタイムで全員に表示されてしまうこの機能…どうにかならないのでしょうか。しかし、抜けかたを工夫すれば周りに意識されず、すっと去ることもできます。

①抜ける理由を説明して抜ける
本音でも言い訳でも、どちらでもかまいません。1番納得してもらえそう、もしくは当たり障りがなさそうな理由を投稿したあとにグループを抜けましょう。忙しくなった、環境が変わった、他のグループも抜ける…など、そのグループに対する不満ではなく、自分自身の変化を伝えるのが無難でしょう。それなら仕方ないか、と思わせることが大切です。

②トークのやりとりがされていない時間に抜ける
誰かしらがやりとりしている最中に抜けると「~さんが退会しました」という表示も目立ってしまいます。日中活動している人が多いグループであれば、深夜や明け方に抜けると良いでしょう。しかし、話題になりやすいかというだけで、抜けたことが周知されることは変わりないので、あまり参加していなかったグループにしか使えないかもしれませんね。

ちなみに「グループを抜ける直前に名前を変える」といった対策は、現時点では効果がないようです。
LINEグループ退会する方法【こっそりばれないように退会できる!?】iPhone Android

結論としては…

  • 結論としては…
  • 出典: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver...
仕事のグループなど、無視できない連絡が入るものは通知音やポップアップ表示をなくして少しでもストレスを減らす、趣味のサークルなどプライベートでのグループは、気分や時間帯によって通知のON・OFFを切り替える、煩わしいグループからは思い切って抜ける…これらが対処法です。

仕事関係など日常生活に大きく関わるグループでも、あまりにメッセージが多い場合や、雑談に無理に付き合わなければいけない場合は、頼れる上司に相談したり、はっきりと自分の意見を伝える(LINEグループの必要性・それ以外での伝達提案など)ことが必要になることもあるでしょう。
今後、グループ毎に通知音を変えられるなど、LINE上で細かい設定ができるようになると良いですね。

たくさんの人が同じグループにいると、空気や流れを読めない人、自分勝手な発言をする人がいます。そこから変な流れになったり、不自然な沈黙があったりするのは嫌ですね。また、連帯感を押し付けられているLINEグループは、自分も反応しないといけないような気がしてしまいます。
しかし、ストレスが溜まったり、強制されているような感覚がするのであれば入らない、反応しないことが重要です。誰かとつながっていたほうが安心する、どこかに属していたい、という気持ちがあるのは当然ですが、LINEなどのSNSは依存してしまったり、癖になってしまうこともあります。また、文字やスタンプだけでやりとりすることにより、勘違いで傷ついたり傷つけてしまうこともあります。
みんながやっているから、グループに入っていないのは寂しいから、というような理由で安易にグループに入らないようにしましょう。そして、入ってしまってから抜けたいと思う場合、切る勇気も必要です。
◆コミュニケーションの関連記事
人間関係のストレス解消!気持ちを切り替えてストレスフリーになろう!
合わない人に性別は関係ない!人間関係のトラブルの対処法
「フィーカ」を通して築く人間関係!スウェーデン流コミュニケーション術!
アメリカ流☆有効な人間関係の築き方!効果的なコミュニケーション方法!
遠距離恋愛・単身赴任♡遠くのあの人との正しいコミュニケーション方法
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up