<フランス式節約術>フランス人から学ぶお得に賢く生きる節約術とは☆

お金をかけて贅沢な暮らしをしているように見えるフランス人ですが、実はお金の使い方にはとてもシビアです。なるべくお金を使わない、何かを買うなら高くても品質が良くて長く使えるものを吟味して買うなどフランス人の考え方や習慣から多くの節約術が学べるのでご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2784view

基本的にお金を使わない。家にある材料で作る

  • 基本的にお金を使わない。家にある材料で作る
フランス人のお金に対する考え方は基本的に「なるべくお金を使わずに済ませる」ということです。何か食べたくなったら買うことを考えるのではなく、家にある材料で何か作れないかなと考えてみます。いつも家にある材料や冷蔵庫に余っているもので簡単に作ることが習慣化されているのでお金をかける必要がありません。例えばクッキーでも市販のものを買うのではなく家にある材料(小麦粉、砂糖、バター、卵)で作ってみます。手作りすることで添加物など余計なものを摂取することもなく、健康的という面からも良いでしょう。ランチに高いお金を出す代わりにバゲットとハムで簡単なサンドウィッチを作るというのも日常的にされています。献立を考えて、それを作るために買い物に行って1から材料を揃えていては余分にお金がかかってしまって、作るほうが高くなってしまう場合もあります。家にある材料で作れるレシピを何個か持っておいて、無駄なお金を使わないことを習慣化させましょう。

安いものより高くても上質なものを。必要なものだけそろえる

  • 安いものより高くても上質なものを。必要なものだけそろえる
  • 出典: www.apalog.com/paris/monthly/201212
フランス人は安いからという理由だけでものを買うことはほとんどありません。100円均一に行くと安くてついつい不要なものまで買ってしまうという方も多いのではないでしょうか?安くて良いものを探すのはいいのですが、安いだけで品質の伴わないものばかりを買う生活はお金を無駄に使っていることになります。価格は高いとしても長く使えるものか、壊れた時に修理ができるか、詰め替えができるか、などという点をしっかり考えてから購入する習慣をつけると必然とモノを買い替える必要もなく同じものを長く使い続けられるので経済的です。

ファッションに関しても同じで、フランスでは流行を追って安いものを毎年買うというよりは、自分が好きなものや似合っているものを吟味して品質が良くて長く着れると思うものだけを選ぶ傾向にあります。これができるのは流行を追って、皆が同じファッションをすることが良いという風潮よりも、自分が何を着たいのか、何が似合うのかを考えた服選びやコーディネートをしているからです。誰かが着ていて似合うものが自分に似合うとは限りません。フランス人は洋服をあまりもたないとよく言われますが、洋服の数は少ないのに着回しができる服だったり、大切に着るのでおしゃれに見えるのです。たくさん洋服があるけど着るものはいつも同じという人は買う時に、その服の品質はどうか、着回しはできるか、飽きずに長く着られるかどうかを吟味した上で購入するようにしましょう。

何かを買うときは、しっかり吟味してから本当に必要なものだけを購入するのでモノを捨てることも圧倒的に少ないフランスです。何かが壊れた時は、すぐに買い替えるのではなく使えるように自分で修理をするのが当たり前です。フランスで古い建物が何度も修繕を重ねながら長い間使われているように、古くても壊れても直して長い間使うことが定着しています。安くで買ったけどすぐに壊れてしまった、あんまり欲しくなかったけど安かったから買ってもういらなくなった。こんな理由で買っては捨てることを簡単にしている人こそ、買うときに安いから買っていないか、本当に必要なものかということを考えるようにしましょう。

外で買うより家から持参

  • 外で買うより家から持参
日本では至る所に自動販売機やコンビニエンスストアがあり、24時間いつでもどこでも欲しいものが手に入ります。わざわざ家から持って出かけなくても、喉が渇いたら自動販売機で好きな飲み物をたくさんの種類から簡単に手に入れることができる生活に慣れてしまっているでしょう。しかし、フランスではコンビニエンスストアがないのも1つの理由なのか、多くの人が家から飲み物や軽食を持参して出かける人が多いです。日本でもマイボトルやお弁当を持参している人も多くなってきましたが、外で買うことが習慣になってしまっている人は、この方法でかなりの節約になるでしょう。

またフランスで日曜日はスーパーが閉まっていて、低価格で食べられるレストランも少ないため必然的に日曜日に家で過ごすことが多くなります。休みの日には家族でかならず外出して外食をするという生活が当たり前になっている場合は、たまには日曜日に家でのんびりしながら食事を楽しんでみるのも良いかもしれません。友人や家族ぐるみのお付き合いはレストランや外でするよりも家に招いてホームパーティーをしましょう。外食はお金がかかってしまいますが、それぞれに食べ物や飲み物を持ち寄って家でホームパーティーをすれば経済的に楽しむことができます。

◼︎関連する記事
2016年のあなたの運勢は?星座別に見てみよう
数秘術でわかる!2016年の真実。あなたにとってどんな時期?
四柱推命・日干から2016年の運勢を見る!
この行動で運気アップ☆2016年版!生まれ月別の開運をする行動
2016年はどっち?旅行や引っ越しは開運につながる方角へ
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up