【沖縄癒しスポット】こっそり教える美ら海水族館の楽しみ方とお散歩コース

沖縄人気No.1の美ら海水族館。また周りを囲む様々な施設をご紹介します。一日をかけてじっくり沖縄を堪能しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 478view
言うまでもなく、美ら海水族館は、沖縄の人気観光スポットの1、2位を争う場所です。

また、日本全国の数ある水族館の中でも、また訪れてみたいとみなさんが口々に言われる場所でもあります。

那覇空港からだと沖縄自動車道を経由して約1時間40分の距離にあります。美ら海水族館は海洋博公園内にあるため、駐車場もいくつか整備されています。情報共有のためお伝えしておくと、P7が美ら海水族館から一番近い立体型の駐車場となり、大変便利です。

でも海洋博公園には、花を集めてカニ、ジンベイザメ、カメなどの様々な動物が花で形作られており、また途中ところどころ見える海の景色もすばらしいので、P3、P4、P5あたりの駐車場に車を停めて、散歩しながら美ら海水族館に向かっていくことを是非お勧めしたいと思います。

こっそり教えちゃう!美ら海水族館の楽しみ方♡

  • こっそり教えちゃう!美ら海水族館の楽しみ方♡
チケットを購入していよいよ中に入りましょう。
館内については、是非楽しみにしていただきたいですし、様々な有益な情報はすでに溢れているので省きますが、「黒潮の海」のテーマでのジンベイザメを中心に、テーマごとにゾーンが分かれ、様々な熱帯の魚たちに出会うことができます。

熱帯なので色がカラフルです。一つ一つの水槽につい見入ってしまいます。一つこっそりとお教えしたいことがあります。スタンプラリーのように、テーマ毎に魚の解説資料が無料で配布されていますので、今後の記念として持ち帰ってみてはいかがでしょう。全部で10枚あります。

熱帯・亜熱帯の花や果樹も観れる植物園

水族館は有料で入場しますが、実はイルカのショーが見られる「オキちゃん劇場」や、カメ、ジュゴンは水族館の外にありますので、無料で見ることができてしまうんですね。

「オキちゃん劇場」は子供も大人も楽しめる大変人気のあるイベントで、屋外ですがすぐに座席が満席となります。また夏場はうだるような暑さですので、日陰の場所を確保できるようにイベントの時間を予め確認しておくことをお勧めします。

熱帯ドリームセンターが美ら海水族館と併設されているのですが、徒歩で15分、遊覧車を利用すると5分で移動が可能です。熱帯・亜熱帯の花や果樹が豊富な植物園で、2,000株以上あると言われるランが多く展示されています。
花の匂いに圧倒されること間違いなしです。ときどきクラクラするくらいの圧倒的なインパクトがあります。沖縄らしい熱帯の、鮮やかな花の饗宴、温室内と外と広い敷地の中すべてで満喫できるのですが、建物外ではところどころにベンチが置いてありますので、花の匂いに癒されながら、しばし読書や考え事をする時間にあててはいかがでしょうか。

ドリームセンターへの入館は有料ですが、沖縄美ら海水族館のチケットを購入された方は、半券を見せることで半額での入館が可能です。
ドリームセンターを出てから美ら海水族館に向かう途中で、琉球王国時代の沖縄の村落を再現した「おきなわ郷土村」があり、御嶽(ウタキ)、拝井泉(ウガミガー)、神アサギといった沖縄の伝統的な村落での生活を疑似体験できます。イベントとして、三線やカチャーシーの体験も常時開催されていますので、うちなんちゅになった気分で過ごしてみてはいかがでしょうか。
◼︎基本情報
名称:美ら海水族館
住所:沖縄県本部町石川424
TEL: 098-048-3748
営業時間:
通常期 (10月~2月)8:30~18:30(入館締切17:30)
夏季(3月~9月) 8:30~20:00(入館締切19:00)

沖縄らしい澄み渡る空と海を体感できるエメラルドビーチ

  • 沖縄らしい澄み渡る空と海を体感できるエメラルドビーチ
白い砂浜、青い海、緑のヤシの木、さざなみの音。そのイメージを表現しているのが、まさに、美ら海水族館からロワジールホテル沖縄の近くまで続くエメラルドビーチです。

人工の浜ですが、「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」の3つのテーマで区切られるとても広い浜です。サンゴ礁を砕いた砂でできており、太陽の光を浴びるとまさにキラキラとまぶしくて砂浜を直視できないほどです。

波は静かですし、クラゲの侵入もないようにネットが張られていますので小さなお子様でも心配なく海で遊ぶことができます。夏の間は、監視員も常駐し、食事や休憩ができる建物も近くにあり、また、無料でシャワーや更衣室を使うことができる便利な海水浴場になります。

晴れの日は、浜から伊江島や城山(タッチュー)がすぐに目に入りますが、泳いで渡れるのではないかというくらい近くに感じます。人工の浜ですが、毎年の海の水質検査では最高クラスのAAランクをもらっているとのことですので、水質も、また安全性も担保されて、沖縄の海のエメラルドグリーンを思う存分楽しめるビーチの一つと言うことができます。

沖縄の原風景が残された備瀬のフクギ並木

  • 沖縄の原風景が残された備瀬のフクギ並木
海洋博公園の備瀬ゲート側から歩いて敷地外にでると、すぐそこは備瀬のフクギ並木の入口です。

もちろん、備瀬のフクギ入口に駐車場もあります。フクギは高さが10m~20mほどになる木のことで、夏の台風や冬の暴風にさらされてきた沖縄では、古くから防風林・防潮林の役割を果たしてきました。
その名前からも「福を呼ぶ木」とも言われています。この備瀬のフクギ並木は長さ約3キロメートルにわたって続き、約2万本のフクギが寄り添うように天に向かって伸びている姿を楽しむことができます。
きれいに掃き清められた通り道を徒歩で散歩してもいいですし、もし時間が限られている場合には、近くにレンタサイクルショップで借りた自転車に乗っての散策もお勧めです。
少し変わった体験をしたい方には、水牛車に乗って約30分の旅を楽しむのも良いかもしれません。

沖縄の原風景が残された備瀬のフクギ並木

  • 沖縄の原風景が残された備瀬のフクギ並木
フクギ並木を抜けると、備瀬崎があります。伊江島のシンボルである城山(タッチュー)がとても近くに見えます。

潮の干満によっては、まわりをサンゴ礁に覆われた特徴がそのまま出るのですが、グリーン、ブルー、濃いブルー等つぎつぎと海の色が変わっていく風景も楽しむこともできます。

フクギ並木に挟まれるように沖縄らしい家屋も見ることができますので、ふと自分がどの時代にいるのだろうという錯覚をしてしまうような、懐かしい、でも落ち着いた空間と時間を感じることができると思います。

ただ、観光の場所ですが、同時に集落の方の実際に生活している場所ですので、マナーを守り住んでいる方々の迷惑をならないように気を付けていただければと思います。
◼︎基本情報
名称:備瀬のフクギ並木
住所:〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬626
■沖縄のパワースポット関連記事
琉球始まりの地・神々の住まう島と呼ばれるパワースポット!沖縄・浜比嘉島
沖縄人気NO1美ら海水族館と備瀬のフクギ並木近くのパワースポット発見!
琉球王国最高の聖地!世界文化遺産でもある斎場御嶽(せーふぁうたき)
2億年の歴史と神話に触れる!沖縄最北端のパワースポット「大石林山」♡
沖縄版アダムとイブの伝説が伝わる縁結び&子宝安産祈願の恋島♡古宇利島
沖縄のパワースポット!空・海・地のパワーと子宝祈願なら伊江島!
別名「幸せ岬」♡パワースポット果報バンタで絶景と海の神様のパワーを堪能
  • かなさん

    めんそ〜れ〜、沖縄大好きアラサークリエイターです。大好きな沖縄の良いところを、みんなにもっと知ってほしい!そんな気持ちで沖縄の話、ときどき寄り道をしながら記事をご紹介していきます♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up