冬だけ存在する北海道の村「しかりべつ湖コタン」その魅力に迫る!

冬の間、雪と氷で覆われる北海道には、冬しか体験できないイベントがたくさんあります。その中の一つが、然別湖の上に現れる、幻想的な村「しかりべつ湖コタン」です。今回は、冬しか訪れることができない村「しかりべつ湖コタン」の魅力についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 344view

【北海道の冬の風物詩!しかりべつ湖コタンとは?】

  • 【北海道の冬の風物詩!しかりべつ湖コタンとは?】
  • 出典: tetsuya456
北海道帯広市の北部、鹿追町の北海道大雪山国立公園にある然別湖(しかりべつこ)の上に、冬の間だけ現れる、氷の集落です。

冬の間、全面的に湖が凍ることから生まれるこの集落では、氷で作られたバーやチャペルなどを楽しむことができます。その幻想的な雰囲気は、寒さを忘れて息を呑むほど。冬の北海道だからこそ楽しめる、幻想的なイベントです。

今回はそんなしかりべつ湖コタンの魅力の一部をご紹介します!

【氷上露天風呂】

  • 【氷上露天風呂】
  • 出典: t_namba
氷の上に作られた、世にも珍しい露天風呂です。お湯は源泉掛け流しの露天風呂なので、意外と体がぽかぽかになりますよ!

温泉の周りは、見渡すかぎりの氷と大自然。まさに冬しか味わえない、開放的な雰囲気を楽しむことができます。

昼は混浴も可能なので、家族一緒に入ることもできます。冬しか楽しめない絶景露天風呂を、ぜひ堪能して下さい。

《開放時間》
混浴利用 6:30〜18:00
男性専用 18:00〜20:00
女性専用 20:00〜22:00

【アイスチャペル】

  • 【アイスチャペル】
  • 出典: blog.goo.ne.jp/akkii83/e/e2e3c4d1c98a4772180974f5d5b1b0f6...
氷で作られたからこその、厳かな雰囲気を楽しめるチャペルです。2月中旬以降の土日祝日夜には、チャペル内にキャンドルが灯され、より幻想的な雰囲気を味わうことができます。

氷に反射する、美しいキャンドルのゆらめきは、疲れた心をきっと癒やしてくれるはず。これだけでも一見の価値があります。

《開放時期》
2月中旬 18:00〜21:00頃

【アイスバー・アイスカフェ】

  • 【アイスバー・アイスカフェ】
  • 出典: kiyotime.blog.so-net.ne.jp/2010-04-04
その名の通り、建物全てが氷でできたバー・カフェスペースです。アルコール類の提供はもちろん、温かいココアなども提供してくれるので、子どもも十分楽しめるスペースとなっています。

《営業時間》
アイスバー:20:00〜22:00
アイスカフェ:10:00〜17:00

【アイスめいろ】

子どもが楽しめる、ミニサイズの迷路です。壁面はもちろん氷で覆われているので、普段とは違った感覚で迷路が楽しめますよ!それほど複雑ではないので、小さなお子様も楽しめる作りとなっています。

《開放時間》
6:30〜22:00

【終わりに】

然別湖周辺には温泉もあるので、しかりべつ湖コタンを楽しんだ後は、温泉に浸かってゆっくり体を温めるのもおすすめです。冬にしか楽しめないこのイベント、ぜひ楽しんでみてくださいね。


《基本情報》
名称:しかりべつ湖コタン
住所:〒081−0344 北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
電話番号:0156−69−8181
開催期間:2016年1月28日〜2016年3月21日
  • こちゆう

    現在北海道釧路市に住んでいるフリーランスライターです。WEBライティングからパンフレットの文章作成・校正、キャッチコピーなど、さまざまなことをやらせて頂いております。旅行と歌と動物が好きな30代女性です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up