ちょっとの読書でストレス解消!心に響いて癒される「おすすめ大人の絵本」

読書はストレス解消に良い!ストレスの多い現代で注目されているのが、読書をするというストレス解消方法です。ある研究によれば、1日たった6分の読書でストレスが軽減されたという報告もあるほどです。小説や実用書などいつもの本を読むのも良いですが、たまには子供のころを思い出しながら絵本を読んでストレス解消をしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 652view

おすすめ大人の絵本「ちいさなあなたへ」

  • おすすめ大人の絵本「ちいさなあなたへ」
  • 出典: www.ehonnavi.net/ehon/18134/ちいさなあなたへ
「ちいさなあなたへ」
アリスン・マギー著・ピーター・レイノルズ イラスト

赤ちゃんが生まれて子育てをしていく中での悩みや喜び、悲しみ、楽しみなど母でいることの全てがつまった絵本です。
アメリカで発売されるとすぐに話題となり、NYタイムズやアマゾンで取り上げられました。すでに母親である方も、これから母になる妊婦さんも、まだ予定はないけれどいつかは母になりたいあなたも、女性が読んで心を動かされる大人の絵本です。

出産祝いのプレゼントとして母になる友達に贈るのも喜ばれそうです。子育て中にお母さんの中には、悩むたびにこの絵本を読み勇気づけられ、子育てを頑張れているという人もたくさんいます。

おすすめ大人の絵本「ときめきのへや」

  • おすすめ大人の絵本「ときめきのへや」
  • 出典: books.rakuten.co.jp/rb/12411837
「ときめきのへや」
セルジオ・ルッツィア著・福本友美子 翻訳

イタリア生まれの著者はアメリカに移住し、ニューヨークで活躍しています。
この絵本の主人公モリネズミのピウスは、お散歩に出かけては葉っぱや石、ガラスのかけらなどガラクタを拾って持って帰っては棚に飾っていきます。友達が家に遊びに来ると、そのコレクションを見せながら嬉しそうに話しをするのですが、他の人からするとただのガラクタです。
あるときとても大切にしていた灰色の石を手放すことにしたピウスですが、その理由は友達の一言でした。
その後どうなるかは絵本を見てのお楽しみ。自分にとって大切なものは何か?と考えさせられる1冊です。

おすすめ大人の絵本「ありがとうのえほん」

  • おすすめ大人の絵本「ありがとうのえほん」
  • 出典: www.amazon.co.jp/ありがとうのえほん...
「ありがとうのえほん」
フランソワーズ著・なかがわ ちひろ 翻訳

いろんなものへの感謝の気持ちを言葉にしていく絵本です。普段当たり前のようにあるものに対して、改めて感謝の気持ちを持つことができるようになるでしょう。

優しい色使いとタッチの絵で癒されながら読むことができるので、1日の終りに読むのをお勧めします。イライラする気持ちも絵本を読んで心が癒されると、また違った視点から物事が見れるようになるでしょう。

おすすめ大人の絵本「きみは太陽のようにきれいだよ」

  • おすすめ大人の絵本「きみは太陽のようにきれいだよ」
  • 出典: www.amazon.co.jp/きみは太陽のようにきれいだ...
「きみは太陽のようにきれいだよ」
チェマ・エラス著・ロサ・オセナ イラスト

とっても仲良しのホセとアナの夫婦のお話です。広場のパーティーに妻のアナを誘った夫のホセ。アナはおばあちゃんだから、そんなパーティーには行きたくないと言います。ホセはなんとかアナを説得しようと愛の言葉をささやき続けます。

瀬戸内寂聴さんもおすすめする大人向けの絵本です。夫婦の愛、年齢を重ねたときの生き方や考え方について考えさせられるでしょう。

おすすめ大人の絵本「わすれられないおくりもの」

  • おすすめ大人の絵本「わすれられないおくりもの」
  • 出典: www.ne.jp/asahi/home/oshima/w.htm
「わすれられないおくりもの」
スーザン・バーレイ著 小川 仁央 翻訳

アナグマは物知りで優しくて、森のみんなから頼りにされる存在でした。あるとき、アナグマが死んでしまい、森の動物たちは悲しみにうちひしがれます。それぞれがアナグマとの思い出を語り、徐々に死を受け入れていきます。
大切な人をうしなう悲しみと、それをどうやって乗り越えていくのか、死について考えさせられる絵本です。子供と死について話をするきっかけとなったり、身近な人をなくしたときに勇気づけてくれる1冊としておすすめです。

おすすめ大人の絵本「だいじょうぶ だいじょうぶ」

  • おすすめ大人の絵本「だいじょうぶ だいじょうぶ」
  • 出典: blog.goo.ne.jp/luar_28/e/400f0c3612dcaf34427009c768a0e152
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
いとう ひろし

主人公のボクとおじいちゃんの何気ない日常を描いた絵本です。毎日の散歩の中でボクには新しい発見や楽しみ、不安、怖さなど様々な感情が生まれていきます。そのたびに、おじいちゃんは魔法の言葉「だいじょうぶ だいじょうぶ」とボクを安心させてくます。子供のころ、おじいちゃんやおばあちゃんの優しさに触れて、強く成長していった思い出がよみがえってくるようです。

毎日の暮らしの中で悩んだり落ち込むことがあったら、この本を開いておじいちゃんの「だいじょうぶ」の言葉に癒されましょう。きっと気分が落ち着いて、また明日から頑張ろうと思えるはずです。

おすすめ大人の絵本「木のうた」

  • おすすめ大人の絵本「木のうた」
  • 出典: isopos-fuabura.ocnk.net/product/37
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up