授乳中ママにもおすすめ「重ね煮」という調理法

ここ最近よく聞く様になった「重ね煮」。お料理上手さんが、時間をかけて色々アレンジする素敵料理のような響きですが、私のような料理下手にこそ、味方になってくれる調理法でした。
和食が推奨される、妊婦さん、授乳中のママさんにもおすすめですよ。
特に自分の食事がつい後回しになってしまう、新人ママさん見てみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 268view

新人ママには時間がない?!

私が1人目を妊娠した時、さぁそろそろ産まれるぞという頃に、先輩の9ヶ月ベビーのママがいいました。
「本当、最初はね、赤ちゃんが泣いてばっかりで、自分のご飯なんて、作る暇も食べる暇もないから。旦那さんには自分のご飯は自分で買うなりなんなりしてもらって、自分のご飯は子どもが割としっかり寝てくれる夜におにぎりを大きなお皿いっぱいにつくって、それで食べつなぐ感じだったよ」

なんですってーーー?!食べる事が大好きな私は、ひーーーーっと、おののいたのを今も鮮明に覚えています。
実際は、子どもの個性に助けられてか、保育士の経験も手伝ってか、そこまで追いつめられる事もなくそれなりにご飯も作って食べていましたし、彼女の発言が、

「皆そんなもんだよ。大変だ大変だと泣きたい思いしてるのは、自分だけじゃないんだよ。旦那さんにもしっかり協力してもらいなよ」という意図だった事も理解できました。

ただ2人目が産まれると、なんだか慌ただしく、食事がどんどん簡素に…。特に自分の昼ご飯なんて本当にひどくて、白いご飯に何かのせる。もう、何でもいい…。というような感じでした。キッチンにたつ時間を極力減らしたい!でも、しっかり野菜も食べたいよ〜!と思っていた私。離乳食にも、マイヤーの電子レンジ圧力鍋は大活躍でしたが、なんとなく物足りなく感じていました。

ルクルーゼとかストーブとか素敵なお鍋眠っていませんか?

そんな時に知った重ね煮。密封性の高いお鍋がおすすめらしく、あるよあるよ。と思ってしばらく眠っていたルクルーゼを活躍させる事にしました。
調理は簡単。剥いて切って積み重ねて、パラっとお塩を振って、弱火で30分くらい。
火をつけたまま、忘れちゃうかな?と思っていましたが、ふぁぁぁぁぁと、野菜がおいしくなったいい香りがしてくるので、付近にいる時には、「お、煮えたね煮えたね」と様子を見に行って火を止め、しばらく待ってから、自分にとっての、いい組み合わせにわけて少しさましてから、タッパーで冷蔵庫保存しています。

野菜の旨味がぎゅ。

重ね煮の何が素敵かというと、調味料、塩、ほんの少しで、野菜の味をとても濃く感じます。
妊娠高血圧症の妊婦だった私に教えてあげたい!!
とってもとっても優しい味。野菜も身体も喜びそうな味。
  • 野菜本来の自然のうまみを最大限にひきだす調理法です。
    素材を一定の順序で、層のようにおナベに重ねていきます。
    これに火を加えることによって、 野菜それぞれが持っているそれぞれ違った力が、お互いに影響しあい、うまみを引き出してくれるのです。
    この方法だと、砂糖も化学調味料も必要なく、最小限の調味料で驚くほどおいしくなります。
  • 出典:http://www.wara.jp/hyakushoyashikiwara/kasaneni.html
気になるのは具体的な重ね方ですよね。
種類、順番色々ありますが、私は、手元にある野菜をひたすら順番通りに重ねればいい、こちらのサイトのわかりやすい図を冷蔵庫に貼っています。
重ね煮について

作った重ね煮の調理法は?

私のおすすめは、とにかく具の組み合わせを少し変えながらの「お味噌汁」!!!!(後は時々卵とじ丼)
白いご飯やおにぎりに、優しい味のお野菜たっぷりの暖かいお味噌汁。それだけで、なんだか育児の疲れから一瞬解放されます。自分に優しくしてあげてる感じ。
授乳の時期は、和食が推奨されますが、授乳中のママにもおすすめ。
赤ちゃんに一生懸命になっている自分に、少しだけ手をかけた栄養のご褒美をどうぞ。
もちろん、少し時間の余裕のある時には、刻んでハンバーグや餃子にいれたり。酢の物やナムルにしたり。いろいろ素敵なレシピは探せば出てきますので、お試しあれ。
  • シトロン

    ファーストサイン・ベビーマッサージ講師。幼稚園教諭・保育士の経験を生かしながら、ママとベビーがにっこり見つめ合う時間を!と、活動中。ママと赤ちゃんのためのplaygroup「ぴぃかぁぶぅ」運営。2児の子育て中。家事はちょっと苦手。向いていないのに青年海外協力隊員だった経験有。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up