占い結果、聞いた後でどうしてる?占い師直伝!占い結果の役立て方!

なんとなくうまくいかないときや、岐路にたったとき、気になる占い。結果がよかったら信じる方、悪かったら信じる方、どちらでも気になってしまう方、いろいろいると思います。今回は、占い師に結果がでたときの考え方、見方を教えてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 509view

占いとうまく付き合うということとは

  • 占いとうまく付き合うということとは
占いとは、時には気休めであり、またある時には重要な決断に有効的なアドバイスでもあります。気になる異性との相性を知りたいという興味本位が起因となる場合もあれば、結婚や転職など人生の節目の決断材料にしたいという場合もあります。生年月日から占うもの、名前の画数から占うもの、手相、易など占いにもたくさんの種類があります。しかしほとんどのものが、遥か昔から受け継がれてきたもの、宇宙の法則を参考にしているもの、統計学など、導き出された結果には根拠があります。タロット占いや霊感占いも、占い師ごとに根拠が定められていたり、特別な直感が働いています。従って、でたらめな占いは存在しません。

しかし、どこまで信じていいのか。どこまで当たっているのか。気になりますよね。
「占いが絶対ではない」
これはほとんどの占い師に共通する認識です。占いには、本当はどうしたいのか自分でも気づいていない潜在意識を明確にする、という側面もあります。占いの相性が悪かったことがきっかけとなり、ずるずると長引いてしまった関係を終わらせることができた人もいるでしょう。逆に相性が良かったことで、告白する勇気が出た人もいるでしょう。

客観的な意見としてとらえてみるといい場合も

  • 客観的な意見としてとらえてみるといい場合も
例えば朝のニュースの占いコーナーで最下位だったとき、なんとなく今日はついていない気がします。そして嫌なことがひとつでもあると、今日は嫌な日であると思ってしまいます。一度でも嫌な日であると思うと、普段は気にならないことでも嫌なことと認識され、嫌なことが連続して起こるのです。ニュースや雑誌の占いが当たるか当たらないかは別として、これだけ多くの占い情報があらゆるところにあり、昔から占いが身近な理由は、単純に多くの人が占いに興味があり、それなりに参考にしているからです。
一時期流行った動物占いや血液型占いも、私たち人間の心を掴む要素があったからこそ話題になりました。雑談の一部や、一時的な話題としてでも、占いは楽しいものです。エンターテイメントの一部として考えている人も多くいるでしょう。エンターテイメントの枠を超え、本気で占いに救われたという人、自分のことや相手のことが理解できたという人もいます。

自分ではどうにもならない、苦しい環境で苦しんでいる人が占いを参考にすることも多々あります。そういうかたの運勢を見ると、見事に最悪の時期に入っていることも多々あります。実際、本人の努力だけではどうにもできない時期は存在します。ただし、その人だけにそういう時期があるのではなく、ほとんど平等に、時期を変えてすべての人に悪い時期が訪れるものなのです。そのかわりに、すべての人にも良い時期は存在します。それに気づくか、見過ごしてしまうか、それは誰かのアドバイスや個人的な勘よりも、占いのほうが信憑性がある場合も多いものです。

耐えることも試練であり、勉強。悪い結果とも向き合って

  • 耐えることも試練であり、勉強。悪い結果とも向き合って
占いは、もちろん悪い結果がでるときも。そんなときに占い師が提供できるのは、運勢が良くなるまでに準備しておくべきことや、少しでも楽になれる開運方法です。止まない雨はない、というように、本人がどうすれば良いのか気付くことさえできれば状況は改善されます。苦しみから脱するには大きな努力が必要なときもありますし、新しいことに手を出さずひたすら耐えていることが大切というときもあります。対処方法は個別に見てみないと断言できませんが、結果に対して盲目的になる必要はありませんし、全く参考にしないのももったいないことです。

占いの本当の効能とは、自分の願望・苦しいけれど目を背けていたもの・将来の理想を明確にできるということです。凝り固まっていた肩をほぐす行為に似ているかもしれませんね。性格占いであれば、自分の短所と向き合い、長所を人間付き合いや職業に活かす判断材料になります。相性占いであれば、相手とうまくいかない理由や自分がどうすればもっと良好な関係になれるのかを知ることができます。

つまり占いとは、結果通りに行動すれば絶対に上手くいくというものではなく、自分が幸せになるためのアドバイスに近いのです。当たるも八卦当たらぬも八卦ということわざがありますが、それは本人の意識次第と言えます。悪い結果を無視するのが正解とは言えません。ただし、それを気にしすぎるのも良いとは言えません。このさじ加減が難しいのですが、悪い部分、欲張りすぎな部分は反省し、良い部分は素直に受け入れるのが最も大切なことです。

占い結果をきいて大切にして欲しいこと

  • 占い結果をきいて大切にして欲しいこと
「自分が嫌なことから解放される努力」
「踏み出せずにいたことを決断する勇気」
この2つを一番大切に考えてみてください。
人生や人間関係はとても複雑ですので、この2つだけでどうにかできるようには思えないかもしれません。しかし占いの結果で最も重要視すべき点はこの2つなのです。それが占いの結果通りにすることであると思えば、そうすれば良いのです。占いの結果から自分なりに気付いたことがあれば、それを実践すれば道は開けます。

占いとは自分と向き合うこと、そうとらえることが一番占いと上手く付き合っていく方法です。
■関連記事「占い」
誕生日占いで、自分やあの人のクセを見つめ直してみませんか?
手相で占う結婚占い♡結婚できる?いつ?どんな人と?
名前の画数で占う「姓名判断」が人気♡ 実は内面まで掘り下げて占える!
前世占いで悩みを解決!その悩み、前世から影響を受けているかも!
2016年は自分で運命を切り開く!「0学占い」で運の周期を知る
あなたの決断の後押しに!「イエス・ノー占い」の有効な使い方とは?
ほくろの位置でわかる!あの人の本性☆足らないときは書き足しを
人気再燃の予感!最近の「動物占い」を徹底解明
  • みらい

    人気占いアプリのプロデューサー。占いが好きではない方にも役立つ、知っておいて損はない占いや風水、運気アップ術などをお届けしたいと思います。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up