妊娠の確率UPに影響!? 知っておきたい避妊目的以外の「ピル」の効果

ピルと聞くと「避妊」「生理日をずらす」などのイメージがあり、自分には関係ないと思っていませんか?まだまだ日本ではあまり一般的に普及していないピルですが、これらの目的以外にも正しく取り入れることでメリットがたくさんあるんです。もちろん副作用などのデメリットもありますので、どちらも知った上で医師の判断をあおぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 447view

【子宮内膜症やPMSなど、病気の治療に使われているピル】

  • 【子宮内膜症やPMSなど、病気の治療に使われているピル】
  • 出典: minayuka.blog17.fc2.com/blog-date-200810.html
  • ピルと言えば「太る」などのイメージがありますが、ホルモン剤の用量をおさえた低容量ピルが主に処方されています。
    “経口避妊薬として知られるが、子宮内膜症に伴う月経困難症(月経痛)と、子宮内膜症の存在が確認できない機能性月経困難症の治療薬として健康保険の適用が認められた薬もある。”
  • 出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20140109/170744/

【ピルは肌荒れの改善につながる】

  • 【ピルは肌荒れの改善につながる】
  • 出典: plaza.rakuten.co.jp/kazuo80/diary/201104260000
ピルに含まれるホルモンの影響で、肌荒れが改善する効果もあるとのこと。大人の肌荒れはなかなか厄介なもの。皮膚科だけでなく、婦人科で相談してみるのもアリなんです。

【ピルで妊娠の確率が上がる可能性も】

  • 【ピルで妊娠の確率が上がる可能性も】
  • 出典: mook.ti-da.net/e7193250.html
  • “「ピルの服用をやめると1~3カ月で体が妊娠可能な状態に戻ります。ピルを20代から服用していれば、30代後半でも比較的スムーズに妊娠することができます。卵巣を休ませホルモンバランスを整えていたことが、妊娠しやすい体作りにつながったのではないでしょうか」”
  • 出典:http://womantype.jp/mag/archives/27936
本来は年齢とともに自然妊娠する確率は下がっていきます。
しかし、ピルを飲み続けることで、排卵の回数を抑えて卵巣を休ませることで、妊娠の確率を上げることができるとのこと。

【ただし、ピルはデメリットもあります】

  • 【ただし、ピルはデメリットもあります】
  • 出典: minacolor.com/questions/show/15736
  • “体が慣れるまではめまい、むくみ、吐き気などの症状が出る場合があり、また、血栓症のリスクが高まります。”
    “副作用を訴える人もいますが、症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。”
  • 出典:http://tomoko-lc.com/oc/oc_demerit.html
昔処方されていた「中容量ピル」「高用量ピル」に比べて、「低用量ピル」はホルモン剤の用量が少なくなっており、副作用の発生率も低くなっていますが、それでも人によっては副作用が発生します。
これまでは避妊目的でしか使用を検討してこなかった人も、婦人科系の病気を予防するためにピルを取り入れる生活も検討してみてはいかがでしょうか?

◼︎関連する記事
お肌ストレスにお悩みのあなたに!ズボラさんもできる上手な肌リセット術
あなたの愛犬は幸せですか?愛犬のストレス解消法と見分け方
「揺らす」「伸ばす」「力んでから脱力する」の肩こり解消法!
春ストレスを克服しよう!春に気分を上げる3つの習慣☆
癒しでよく聞くα波って?脳のメカニズムを知り癒し効果を取り入れよう![LINK_
  • YUKI

    ファッション系WEBサービスに携わるママライター。
    ママファッションや子連れでのおでかけなど、子どもと一緒に毎日を楽しむための情報をお届けしたいと思っています。
    好きな家族旅行先はバリ島と沖縄。男の子育児の難しさも感じつつ、戦隊もののイケメン俳優に癒やされながら毎日仕事と育児の両立に奮闘しています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up