自分のカラダの力を引き出す「teate」はこんな効果があった!

teateをご存知ですか?teateとは手当てのこと。そう、手の力です。手を当てることで、自分のカラダが自然と治ろう(自然治癒力)とします。今回は、そのteateについて学んだ筆者が、teateの力についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 362view

teateとは

  • teateとは
小さい頃、怪我をしたりしていたい部分を優しく触れらり撫でられたりして、痛みがなくなった経験、ありませんか?これもteateの一つ。
筆者はteateのベーシックを修了していますが、本当に手を当てただけでかわります。学習を修了した後、母に施術をしたところ、母がびっくりするほどの反応。特に若い頃怪我をした足に施術をした時、今まで他の人に施術した時にはない反応で、私自身が驚くほどでした。

施術後、母から言われた一言
「あなた、何をしたの!すごいカラダが楽になったわ!!」と。

外反母趾にも効果的

筆者の足は幅もなくペラペラ。しかも外反母趾。そこで、一ヶ月間teateをしてみることにしました。

teateをする前の筆者の足です。
teate後の足です。
それでは並べて比べてみましょう。
上がteate後、下がteateする前です。

骨骨筋筋だった足が、なんだか丸く柔らかく変化してるのをお分かりいただけますでしょうか。1ヶ月、触ったことだけでこんなに変化がみられるのです。

teateした後の足は片足で立つとシッカリと地面を踏みしめているのを感じ、片足立ちでもバランスが良くなります。不思議です。頭周辺にteateをすると肩周りが緩み、楽になるのを感じます。


ご興味を持たれた方、是非一度teateを体感してみてください。オーガニック整体などでは、プロのteateのセラピストがシッカリとカラダを緩めてくれますよ。
参考ブログ
  • ほしひろ

    経絡ヨガインストラクター、薬膳アドバイザー、ジャングルフィットインストラクター(関東では初!)。2人の子供の子育てに奮闘中。母親になったことをきっかけに、自然と自分のカラダのことを考えるようになり、経絡ヨガを学びインストラクターに。経絡と深い関係のある食にかんする薬膳アドバイザーの資格も取得。趣味のキャラ弁づくりにも役立てている。またジャングルフィットのインストラクターの資格も取得!(関東で初!)

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up