ハッと思わせる!丁寧な言葉づかいと美しい女性の極意をご紹介!

どんなに美しい女性でも言葉遣いが汚いと、途端に魅力が半減してしまうことがあります。女性は外見だけでなく、内面の美しさを兼ね備えてこそ輝きます。これまで言葉遣いを意識してこなかった人は、ぜひこの機会に自分の言葉遣いを見直してみましょう。そして美しい言葉遣いのできる素敵な女性を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 588view

正しい日本語を知る

  • 正しい日本語を知る
普段、何気なく使っている言葉が、実は正しい日本語ではなく、間違っている場合があります。友達や家族の間では言いたいことが通じるし、問題ないと思うかもしれませんが、初対面の相手やビジネスなど、正しい日本語が求められる場面はたくさんあります。美しい女性は言葉を選んで話したり、書いたりします。間違った日本語ではなく、正しい日本語を使うことができる女性になりましょう。

例1)持ち帰り
外食をしていて、食べきれなかったときに、残りを持って帰りたいときがあるでしょう。そんなときに、「お持ち帰りでお願いします」と言う人が多いようです。レストランで他の人がこのように言っているのを聞いたことがあるかもしれません。しかし、実際は間違いで、「持ち帰ります」が正しい日本語です。

例2)ビール
飲み物を他の人に勧める場合に、「おビールいかがですか」と言っていませんか。ビールなど外来語には「お」をつけません。このような場合には、「お飲み物はいかがですか」もしくは「ビールをお飲みになりますか」と聞くようにしましょう。丁寧にするために単語の前に「お」を付けることは素敵ですが、外来語には、「お」をつけないと覚えておきましょう。簡単に比較できる例としては、「おトイレ」とは言いませんが、「お手洗い」というのは正しい「お」の使い方です。

若者言葉や流行り言葉を使いすぎない

  • 若者言葉や流行り言葉を使いすぎない
食べものがおいしくて「ヤバい」。あの人がカッコ良くて「ヤバい」のように、良い意味でも悪い意味でも「ヤバい」という表現で片付けてしまう人がいます。若い女の子ならまだしも、ある程度の年齢を重ねた女性がこの言葉を頻繁に使っていると、品を問われてしまいます。何かに感動したり、感想を言ったりする場合には、「おいしい」「かっこ良い」など、それぞれに適した言葉を選ぶ習慣をつけましょう。
同じように、「全然いい」という表現も若者の間では当たり前のように使われているようですが、正しくない表現です。「全然」というのは後に否定形がくるべきものなので、通常なら、「全然ダメだ」という否定形を伴う言い方です。「全然いい」と後に肯定形を持ってきてしまうと、良いのか悪いのか、どちらなのか分からなくなってしまいます。
流行っているから、友達同士で通じるからという理由で、言いなれた表現を使うのではなく、年齢に応じた正しい言葉遣いができる女性を目指しましょう。

肯定的な言い方をする

  • 肯定的な言い方をする
選択肢がある中で、どちらが良いか尋ねられたとします。「コーヒーと紅茶、どっちにする?」と聞かれて「紅茶でいいよ」と答えてはいませんか。何気なく使ってしまいがちな言い方ですが、相手からするとあまり良い印象をうけません。相手の捉え方では、あなたがコーヒーも紅茶もどっちも好きじゃないけど、仕方なく紅茶にしたのだと受け取ります。この場合には「紅茶がいい」もしくは「コーヒーがいい」と答えましょう。
「で」と「が」の違いだけですが、前者が否定的だったのに対して、後者は肯定的で相手に良い印象を与えます。選択肢がある場合に限らず、「何がしたい?」「どこに行きたい?」「何が食べたい?」などの質問に対して、「何でもいい」「どこでもいい」「別にない」のような否定的な答え方はやめて、自分の思っていることや考えをプラスイメージで伝えられるような言い方を選ぶようにしましょう。
ちょっとした心がけで、相手のあなたへの印象はグッと変わってくるはずです。

ビジネスでの美しい言葉遣い

  • ビジネスでの美しい言葉遣い
仕事をするうえで、ある程度のビジネスマナーを身につけている人でも、間違えてしまいがちな表現があります。仕事で何かを頼まれたときに、「了解です」や「わかりました」と答える人が多いですが、実はこの表現は正しいとは言えません。なぜなら、了解というのは、相手の考えや意見を理解してそれを認めるという意味を持つからです。つまり上司に何か言われ時に部下の立場で「了解です」と答えるのは、間違いになるのです。かしこまりました。承知しました。がビジネスの場で正しい答え方です。
他にはワンクッション言葉を意識して使うようにしましょう。例えば、上司や先輩に何か質問や話をしたいときに、いきなり内容を話し始めるのではなく、「今。お時間よろしいでしょうか。」や「教えて頂きたいのですが~。」のような言葉を前に置くことで、相手の状況を気遣っていることがわかります。相手としても、たとえ忙しくても、このような丁寧な言い方をする人には時間を作ってでも話を聞いてあげようと思ってもらえるはずです。
◆内面美人の関連記事
今日の会話のポイントわかりましたか?わかっていたら「癒され会話美人」!
第一印象が大切!異動・転職時に押さえておくべき3つのマナーのポイント
アメリカ流☆有効な人間関係の築き方!効果的なコミュニケーション方法!
ピッタリな声色使ってる?!声色おブス撃退で「癒され会話美人」に!
大切なときの目線合っていますか?目線美人は「癒され会話美人」!
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up