【ワーママあるある&ゆるゆる解決法】仕事に行きたくない…そんな時は?

ワーママはとにかく毎日が時間との勝負。疲れてしまうそんなときに・・ワーママあるあると生き抜き法を赤裸々に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 287view

ワーママあるある・・仕事に行きたくない!そんなときは・・

  • ワーママあるある・・仕事に行きたくない!そんなときは・・
仕事に育児に家事に・・・ワーママの毎日はとにかく時間との勝負!

そんな中、ちょっとがんばりすぎて
「ああ、今日仕事行きたくない・・・」
なんて日が結構ありますよね。

さて、こんなときのゆるゆる解決術をご紹介します。

①本当に仕事に行かない!

  • ①本当に仕事に行かない!
はい、そうです!急にズル休みの話です。

ですが、ちょっと解説させてください。
仕事に行きたくないという気持ちになるときは、基本的に「疲れがピーク」なことが多いのです。
体も結構ボロボロ……。でもこれだけじゃ休むまでは……。

しかし、これに「子どももちょっと具合悪そう」というのが重なってきたとき。これは休むという選択をした方がかえって良い場合があります。

その日、無理やり親子共々仕事と保育園に行ったばかりに体調を崩して、その次の日から2・3日休んでしまうなんてことも考えられます。

親子共々体調が優れない日は、「休む」ことも英断になります。

このリスクヘッジとして「いつでも休めるような状態にしておく」という準備も必要ですね。書類や来客など他の人にもすぐ引き継げるように準備しておきましょう!

②夕食を作らないと決める!

  • ②夕食を作らないと決める!
夕食ではなくてもOKです!
仕事行きたくないのにがんばるのですから、家の仕事は1つ減らしてもよいでしょう。という意味です。

私の場合は、夕食を作らないが一番モチベーションが上がります!
なぜかというと、では何を買って帰ろうとかどこのお店に行こうなど、一つ楽しみが増えるからです。
結構、子どもたちもこの日を楽しみにしていたりするものです。
自分でごはんを作らないで、買ってきたり外食したりするメリットは「子どもの顔をゆっくりみることができる」こと。

今日はどんな日で、この子はどんな状態なのかな。と観察しながら時には質問をしてみたり、とても良い時間になりますよ。

③行きたくない!!を言葉にする

  • ③行きたくない!!を言葉にする
我が家ではこちらは日常茶飯事です!

朝、行きたくない!!と思ったら大きな声で
「ああ~、だるい~、今日行きたくない~!」
などネガティブ発言を連発します。

これは、筆者だけではなく旦那や娘もどんどんやります。
そして、言いたいことを吐き出したら、みんなちゃんと出かけていくのです。

これには2つ理由があると思います。
1つ目は、とにかくネガティブを吐き出せるというのは大事ということ。
ネガティブな気持ちをデトックスといってもいいでしょう。

2つ目は、この発言をするときに結構みんなで褒めあっているということです。
「行きたくないよね~。だっていつもがんばって疲れているものね!お疲れ!」
などと声を掛け合うことで、このネガティブな気持ちもがんばっている裏返しなんだ、と勝手にいい気分になって出かけられるという仕組みです。

ちょっとバカな家族ですが、これが我が家が毎日出かけられている秘訣なのかもしれません。

おわりに

ワーママ向けの記事って、こうやるといい!や、こうすべき!というようなものが多くてちょっと息がつまりませんか?
そうではなくて、たまには休むこと、やらないこと、やるけど愚痴は言うことなど、自分のネガティブな気持ちも自分の気持ちとして大事にしてあげることが大事なのではないかと、カウンセラーとしては思います。
自分の気持ち全部、大切にしてお仕事や子育てをしていってくださいね。
◼︎関連する記事
メンタル美人はやっている!「飛躍的推論」をしすぎないことでハッピーに
白黒思考度をチェック!考え方の歪みを解消してメンタル美人に
考え方の歪み「自己関連付け」を治せば気持ちがラクに!メンタル美人術
考え方の歪みが原因!過大・過小評価を見直して目標達成!褒め言葉には感謝
考え方の歪み「マイナス思考」をやめるには簡単な発想の転換だけ
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up