子供の恋愛模様知ってますか?恋愛の子どもの悩みを聞くベストな方法

子どもが恋をしているらしい…でも、全く教えてくれない!相手は誰!?どんな恋愛しているの!?大丈夫?不安!心配!!親としては、子どもの恋愛が気になって仕方ありません。だって、大切な我が子ですから。今回は、子どもの恋愛の悩みを聞くベストな方法を、お母ちゃん業の傍らカウンセラー業ときどき占い師の筆者がご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1307view

子どもの恋愛事情

  • 子どもの恋愛事情
最近の子どもの恋愛事情は、親世代とは違って早熟なところがあります。
一昔前は、個々に携帯を持っている子どもなど、ほとんど存在しませんでした。
好きな異性に連絡をしたかったら、学校や家に行って直接会うか、電話も相手の家に直接かけて親を通じて本人に代わるなど、とてもアナログな方法だったでしょう。

しかし、今は通信機器の進化によって、携帯電話やメール、SNSなどのツールなどで、親を通さなくても好きな異性と連絡が簡単に取りあえる時代です。
恋愛のノウハウや、男女の性のことも、インターネットで気軽に見ることが出来ます。
その分だけ、子ども達の恋愛事情も進化しています。

でも、どんなに時代が進み、知識が豊富にあっても、経験値だけは進化させることは出来ません。子どもの恋愛も、時代に流されず、ひとつひとつを大切に経験して成長していってほしいですね。

悩みを聞くベストな方法その1:まずは見守ること

  • 悩みを聞くベストな方法その1:まずは見守ること
子どもの様子が、いつもと違う…親の感がピン!と働いて「これは、恋をしている!」と分かることがあります。
でも、子どもから何の話も無い…心配だ!相手は誰?どこで出逢ったの?片思い?付き合っているの??なんて、聞きたいことが山ほどある出てきてしまいますね。

そんな時は、根掘り葉掘りと確認したい気持ちをグッと抑えて、子どもの様子を見守りましょう。あまり問い詰めるようなことをしてしまうと、子どもの気持ちは遠のいていくばかり。子どもにとって恋する気持ちは完全なプライベート。
プライペートに土足で入られるようなことは、大人でも不愉快なことです。

何でも会話する親子だったはずなのに、どうして恋愛していることを教えてくれないの!?と嘆かないで下さいね。
子どもの年齢にもよりますが、恋愛が始まるとウキウキワクワクする気持ちと同時に、子どもという枠から一歩踏み出て「男」と「女」を意識するようになります。
自分の中の「性」を改めて認識すると、恥ずかしさも高まって、どんなに普段から仲良しな親子でも、恋愛に関してだけは上手く言えないといという心境になるのは不思議なことではありません。
中には、恋愛の気持ちに対して、なんとなく親の気持ちに背く様な良くないことをしているような罪悪を感じる子さえいます。

子ども自身も、親から見守られていることを感じます。
時期がきたら、恋愛していることを打ち明けてくれるでしょう。

悩みを聞くベストな方法その2:子どもから悩みを聞き出すには

  • 悩みを聞くベストな方法その2:子どもから悩みを聞き出すには
子どもから、恋愛の話や悩みを自然に聞き出すには「親との恋愛話はタブー」という壁をゆっくりと無くしていくことです。
親自身の恋愛話を打ち明けていってみましょう。嬉しかったことや、ワクワクしたこと、スリリングな出来事や失敗談など、いろいろな経験を伝えていきながら「親との恋愛話はタブー」という壁を取り払っていきます。

また、すでに片思いの時期を過ぎて、本格的に交際をしている子どもの恋愛の場合。
親として一番心配なのは、やはり責任を負えない年齢同士で「身体の関係」に至ることではないでしょうか。そうなる前に、子どもの恋愛話を聞ける環境を作りたい!と、心配や焦りも生まれるでしょう。
しかし子どもは、恋愛が楽しければ楽しいほど、スリリングであればあるほど…親には、言わないものです。
子どもが身体の関係性にまで発展しそうな予感があるときは、妊娠出産を経て、赤ちゃん時代から大事に大事に子どもを育ててきた親として、自分の身体を大切にすることや、性の正しい知識を伝える事も大切でしょう。

子どもが、親の言葉に少し耳を傾けている様子が見えたら「親というだけではなく、人生の先輩、恋愛経験では熟練といっていいくらいの大先輩だから、いつでもどんなことでも相談して!力になるよ!」と、子どもの恋愛を応援する先輩の立場であることも伝えると良いですね。

悩みを聞くベストな方法その3:失恋には寄り添って

  • 悩みを聞くベストな方法その3:失恋には寄り添って
子ども」とはいえ、どの年齢であっても、いつだって恋愛は本気です。
それは、片思いであろうと、交際していようと同じ。
まだまだ若いので思いがけないことから別れや失恋に至ることもあるでしょう。

失恋を打ち明けてくれたときは、じっくりと話を聞きましょう。
無理に励ましたり、元気付けようと明るく振る舞ったりする必要はありません。
悲しいものは、悲しいのです。その気持ちをただただ寄り添って聞くことが大切です。
子どもは、悲しい気持ち、苦しい気持ちを吐き出して、たくさん涙を流すことで、時間をかけてでも自分の力で立ち直る日が来ます。
そして、次の恋に進んでいくことでしょう。

終わりに

子どもの恋愛は、どちらかというと子どもより親の方が悩むことかもしれません。
でも、親も一通りの経験をしてきているはずです。
自分の親には言えなかったことがひとつやふたつ…みなさんあるのではないでしょうか。親の心、子知らず。親になって初めて分かる気持ちもあります。子の恋愛も温かくみまもってあげましょう。
◼︎子供の悩みシリーズ
いじめや喧嘩、子供の人間関係知ってますか?悩みを聞くベストな方法とは
勉強しない?勉強できない?子供の勉強に対する悩みを聞くベストな方法!
子供の恋愛模様知ってますか?恋愛の子どもの悩みを聞くベストな方法
■子育ての関連記事
子供部屋のインテリアはIKEAの収納家具がかわいくっておすすめ♡
「保育園用子供服」にはココ!まとめ買いにおすすめなショップまとめ
ママも純粋なこどもの部分を大切に。自分の幼少期と向き合ってみよう
その愛情、もしかして執着かも!?この春は子離れに挑戦しよう☆
頑張りすぎずに子育てと仕事を両立するための2つのポイント
子育て相談をして心ない言葉に傷ついた。そんなときの考え方と解決法
  • やなせ

    野球少年の息子とオシャマで甘えん坊の娘、2人の子どもを持つお母ちゃんです。元幼稚園教諭。現在は、お母ちゃん業の傍ら、カウンセラー業をしています。そして、ときどき占い師。好きな言葉は「ま、いっか。なんとかなるさ!」・・・根は真面目です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up