子供の心ケアを大切に!叱ると同時に子供心を把握できるママになりましょう

子育てをしていると「叱る」という場面が必ずやってきます。ママも、ついつい感情にまかせて子どもにきつく当たってしまうこともありますね。「叱る」ことと「怒る」ことはまるきり違うと、しっかり頭に入れて子育てをすることが大切です。心理カウンセラー有資格のわたくしが、叱ったときの子供の心のケアをやさしくお話しいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 291view

怒ることと叱ること。違いってなに?

  • 怒ることと叱ること。違いってなに?
簡単にいってしまうと、感情にまかせて声を荒げてしまったり、乱暴な言葉遣いをして子どもに激をとばすことを「怒る」といい、理路整然と冷静に子どもに対して指導することを「叱る」というようにいわれています。

といいましても、怒らずに叱るというのは子どもに本気で向き合っていればいるほど、なかなか出来ないものでもあります。
怒るときは怒りましょう。
本気で子どもを心配して、子どもの人生のために軌道修正が必要なときは怒っていいのです。必要な時に怒るその思いは、愛情以外のなにものでもないからです。

怒鳴りながら子どもから何かを奪うことをする親もなかにはいますが、奪う行為はときとして乱暴だったりもします。
例えば、“言うことをきかなかった”“約束を守らなかった”という理由で、親であるということを盾にして、子どもが大切にしている物を乱暴に奪い取ってしまう親がいたとしましょう。
かたや同じ理由で、親という人生の先輩であることを説明して、子どもの了承を得ていったん預かる親がいるとしましょう。

どちらも子どもを案じた末の行動であり、愛情があるのならどちらが正しいとか間違っているとかいえませんが、ここで大切なのはそのあと親である自分がどのように子どもに対するケアができるか、ということです。
これを知っているのと知らないのとでは、子どもの心と育ち方に大きな違いが出てくる可能性があることだけは、理解しておいたほうがよさそうです。

よくみる出来事。人前で大声で子どもをなじる親

  • よくみる出来事。人前で大声で子どもをなじる親
スーパーや公共の施設などで目にしたこともあるのではないでしょうか。
子どもに対して、驚くような言葉で怒鳴っている親の姿を。

人前で大声で怒鳴られることは、子どもにとってしつけられているというよりも傷つけられていると言った方が正しいのかもしれません。
大人であってもそれはまったく同じで、人前で誰かに怒鳴られることは自尊心を傷つけられることであり、心に傷を負うことになります。
たとえそれが、あなたのことを思ったゆえであっても、人前で怒鳴る必要はそんなにないかもしれません。

場合によっては、それは見せしめになってしまう可能性もはらんでいます。
「そんなことをしたらこんな風に怒られるんだよ!」といった具合に。
それではしつけとは言い難くなってしまいそうです。

人生経験は生きてきた年数と必ずしも比例はしませんが、少なくとも子どもよりもさまざまな経験を大人のわたしたちはしてきているはずです。
社会のルールやマナーなどもわかっているはずの大人が、経験の浅い子どもに対して感情にまかせて怒鳴るよりも、客観的に冷静になれる大人になるレッスンをするといいかもしれません。
「子育ては自分育てであり、親というのは子どもに育ててもらうもの」と考えるのも良いかもしれませんね。

顔色をうかがう子どもにさせないために、3つのできること

  • 顔色をうかがう子どもにさせないために、3つのできること
押し付けるように怒鳴ってばかりいると、子どもは大人の顔色をうかがって物事をするようになります。

大人が子どもに対してついつい強く叱ってしまうのは、自分の経験をもとにしたデータがあるからだといえます。
それをしたら痛い目に遭う、それをしたら時間に間に合わないなどなど。
人は、経験をしたことしか脳内にインプットすることができません。経験こそが糧なのです。
本を100冊読んで得た知識よりも、人から聞いた上手な生き方よりも、自分が経験した数少ない出来事から学ぶことのほうが人生の役に立つことが多いかもしれません。
怒りっぱなしにすることで、親の顔色をうかがう子どもにさせないために、ぜひチャレンジしていただきたい3つのことをご紹介しましょう。

ポイント1 言葉のもつエネルギーを知りましょう

  • ポイント1 言葉のもつエネルギーを知りましょう
言葉は見えませんしそれで血を流すことはありませんが、同じようにみえない心を深く傷つけることはたやすくできてしまいます。
言葉は人を傷つけもしますが、愛情深く包み込むこともできます。
どう伝えたら子どもに理解してもらえるか、考えてから言葉をつかうといいでしょう。
言葉にはエネルギーが宿っています。それをどう扱うか、親の腕の見せ所ですよ。

ポイント2 ふれあいはとても大切です

  • ポイント2 ふれあいはとても大切です
叱った後は、子どもとのふれあう時間を大切にしてみませんか。いつまでも引きずって、子どもを無視したりすることのないように一緒にお風呂に入ったり、絵本を読んだりしてみましょう。もしできることなら、抱きしめることを日課にするぐらいがちょうどいいのかもしれません。
これは、叱った日であってもそうでなくてもです。
ふれあいから生まれた愛情ホルモンが、親と子どもを包みます。

ポイント3 日頃から子どもを褒めましょう

  • ポイント3 日頃から子どもを褒めましょう
大人も子どもも人に褒められて悪い気分になることはまずありません。
人に褒められるということは、認めてもらえたという自己肯定が根付きます。
上手にお着替えができるね、おはしの持ち方上手だね、今日は残さずきれいに食べたね。
○○ちゃん(くん)の笑ったお顔はかわいいね、ママすごく大好きだよ。などなど。子どものいいところは無限にあるはずです。いいところを見つけるのが上手なママはすてきですよ。

おわりに

  • おわりに
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up