どうしたらいいの⁉︎ 子供を好きになれない改善策

周りから「子供はまだなの?」と聞かれたり、望まれたりしても、子供を好きになれないのにどうしたらいいの?という女性も少なくありません。そんな時、少しだけ気持ちがラクになる方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 172view
最近少子化が問題となっていますが、子供を好きになれない、子供を産みたいと思えないという女性が増えています。経済的な理由も大きな問題ですが、子ども手当てなどの福祉も充実してきましたし、夫婦にとって子供は可愛い存在であることは間違いありません。愛情があればどんな困難も乗り越えられる強さが芽生えるでしょう。子どもと一緒に母親として成長できる、とも言いますね。夫婦、家族との話題も増えますし、忙しい中でも「かけがえのない愛情」を感じることができます。

■子供が好きになれない…

  • ■子供が好きになれない…
しかし、それがわかっていても、子供が嫌い、欲しいと思えない女性は多くいます。周りに「子供は欲しくないの?」「はやく結婚しないと適齢期を過ぎてしまうよ」と言われると、とても嫌な気持ちになるでしょう。そんな女性も、親孝行になること、子供を産むメリットは十分わかっているはずです。

■不安

  • ■不安
自分の子供とよその子供は違うと言われても、実際自分がお腹を痛めて産んだ子供を愛せるかどうか、きちんと育てられるかどうかなど不安はつきまといますし、仕事や趣味に時間を割いている人にとっては、子供の存在が邪魔と感じられることもあるでしょう。扱いかたがわからない、可愛いとは思えないという人も。友人や兄弟の子供ですら可愛いと思えないこともあります。「まだ子供の可愛さがわからないんだよ」と言われたところで、将来わかるかどうかの保証もありませんし、その場に子供がいることでストレスを感じることさえあります。

■プレッシャーも…

  • ■プレッシャーも…
「子供を産むこと」を義務のように押し付けられるほど、結婚や出産に対してうんざりしてしまいがちです。子供を好きになれない、欲しいと思えない理由は人それぞれですが、彼氏・旦那が子供を望んでいる、両親が楽しみにしている、プレッシャーや負担が大きいけれど早いうちに産んでおきたい…そんな人が子供を好きになる、子供を望むにはどうしたらいいのでしょうか。

①友人、親の意見を聞く

  • ①友人、親の意見を聞く
「子供を産んでよかったと思えること」を素直に聞いてみましょう。誰もが昔は子供でした。良いことばかりはないでしょうが、どんなときに喜びを感じたか、どういう育てかたをすれば負担がなくて済むか、どのような環境を整えれば子育てがしやすいか、など、精神面と生活面両方聞いてみましょう。

②子供がいる環境に足を踏み入れてみる、子供と接してみる

  • ②子供がいる環境に足を踏み入れてみる、子供と接してみる
仕事で子供と接する機会があれば積極的に行動してみたり、子供と話す機会を増やしてみましょう。子供はどこにでもいます。例えば駅やお店で子供が困っていたら「どうしたの?」と声をかけてみるのも良いでしょう。意外な子供の可愛さ、純粋さに驚くかもしれません。

③子育ての本を読む

  • ③子育ての本を読む
子育て体験記や自分と似た状況が描かれているような本を読んでみましょう。誰でも苦悩はありますし、はじめから子供が好きだった人ばかりではありません。どういう場面で子供を可愛いと思えたのか、どんなことが子供が欲しいと思うきっかけになったのかなど、他人の意見に感心することもあります。

④実際に子作りをしてみる

  • かなさん

    めんそ〜れ〜、沖縄大好きアラサークリエイターです。大好きな沖縄の良いところを、みんなにもっと知ってほしい!そんな気持ちで沖縄の話、ときどき寄り道をしながら記事をご紹介していきます♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up