《こどもの日》端午の節句に食べるべき物は?お祝いのしかたはあるの??

もうすぐこどもの日、端午の節句ですね。こいのぼりや兜を飾ることはよく知られていますが、お祝いのしかたなど分からないことも多いと思います。今回は、端午の節句のお祝いのしかた、食べると縁起の良いものをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 209view

こどもの日「端午の節句」とは?

  • こどもの日「端午の節句」とは?
  • 出典: aki44mizuki
「節句(せっく)」とは、一年の節目になる日のことで、中国から伝わった暦上の節目の日です。
5月5日はこの節句のうちの一つで、5月の最初の午の日を指します。「端午」というのは「はじめの午」という意味で、中国で蓬や菖蒲を用いて邪気を祓ったのが始まりとされています。「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることなどから、鎌倉時代頃から男の子の成長を祈る儀式へと変化していったようです。

端午の節句に食べるべき物は?

  • 端午の節句に食べるべき物は?
  • 出典: kaorikushiyama
端午の節句には、決まった食べ物や献立は無いようですが、粽(ちまき)や柏餅といった縁起の良いものを食べてお祝いするのが一般的です。

■粽(ちまき)
中国では古くから、ちまきに邪気払い・厄払いの力があるとされていました。もともと端午の節句は、一年の節目の日に厄払いの行事をしていた日なので、このちまきを食べる文化が生まれたようです。

■柏餅
柏の葉は古代、神様へのお供えものをのせる器として使われていて、神聖なものとされていました。また、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、家督が絶えないことの象徴とされ、子孫繁栄の縁起物とされてきました。そのため、武家や宮中を中心に、端午の節句に柏餅を食べる文化が広がっていったようです。

これと決まった献立はありませんが、お子様の初節句であれば話は別です。お赤飯や尾頭付きの鯛など、伝統的なお祝い膳を用意すると良いでしょう。

端午の節句のお祝いの仕方は?

  • 端午の節句のお祝いの仕方は?
  • 出典: banananbeeam114
端午の節句では、伝統的な飾りをして、子供の成長を祈ります。

■鯉のぼり
中国の故事と、「鯉の滝昇り」が出世につながることから、鯉の飾りが武家の男児のお祝いに好んで使われるようになりました。それが庶民に広がり、今のような鯉のぼりの飾りになっていったとされています。

■鎧兜
端午の節句は武家を中心に広まった儀式なので、男の子に強く逞しく育ってほしい、厄災から守って欲しいという願いを込め、鎧や兜などの武具を飾るようになりました。庶民宅で、紙製の武具や人形、絵などを飾るようになったのが、今の五月人形のはじまりとされています。

■金太郎
熊と相撲をとる話で有名な金太郎。これは坂田金時という武将の子供時代の伝説で、大人になってからはとても出世した武将です。坂田金時にちなみ、元気な男の子に育つよう、立身出世の願いを込めて、金太郎の飾りや腹巻きなどでお祝いするようになりました。

■鐘馗様 (しょうきさま)
鐘馗様は中国から伝わった神様で、厄災、邪気を祓う力があるとされています。病魔を祓い男の子が健やかに育つようにという願いをこめてかざります。

また、端午の節句の伝統的なしきたりとして、菖蒲湯・菖蒲飾りがあります。

■菖蒲湯 (しょうぶゆ)
菖蒲の葉には邪気を祓う力があるとされ、端午の節句の日に菖蒲の葉を入れて沸かした湯に入浴します。葉には強い香りがあり、この香りが邪気を祓うとも言われています。

■菖蒲かざり
邪気を払う力があるとされる菖蒲の葉を結んだものを、軒下に吊るします。枕の下に敷いて寝るという地方もあるようです。
端午の節句は武家からはじまったので男の子のお祝いの日とされていますが、女の子の成長をお祝いしても良いようです。お飾りや菖蒲湯などで、家族みんなでお子様の健やかな成長をお祝いしてくださいね。
◇関連記事
ひなあられや菱餅にも意味や由来があった!ひな祭りに食べるべき物5選
ひな祭りは祓いの行事!季節のイベントを取り入れてココロをデトックス
お子様とのおでかけにピッタリ♡都内で楽しむひな祭りイベント2016
3月3日はひな祭り♡女の子がよろこぶひな祭りパーティのメニュー3選!
節分に何食べる?恵方巻以外に節分に食べるべきもの5選!
一度は食べてみたい!?ちょっと変わり種な恵方巻き2016
新年を祝うケーキ「ガレット・デ・ロワ」に大注目!
自分用にしたい!2016バレンタインデーに食べたいおすすめショコラ3選
意外と知らない?おせち料理の豆知識
  • saya

    東京都在住の主婦です。33歳。今年から夫の実家で義両親と同居中。
    趣味は映画と旅行、自分好みのパンを探すこと。スーパーやコンビニ、町中の飲食店などの新製品や話題のアイテムを試すのも大好きです。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up