「フィーカ」を通して築く人間関係!スウェーデン流コミュニケーション術!

外見も住む場所もまったく違うのに、性格が似ていると言われる日本人とスウェーデン人。
スウェーデン人はシャイで控えめ、あまり感情を表に出さない人が多いと言われています。また、アルコールが入るとオープンな性格になる点なども、日本人に通じるものがあります。そんなスウェーデン人のコミュニケーション方法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 463view

スウェーデン人ってどんな性格?

  • スウェーデン人ってどんな性格?
スウェーデン人は、他の欧米人に比べると自己主張は強くありません。
しかし、きちんとYesとNoできる、できないなどははっきりと言いますし、会社では、上司と部下という関係でも上下関係はないので、会議などでも皆が平等に意見をぶつけあうことができます。

また、スウェーデン人は保守的で、学生時代など古くからの友人を大切にする人が多いので、新しい友達を作るのがなかなか難しいと言われています。日本では、友人とレストランや居酒屋など外で会うケースが多いですが、物価が高いスウェーデンでは、家に友達を招いて一緒にご飯を食べたりすることが多いです。
また、家に招待する場合も、お酒が特に高いスウェーデンでは、自分の飲みたいものを持参するのが一般的です。

Ska vi fika?

  • Ska vi fika?
日本語で言う「お茶しない?」に似たフレーズで、「Ska vi fika?」(スカ ビ フィーカ?)というスウェーデン人がよく使うフレーズがあります。
フィーカは、3度の食事のように彼らにとって欠かせない習慣で、会社で同僚と、カフェや家で家族や友達と、少なくとも一日に一回は必ず行います。このフィーカ、ただ単にお茶を飲むだけではなく、スウェーデン人にとっては人とのコミュニケーションを円滑にする重要な役割を果たしています。

スウェーデンのコーヒー消費量は世界でもトップクラス。コーヒーや紅茶を飲みながら、時にはお菓子や甘いパンを食べながら、仲間たちと一緒にゆったりと楽しい時間を過ごします。

職場でのフィーカ

  • 職場でのフィーカ
職場でも、フィーカはとても重要。ある時間帯になると、自然に人がキッチンに集まってきます。
フィーカは休憩時間でもありますが、情報交換をしたり、ときにはフィーカ中に新しいアイディアが生まれたり、仕事の効率を上げるのにも役立っています。
会社によって違いはあると思いますが、一般的なスウェーデンの会社にはコーヒーマシーンがあり、コーヒーだけでなく、カプチーノやラテなどを無料で飲むことができます。
また、週一回(基本的には金曜日ですが、筆者の職場は木曜日)は社員が順番にフィーカで食べるお菓子を持ってくることになっており、買ってくる人もいれば手の込んだお菓子を作ってくる人もいます。

フィーカの時間は電話に全くでないなんて会社もあり、日本人からしたらびっくりですが、スウェーデン人にとってのフィーカの重要性がよくわかります。
みなさんも、誰かを誘って早速フィーカをしてみませんか?
「Ska vi fika?」(スカ ビ フィーカ?)

■スウェーデン・リラックスの関連記事
スウェーデン流♪ 日常に溶け込む究極の癒し「散歩」と「照明」
FLYING TIGER VS IKEA 人気北欧ブランド徹底比較
北欧スウェーデンに学ぶ。子どもの主体性を引きだすおけいことの付き合い方
どんな時でもリラックス&集中力アップできる効果的な呼吸法とは?
大事なのはわかってる!全部洗い流したい!バスタイムのリラックス方法♪
1日たった5分でできる!?みんなが知らない気功の世界と簡単な方法!
  • MAYU

    2011年夏よりスウェーデン在住。9年間のアメリカ生活を経て、現在はスウェーデン人の旦那と2013年11月生まれの元気な男の子と仲良くのんびり暮らしつつ、
    医療関係の会社にアカウンタントとして勤務しています。趣味は散歩とカフェめぐりで、ちょっと健康おたく。身長はスウェーデン並み。
    グローバルママ研究所オフィシャルリサーチャー。http://gm-ri.com/

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up