合言葉はTake it easy!オーストラリアのフレンドリーな関係

さまざまな人種が入り混じった多国籍国家では、文化や宗教などの違いから人間関係が複雑になりがちです。オーストラリアも白人やアジア人が多く住む多国籍国家ですが、彼らは人間関係を構築するのがとても上手いんです。
スムーズな人間関係を築ける理由を、オーストラリア人の合言葉とともにご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 213view

オーストラリアは様々な人種や文化が混ざってできた国

  • オーストラリアは様々な人種や文化が混ざってできた国
オーストラリアでは、人口の80%ぐらいがイギリスやイタリア、ギリシャなどのヨーロッパ系の白人ですが、中国やベトナム、タイなどのアジア人も多く、いろいろな人種が入り混じった多国籍国家です。
だから、一概にオーストラリア人だからこうだと言い切ることは難しいのですが、出身の国が違えば、文化も宗教、生活様式や考え方もいろいろと違ってくるので、人間関係も複雑になっています。
しかし、それぞれの文化の良い部分を取り入れながら個性を大切にして、オーストラリア人は上手に人間関係を構築しています。

オーストラリア人の合言葉は「Take it easy」気楽に行こう!!

  • オーストラリア人の合言葉は「Take it easy」気楽に行こう!!
たいていのオーストラリア人(オーストラリアに住んでいる人)は、フレンドリーでおおらかな性格をしています。近くに人がいれば誰とでも気さくに話し始めます。

しかし、思ったことや言いたいことははっきり言います。
それは、文化が違ったら自分が当たり前と思っていることが周りには通用しないので、自分の意見をはっきりさせることは大切だと思っているからです。
日本人が相手のことを思いやって表立ってはっきり言わないようなことでも、オーストラリア人はどんどん面と向かって言うので、筆者はときどきビックリします。
お互いに自分の意見を主張し合ってぶつかり合ったら喧嘩にでもなってしまいそうですが、オーストラリア人は相手に言われたことはあまり気にしないようです。そこがストレスを溜めないポイントだと思います。

それに、多少の遅刻や失敗は、“Never mind!! (心配しないで)”と受け流し、仕事をする時や何か応援する時も“Take it easy!! (気楽にやろう)”と言ってとてもリラックスしています。

家族を大切にし、名前で呼び合い人間関係をスムーズにする

  • 家族を大切にし、名前で呼び合い人間関係をスムーズにする
オーストラリア人はたくさんの人と集まって楽しむことが大好きなので、よくパーティーをします。会社のパーティーでも、たいていはパートナー同伴や子ども連れでもオッケーですので、パーティーに行ったら家族ぐるみで仲良くなります。
だから、仕事の合間にも家族の話題がよくのぼりますし、デスクの前には家族の写真を飾っています。
友達はもちろん会社の同僚もすぐに名前で呼び合いますが、会社では上司でさえも名前で呼び合います。義理の両親のことも、“お義父さん”や“お義母さん”ではなく、名前やニックネームで呼びます。
日本では考えられないことですが、お互いを名前で呼び合うことで距離が縮まり、人間関係もスムーズになるような気がします。

文化の違う人たちが集まって生活をしていますから、お互いを理解して個性を尊重し、自分の意見もしっかり持ちつつ細かいことは気にしないことが、オーストラリアでの生活において上手に人間関係を築いていく秘訣なのかもしれません。


◇人間関係の関連記事
人間関係のストレス解消!気持ちを切り替えてストレスフリーになろう!
合わない人に性別は関係ない!人間関係のトラブルの対処法
好きな仕事でも溜まる!簡単職場のストレス解消法で抱え込まずに快適に♪
諦めないで!新社会人の職場ストレスの軽減策とコミュニケーションの鍵!
相性がわかる占いの方法とは
イライラや落ち込みも解消する「ありがとう」と前向きな言葉がもたらす効果
  • エムティー

    オーストラリアの田舎町で、日本語が全く話せないオージーの夫と日本語と英語を器用に使いこなすバイリンガルな息子と暮らしています。育児では悩むことも多いですが、基本前向きにがんばっています。どうぞよろしくお願いします。
    グローバルママ研究所オフィシャルリサーチャー。http://gm-ri.com/

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up