つらいとき自分に声をかけるだけ!!カウンセラー実践ハッピー術

辛いとき、苦しいとき、失敗してしまったとき、日本人は「どうしてこうなったんだろう・・・」と反省する良い習慣を持ち、自分を責める人が多く見受けられます。
さて、自分を責めずに反省するにはどうしたらいいのでしょうか。
自分に声をかける習慣をつけて、ストレスを軽減しハッピーになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 386view

辛い時・・自分を責めてばかりはNG!

  • 辛い時・・自分を責めてばかりはNG!
辛いとき、苦しいとき、失敗してしまったとき、

日本人は、「どうしてこうなったんだろう…。」と反省する良い習慣を持っている人が大勢います。
しかし、そこから「私が○○だから…。」「あのとき○○しておけば…。」などと、自分を責める人が多いのです。

さて、自分を責めずに反省するにはどうしたらいいのでしょうか。

友達を励ますように、自分を慰めてみましょう!

  • 友達を励ますように、自分を慰めてみましょう!
みなさんは、友達を慰めたりしたことありますよね。

自分を責める友達に、
「そんなことないよ」
「だって○○ちゃん、こんなにがんばってたじゃん」
など、声をかけていたと思います。

この方法、自分にも使えるのです。
「結果は出なかったけど、○○はがんばってたね」
「辛いけれど、私がどうこうできることじゃないよね」
などと、自分に向かって声をかけてみましょう。

なんだか少し冷静になって、客観的にものごとをみられるようになります。

もちろん、すぐにはできないのですが・・・

  • もちろん、すぐにはできないのですが・・・
特に辛いとき、苦しいときはそんなにすぐに冷静になれるわけではありません。
ただただ泣くことも、わめくこともしたければドンドンしましょう。

そのあとで、「こんなに泣いちゃうほど辛かったんだね。よくがんばったね。」などと自分に声をかけてあげてください。
できたら頭をなでてあげたり、体をさすってあげたりすると効果的です。

すこしずつ気持ちが楽になってきますよ。

弱っているときは、休むための声がけも大切!

  • 弱っているときは、休むための声がけも大切!
心が弱っているときは、体も弱りがちです。

おいしいごはんをしっかり食べること、自分にとって心地のよい時間を増やすこと、よく寝ることを是非心がけてくださいね。

家の中で、
「おいしいごはん!いただきます!」と言ってみたり
「ああ~本読んでるときが一番落ち着くな~」
「よし!今日は30分だけでも多く寝るぞ~」
など、行動する前に自分に声をかけましょう!
おいしいごはんを食べること、素敵な本を読めること、少し多く寝られたことなど幸せに感じる自分に出会えます。

無理をせず、あなたらしさが戻ってくるまでじっくり取り組みましょうね。
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up