<犬好き・猫好き診断>犬と猫であなたの性格や行動力がわかります!

犬が好き?猫が好き?たまに聞かれるこの質問。すぐに答えられる人もいれば、迷ってしまって答えられない人、もしくは両方好き!と言う人、それぞれだと思います。
犬と猫は性格も習性も大きく違うのに、どちらも人間の身近にいてペットとして不動の地位を築いています。犬と猫どちらが好きかでその人の特徴も見えてくるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1515view

社交的で感情表現が豊かな犬好き

  • 社交的で感情表現が豊かな犬好き
犬は、群れで行動する動物です。飼い主さんの指示がないと動くことができない性質で、人が大好き。いつもそばにいたがります。うれしい時は素直に喜び、ちょっといじわるされた時も素直に悲しみ、その気持ちをいつまでも引きずることはありません。

犬好きな人は愛犬との毎日の散歩が楽しみです。お散歩中、犬を連れた近所の人とばったり会うと、挨拶から始まって、世間話や犬情報を交換し合います。素直な感情を表現することで、人に安心感を与え、楽しい人間関係を築くことができます。

犬好きは積極的で行動派

  • 犬好きは積極的で行動派
犬はとても好奇心旺盛。何か気になるものを発見すると、すぐに近づいて調べようとします。
そして他の犬に対しても、まずはお尻の臭いを嗅ぎあい、自分のことを教えるとともに相手のことも知ろうとします。

犬好きな人は、たとえよく知らない人であっても、まずは自分から話しかけ、相手のことを理解しようと努力しながら少しずつ信頼を積み上げていきます。
そして自分の興味のあることや、したいと思ったことを純粋に楽しみ、たとえ失敗してもポジティブに考え反省しながらそれを糧にして生かしていくことができます。

犬好きは、面倒見がよく責任感がある

  • 犬好きは、面倒見がよく責任感がある
犬はとことん尽す性格。そして、裏切られることはあっても絶対に裏切りません。

そんな犬好きな人は、自分が好きになった人のためにとことん役に立とうと頑張り、自分のことは後回しにしても平気です。
そして、同じように相手からも求められたいと思っています。
「いてくれて良かった」という言葉は犬好きにとって最高にうれしい賛辞です。

そんな性格は仕事でも発揮され、最後までやりとげられる責任感も持ち合わせているので、この人になら任せられると、やりがいのある仕事をさせてもらえるようになります。

猫好きは物静かで理性的な性格

  • 猫好きは物静かで理性的な性格
猫は、基本的にあまり鳴きません。

自立心があるので、たいていのことは自分でなんとか出来てしまいます。そして、冷静に周りのことをみて、危険が及びそうになると一目散に逃走します。
こういった性格から、猫好きな人は、自分のことは自分で解決する自立心あふれた性格だといえるでしょう。ガヤガヤした場所は苦手で、自分だけの安心できるスペースを求めます。

苦手な人や、直観で危なそうな人を見ると、とりあえず仲良くなるよう努力してみる、というよりは、まず安全地帯に逃げ込んでから相手を観察します。とても防御力が高いタイプだといえます。もし相手がこちらの拒否に気づかずに近づこうものなら‥強烈な猫パンチがとんできます。

猫はもちろん、気まぐれでマイペース

  • 猫はもちろん、気まぐれでマイペース
そんな猫ですが、安心できる、自分の好きな相手には、たまに甘えてきます。とは言っても、犬のような素直な甘え方ではなく、作業を横から邪魔するような、困らせる感じの甘え方です。
猫好きな人も同じように、寂しいなと感じると誰かに甘えたくなります。

あまり自分から連絡をとるタイプではないので、相手からすると突然、何の前触れもなく連絡を受けることになります。そして、十分甘えたい心が満たされるとまた突然返事を返さなくなります。でも、不思議とそんなマイペースをかわいいものだと受け入れてくれる友達や恋人に恵まれています。

猫好きは自由で個性的?!

  • 猫好きは自由で個性的?!
猫は、なわばりを持ち、その場所が荒らされていないか見回りをして歩きます。そして、寝たいときに寝て、食べたい時に少しずつご飯を食べます。遊んでいても、ふと目をやると突然変なかっこうで寝ていたりします。

そんな自由気ままな性格が猫好きな人。あまりベタベタとまとわりつかれることを好みません。
自分の安心できる居場所さえ確保できていれば、ふらっと知らない世界へ冒険に行くことができます。そして、その新しい世界で見聞きした情報を取り入れて、自分だけの表現を生み出すことができます。そういうところが個性的という面につながっています。
そしてその個性は斬新であったりするので、その人にしかできないことだと高い評価をうけることが多々あります。

あなたは犬タイプ?猫タイプ?

犬好きな人は人との繋がりを重視するタイプ、猫好きは自分の世界を大切にするタイプといえそうです。あなたはどちらだったでしょうか。
動物好きな人の中には犬も猫も両方好き!という人も多いと思います。どちらの要素ももちあわせている人は柔軟に自分を変化させていくことができる人なのかもしれません。
どちらが良いとか悪いということではないので、その特徴にあわせて理解してあげるといろんな人とスムーズに関係を築いていけるのかもしれませんね。
  • ちょこ

    プロフィール 星占術をはじめ、哲学や心理学、精神世界を探求し、自分らしく生きられる方法を日々模索しています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up