【福岡パワースポット】博多っ子のパワーの源“櫛田神社”がすごい!

古くから博多の氏神・総鎮守として信仰を集める「お櫛田さん」こと櫛田神社。
7月の【博多祇園山笠】や10月の【博多おくんち】といった、博多を代表する祭事を執り行う博多っ子にはお馴染みの神社です。
福岡に行ったら絶対に押さえておきたい櫛田神社の魅力をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 766view

フラッと立ち寄れる博多っ子のソウルを感じる櫛田神社

  • フラッと立ち寄れる博多っ子のソウルを感じる櫛田神社
櫛田神社は、福岡市博多区のど真ん中、博多駅からも近く、キャナルシティ博多のすぐそばにあります。福岡初めて~という方でも間違いなくたどり着けます!そして、中心地に立地しているものの神社や仏閣が建ち並ぶエリアにあるので、なかなか趣があります。
櫛田神社は天平宝字元年(757年)が起源とされていて、博多の総鎮守として市民の皆さんから愛され続けています。
中殿に大播主命(櫛田宮)、左殿に天照皇大神(大神宮)、右殿に素盞嗚尊(祇園宮)が祀られていて、古来より商売繁盛、不老長寿のご利益があるとして信仰を集めています。

愛称は“お櫛田さん”

福岡土産の代名詞とも言える『博多通りもん』のCMにもその呼び名が出てくるのですが、このCMがご覧になった事はありますか?
せっかくですので、ネイティブな博多弁と共に、こちらのCMもどうぞ(笑)
通りもんCM
話が逸れてしまいましたが、櫛田神社は博多っ子にとって、とても身近なものです。
それは、全国的に有名な「博多祇園山笠」を執り行う神社であるという点が大きいのかもしれません。

博多祇園山笠

このお祭りは、毎年7月に櫛田神社に奉納される博多っ子の一大イベントです。
福岡の祭りと言えば山笠!と言っても過言ではない代表的なお祭りなのでご存知の方も多いかもしれませんね。ちなみに、この時期が近づくと、博多っ子は血が騒ぎ、そわそわし始めます(笑)
  • 出典: wadaphoto.jp/maturi/hakata4.htm
博多祇園山笠は、地域の住人が大人から子供まで大切に守ってきたものですが、実は伝統的に女人禁制!!
男子のみ山と呼ばれる神輿をかつぐことができます。「おいさ!おいさ!」のかけ声で博多の街を男たちが山笠をかつぐ光景は圧巻。
最終日の追い山は早朝におこなわれますが、間近でその迫力を体験できますので、一度観る価値ありです。

飾り山展示

  • 飾り山展示
お祭り期間中に行けないという方には、境内に、一年を通して飾り山がおかれていますので、参拝の際にご覧いただけますよ。
山笠の時期は身動きが出来ない程の混み具合なので、時期をずらしての参拝もオススメです!

日本一の“おたふく面”がスゴイ!2月の節分大祭

山笠にばかり目がいきがちですが、2月に催される節分大祭も捨て置けません!
口から出入り出来る、日本一の”おたふく面”が飾りつけられ、能舞台からは年男・年女・地名士による豆まきが随時行われる催しです。
おたふくとは「お多福」と書き、このお面の口を通って参拝すると、福がもたらされると言われているそうです。このおたふくのお面は、櫛田神社の3個所の門に設置されていて、それぞれの門でおたふくの顔が違うんだとか。

  • Kyoko

    福岡市早良区在住。小学生と幼稚園児姉妹のママ。育児に悪戦苦闘中の毎日。趣味はお酒。 西武ライオンズ大好き ♡
    けっこう信心深いと気づいたこの頃、地元福岡を中心に、パワースポットや神社仏閣など、全国的に有名なところから、地元民ならではのコアなスポットまでご紹介できたらと思います。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up