一度は行きたい東京のおすすめパワースポット厳選3選!

訪れるとパワーをもらって元気になったり、良縁に巡り合えたりすると言われる特別な場所はパワースポットと呼ばれます。自然のエネルギーを感じて身も心も癒されるでしょう。世界に点在するパワースポットですが、今回は東京のおすすめパワースポットを3つご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 408view

東京のおすすめパワースポット【明治神宮】

  • 東京のおすすめパワースポット【明治神宮】
  • 出典: d.hatena.ne.jp/sakichin/20080620/p2
毎年の初詣で参拝客の数(約300万人)が日本第1位であり、日本最大の鳥居があることでも有名な神社です。現在の鳥居は2代目で、台湾から送られた樹齢1200年のヒノキを使って作られました。広大な敷地内にはたくさんの緑があって、都会の真ん中にある場所とは思えないほどです。御神木の2本の木が縄で結ばれた夫婦楠(めおとくす)は、1本の木に見えるような立派な木で、縁結びの神社として知られていることからも注目されている木です。明治神宮では明治天皇と皇后が祭られていることからも、縁結びのパワーがあると言われます。本殿の手前10mから本殿までの間にパワーが出ています。宝物殿の池の近くにある亀石もパワーが宿っていると言われています。

神社でよく見かける酒樽ですが、明治神宮ではワインの樽が置かれています。その理由は明治天皇がワイン好きだったことによるものです。世界の有名なシャトーのワイン樽が神社に並ぶ光景はここでしか見られません。

明治神宮の前に代々木公園に行ってから参拝すると、よりパワーを吸収できるそうです。代々木公園もパワースポットと言われています。特に原宿門から入ると恋愛運アップになると言い伝えられています。
明治神宮

東京のおすすめパワースポット【東京大神宮】

  • 東京のおすすめパワースポット【東京大神宮】
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2141641032550578801/2141995779582427003
東京のお伊勢さんと呼ばれ、親しまれている神社です。三重県にある伊勢神宮と同じぐらいのパワーがもらえると言われています。明治13年に伊勢神宮の遥拝殿として建立されました。鳥居をくぐってすぐにある本殿のあたりが最もパワーがあるとされている神社です。

アメノミナカ、タカミムスビ、カミムスビの3つの神が祭られています。明治33年に皇太子殿下のご成婚で、日本で初めて神前結婚式が行われた場所として、縁結びの神社としても有名です。現在でも芸能人をはじめ、多くのカップルが結婚式を行う場所として東京大神宮を選んでいます。
開門時間が朝の6時から夜9時までと夜遅くまで開いているので、仕事帰りに参拝することもできるでしょう。

すずらんをイメージした可愛い御守りも授与されています。願い文という願いを込めて書いた紙を紐で結んで収めるものもあって、良縁を求めて多くの女性が訪れるパワースポットになっています。
東京大神宮

東京のおすすめパワースポット【鬼子母神社】

  • 東京のおすすめパワースポット【鬼子母神社】
  • 出典: blog.livedoor.jp/ht15325/archives/51369738.html
人間の子供を食べてしまう恐ろしい鬼子母神はお釈迦さまより、お叱りを受けて改心して子授け、子育ての神様になったという言い伝えがあります。そのため、子授けや安産・子育てに良いとされる神社です。境内にある樹齢700年の大銀杏が特にパワーを持っていて、木に手のひらを向けて力を感じてみましょう。都電荒川線の「鬼子母神社前」で下車して、神社まで歩いているとケヤキ並木や昔ながらの商店街が立ち並び癒されます。神社内には、おばあちゃんと看板ネコが小さな駄菓子屋「上川口屋」を開いていて、子供たちが集まっていました。このお店はジブリの映画「おもひでぽろぽろ」のモデルともなった、日本で最も古い駄菓子屋さんです。圧倒的に女性の参拝客が多く、すぐ近くに小さな公園もあるので、子供連れで参拝できるパワースポットとしてもおすすめできます。
鬼子母神

参拝の作法

  • 参拝の作法
  • 出典: homepage3.nifty.com/sazanami-home/hyousi/meisyokyuuseki...
せっかくパワースポットに出かけても参拝の作法を知らなければ、きちんとした参拝ができずパワーをもらうことができないかもしれません。気を付けてほしいポイントを簡潔にご説明します。1つ目は自分の身なりを整えてから行くことです。シャワーをあびるなど、体を清潔にして服装を整えてから参拝します。露出の多い服装は避けるようにします。特に女性はミニスカートなど履かないほうが良いでしょう。次に鳥居をくぐるときは、深くお辞儀をしてから、鳥居の真ん中ではなく端を歩いてくぐります。帰るときもお礼のお辞儀を忘れないようにしましょう。3つ目、お賽銭は投げ入れず、優しく賽銭箱に入れます。二礼二拍手一礼をします。2回礼をしてから2回拍手をして、最後に1回礼をします。お願いごとをするのは感謝の気持ちを述べた後にしましょう。そしてそのお願いごとが叶ったら、必ずお礼参りをして感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

パワースポットで作法を心得て、プラスのエネルギーをたくさんもらったら、負の感情を忘れてまた新たにスタートを切りましょう。心も体も疲れたらまたパワースポットに出かけて、パワーをもらいに行きましょう。落ち込みすぎて心が弱りすぎているときは、気持ちが落ち着き始めてからパワースポットに出向くほうが、より力を吸収しやすいと言われているので気をつけてみてください。
■パワースポットの関連記事
2016年絶対訪れたいパワースポット「北海道」オススメスポット3つ
ここは行っておきたい!2016年のおすすめ開運スポット3つ
晴れた日のプチトリップに訪れたい。関東のおすすめ強力パワースポット5選
名前からしてご利益ありそう♡金運UPが期待できる国内パワースポット3選
衝撃★パワースポットはただ行くだけではダメ!守るべき順番があった
  • とりちゃん

    Kureraデザイナーのとりちゃんです。
    やってみた・行ってみたシリーズ「とりりっぷ」を連載してます。
    ファリミーで、安く、ときにはリッチに、そんな国内旅行、日帰り旅行、イベントなどをお届けします♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up