来年こそは太らない!知っておきたい正月太り対策

お正月は美味しいものをたくさん食べられる季節ですよね。しかし、休み明けにいざ体重計に乗ってみると……? お祝い気分も吹き飛ぶ「正月太り」は、なぜ起こってしまうのでしょうか。「もう太っちゃったんだけど!」という人も、来年のために原因と対策を学んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 224view

■正月太りの原因1:過食

  • ■正月太りの原因1:過食
  • 出典: www.yamashoku.com/product
そもそも、どうしてお正月には太りやすいのでしょうか。
以下に主な原因を3つ、まとめてみました。

1つめの原因は、過食です。お正月は親戚同士の食事会が設けられたり、家族で豪華なおせちをつまんだりなど、正月にまつわる縁起ものを食べる機会がぐっと増えますよね。カロリーの過剰摂取になり、結果的に太りやすくなります。

■正月太りの原因2:むくみ

  • ■正月太りの原因2:むくみ
  • 出典: kogao-seisakusho.com/blog/kotsuban/952
正月にだされるおせち料理は、長期の保存がきくように、塩分が多めに入っています。
つまり、食べるとのどがかわくのです。
一方、正月は気温が低いこともあり、体の代謝が落ちやすい状態といえます。
代謝の落ちた体に、塩分過多の食事。
さらに冷酒やアルコール、大量の水分をいれると……?
どうなるでしょうか。

そうです。体が非常にむくみやすくなります。
お正月のあとに明らかに太って見えるのは、この「むくみ」も原因といえます。

よってお正月が終わったら、塩分のひかえめな料理を中心に摂るようにしましょう。
また、塩分を体の外に出すため、カリウムを多く含む食べ物をとることをおすすめします。
アボカド、バナナ、メロン、ほうれん草が手軽にとれてよいでしょう。

■正月太りの原因3:運動不足

  • ■正月太りの原因3:運動不足
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2141213245689305601/2141213902294311703
おいしいものをたっぷり食べたあとに、こたつでゴロゴロ。起きて、食べて、またゴロゴロ。思い当たる節はありませんか?

消費カロリーが落ち、摂取カロリーが増えれば、当然体重が増えます。
お正月が終わったら、摂取カロリーをおさえて、適度に運動するようにしましょう。

もちろんお正月のうちに運動するのもおすすめです。
高台にある神社に初詣にいったり、初売りを見に行ったりなど、体力を使うお正月にしてみてもいいかもしれませんね。



お正月太りの原因と対策についてご紹介しました。

なお、年末の忘年会の過食にも注意しましょう。
年末に夜遅くまでアルコールや高塩分の料理をとり、正月にまたごちそうをパクリ。太らないはずがありません。

カロリーの過剰摂取に気をつけて、来年のお正月を満喫してみてくださいね。
■関連記事
飲む点滴!?女性に嬉しいスーパードリンク「甘酒」の実力
体の中から外からキレイになれる♡栄養たっぷりの酒粕は美容の強い味方!
実は簡単!キレイになれるフルーツビネガーとは?
体を錆びさせない!「ルイボスティー」が大人女子にこそおすすめのワケ
ヨガインストラクターが教える!ぬか漬けの美容と健康パワーがすごい!
忙しいママの栄養補給に最適!「ブラジルナッツ」のすごいパワー知ってる?
毎日の美容と健康に!甘い黒ピーマン「アナスタシア」に大注目!
  • ritfiles

    音楽と映画の業界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up