味に香りに癒される!今が旬の柑橘類は美容にも疲労回復にもピッタリ!

冬は柑橘類の多くが旬を迎える時期。みかん、いよかん、デコポン、レモン…みんなきっとお気に入りの柑橘類があるはず。甘酸っぱくて美味しい柑橘類は美容と健康の強い味方でもあります。リフレッシュしたい時、疲れを取り除きたい時にも柑橘類はおススメなんですよ!
今回はそんな冬が旬の柑橘類についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 408view

●柑橘類は美肌作りにピッタリ!

  • ●柑橘類は美肌作りにピッタリ!
  • 出典: aozoracafeworld
みかん、いよかん、デコポン、金柑、はっさく、ぶんたん、柚子…冬は多くの柑橘類が旬を迎える季節です。一年中見かけるレモンも、実は国産物の旬は冬!アメリカなどの輸入物輸入物と違って保存料や農薬が少ない国産レモンは小さなお子様にも安心。皮ごとスライスしてレモネードにしたり、塩レモンなど調味料にするのもいいですね。レモンをそのまま食べるのは酸っぱすぎるけど、みかんは甘すぎる…という人には八朔(はっさく)やいよかんがおススメです。私たちに一番身近な柑橘類は「温州(うんしゅう)ミカン」と呼ばれる一般的なみかん。包丁を使わず手で簡単に皮を剥いて手軽に食べられるみかんは、小さなお子様からお年寄りまでみんな大好きですよね!みかんんは11月~2月頃までが一番おいしい季節です。箱買いして一度に食べきれない場合は外の皮を剥いてから冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。スムージーなどのジュースを作る時にすぐに使えて便利ですよ。

どの柑橘も豊富なビタミンCが嬉しいポイント!ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしてくれる美肌作りに欠かせない栄養素。免疫力もUPしてくれるので冬の風邪予防にもおススメです。

●柑橘類には疲労回復効果も!

  • ●柑橘類には疲労回復効果も!
  • 出典: mikahanaya
柑橘類に多く含まれる「クエン酸」は、カラダの疲れのもととなる「乳酸」を分解してくれるため疲労回復効果が期待されています。乳酸が溜まりすぎると「疲れ」の症状を感じやすくなります。「たかが疲れ」と思って放っておくと「慢性疲労」につながる恐れも。慢性疲労になってしまうと頭痛やめまい食欲不振、不眠などの不快症状があらわれ長引くケースが多いので、疲れを感じたら無理せずカラダを休めることが大切です。十分な睡眠を心掛け、栄養バランスの取れた食事、疲労回復効果る柑橘類を積極的に摂りましょう!
柑橘類の爽やかな香りにはリラックス効果も期待されています。皮をきれいに洗って入浴剤代わりにお風呂に入れるのもおススメです。
  • 出典: allabout.co.jp/gm/gc/190746
またクエン酸には代謝を促進する働きもあり、疲れている時でも食欲を増進してくれます。カラダがお疲れ気味の時は食欲も低下しがちですが、なるべくたくさんの食材を摂りたいもの。クエン酸以外には、カレーなどに欠かせないスパイス類も食欲を刺激してくれますよ。ただしスパイス類は刺激が強いものもあるのでほどほどに…。
  • 出典: d.hatena.ne.jp/ivraie22+spices/20120405/1333624490

寒い冬は体調を崩しやすく食欲も低下しがち。疲れたな…と感じたときは上手にカラダを休めて、カラダが喜ぶ食事を心掛けましょう!特にカラダの各機能の正常な働きをサポートしてくれるビタミン・ミネラルを多く含む野菜・果物類はたっぷりと、エネルギー源となるごはんやパンなどの炭水化物類、元気な細胞のもととなるたんぱく質を多く含む肉・魚類も忘れずに。

まずは毎日の柑橘類で、キレイで元気なカラダ作りを目指してみてはいかがでしょう?
  • 國塩亜矢子

    フードコーディネーター・インナービューティー研究家
    「旬食美人学」主宰。「インナービューティー」を軸とした自宅レッスン、 メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ「Food×Beauty」についての情報を発信。1児の母として妊活・マタニティ・授乳ママレシピ、離乳食レシピにも取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを発信中。
    【著書】「節約・冷凍レシピ」(宝島社)

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up