中医学、東洋医学から考える寒い冬をhappyに過ごす方法3つ

やはり冬になると寒くて家に籠もりがちになったり、陰な気分になったりしませんか?風邪やインフルエンザなどにかかってしまったら、余計に陰な気分を倍増させてしまいますよね。それでは、冬とどんな風にお付き合いしたら、いつものようにhappyに過ごせるのか?を中医学、東洋医学から紐解いてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 251view

冬は「腎」や「膀胱」に注意を

  • 冬は「腎」や「膀胱」に注意を
  • 出典: osharenaseikatsu.info/お腹の冷えã...
東洋医学では冬は「腎」や「膀胱」と言った臓腑が滞りやすい季節とされています。
滞ると、免疫力が落ちたり、アレルギー、腰痛が起こったり、冷えやむくみなども感じやすくなります。
思い当たる方はいらっしゃいませんか?
「あーなんだか冷えるなぁ。」「風邪ひきそう。」と気分をダウンさせず、今は冬だから滞りやすいのね!という、気持ちを切り替える事で前向きにもなりますよ。

冬の寒さ対策には、黒いものがおすすめ

  • 冬の寒さ対策には、黒いものがおすすめ
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2140996386645579101/2140996983750576903
以前に、冬の養生法でも書きましたが、「腎」「膀胱」を滞らせないためにも、積極的に黒いものを食べましょう。黒い物の代表として、黒豆、黒キクラゲ、黒胡麻、ワカメなど。黒い物は「腎」「膀胱」を補ってくれます。

元気になるには「湧泉穴」のツボを押す

  • 元気になるには「湧泉穴」のツボを押す
  • 出典: hk.apple.nextmedia.com/supplement/health/art/20100809...
また、「腎」のツボは足の裏、指をギュッとして凹むところにあります。湧泉穴と言うのですが、元気を養ってくれたりする万能のツボです。そこを揉んであげるのも良いですよ。

柑橘系の香りを取り入れて気の巡りをよくする

  • 柑橘系の香りを取り入れて気の巡りをよくする
  • 出典: www.mikanfarm.com/hinnsyu/kuradasi/kuradasi.html
香りの良いものも、気の巡りをよくしてくれます。柑橘類やシソなどを積極的に取りいれてみたり、柑橘系のルームフレグランスなどに変えてみるのも良いと思いますよ。


寒い冬、何かと陰な気分になりがちですが、中医学や東洋医学を取り入れて、陰な気分を吹き飛ばし、体の中から冬と上手に付き合っていきましょう。
関連記事
冬の養生法。寒い時期には、背中と「首」に気をつけて黒い食べ物を
冬こそ体温を1℃あげて免疫力アップ!取り入れたい食べ物とは
薬膳アドバイザーが教える!秋の乾燥を防ぐ方法
  • ほしひろ

    経絡ヨガインストラクター、薬膳アドバイザー、ジャングルフィットインストラクター(関東では初!)。2人の子供の子育てに奮闘中。母親になったことをきっかけに、自然と自分のカラダのことを考えるようになり、経絡ヨガを学びインストラクターに。経絡と深い関係のある食にかんする薬膳アドバイザーの資格も取得。趣味のキャラ弁づくりにも役立てている。またジャングルフィットのインストラクターの資格も取得!(関東で初!)

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up