一度は食べてみたい!?ちょっと変わり種な恵方巻き2016

2月最初のイベントとして古くから親しまれている節分。近年は、その年の恵方(めでたい方角)に向かって、無言で太巻きを食べきる「恵方巻き」の習慣が全国に定着し、ユニークな恵方巻きが全国で発売されるようになりました。そこで今回は、2016年に発売される、一度は食べてみたい変わり種の恵方巻きを3つご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1630view

【まめ巻き(くら寿司)】

  • 【まめ巻き(くら寿司)】
  • 出典: news.livedoor.com/article/detail/11034327
2015年に、イワシを巻いた「まるごといわし巻」を発売し、大きな注目を集めたくら寿司。そのビジュアルは見る人の度肝を抜きましたが、2016年にはさらに驚きの変わり種恵方巻きを発売します!

その名も「まめ巻き」!なんと豆大福を、豪快にも巻きずしにしてしまったという、驚きの恵方巻きです。

「なんだ、ネタかよ」と思うなかれ。黒豆には一度は絶滅したとも言われていた幻の黒豆「黒千石」を使用。さらに砂糖やあんこ、生地は北海道産のものを使用するなど、素材にもこだわった一品となっています。固定概念にとらわれず食べてみると、意外とハマってしまうかもしれませんよ?

また今年は、2015年に話題となった「まるごといわし巻き」も同時発売。どちらも2月3日まで店頭で予約を受け付けています。一部の店舗では取り扱いがないため、あらかじめ店舗に確認しておくのが良さそうです。

思い出に残る節分を過ごしたい人は、ぜひチェックしてみては?
くら寿司

【北海道新幹線開業記念 青函トンネル巻(イオン)】

  • 【北海道新幹線開業記念 青函トンネル巻(イオン)】
  • 出典: news.livedoor.com/article/image_detail/11035995/?img_id...
2016年3月26日に開業する北海道新幹線とイオンがコラボし、満を持して発売する豪華な恵方巻きです。太巻き自体を青函トンネルに見立てており、中には北海道の海の幸である毛ガニやホタテ、そして青森を代表する味覚・大間の本マグロのほか、甘エビやいくら、大葉やきゅうりなど、これでもかというほど具がたっぷり入った一品となっています。

また予約特典として、北海道新幹線のシンボルマークと新幹線をかたどったピンバッチのセットもついてくるとのこと。お値段は5,000円(税抜)と少しお高めですが、これだけの贅沢食材を一度に食べられる太巻きはそうありません。北海道新幹線に思いを馳せながら、または旅先の味覚に思いを馳せながら、ガブッとかぶりついてみては?

こちらは沖縄地区および一部の店舗を除くイオン・イオンスタイル店で予約を受け付けています。1,200本限定ですので、確実に手に入れたい方はお早めの予約をおすすめします。
イオン 青函トンネル巻

【くるくるワッフル(R.L :エール・エル)】

  • 【くるくるワッフル(R.L :エール・エル)】
  • 出典: www.shimpo.biz/rl/hospitality.html
昨年も人気を呼んだ、神戸の人気ワッフルケーキ専門店「R.L 」のスイーツ恵方巻き。2016年はたくさんのフルーツが入った「福くるくる」と、大きなあまおうが入った「上恵方巻」の2種類が発売されます。

「福くるくる」は、いちごや黄桃、塩キャラメルカスタードクリームなど、7種類のフルーツやクリームを巻いた、一口でさまざまな美味しさが味わえる一品。たくさんのフルーツを食べたいという人は、ぜひチェックしてみては。

一方「上恵方巻」は、強い甘みが特徴のいちご「あまおう」とキウイ、カスタードクリームを、北海道産生クリームと竹炭ペースト入りワッフルで巻いた、贅沢な一品。いちごが大好きな人はもちろん、生クリームに目がないという人にもおすすめです。

どちらも2月1日から3日まで、一部店舗を除き販売予定となっています。くら寿司のスイーツ恵方巻きも良いですが、全部スイーツでまとめた恵方巻きを食べたいなら、R.Lの「くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる」を食べてみては?

【終わりに】

2016年の恵方は南南東。今年は豆まきだけでなく、ちょっと変わった「変わり種恵方巻き」を頬張りながら、みんなで節分を楽しんでみてはいかがでしょうか。
■関連記事
【コストコ】焼くだけ!解凍するだけ!でも美味しい! 冷凍デザート編
濃厚チーズ味でやみつき♡無印良品の『パルメザンとエダムチーズのサブレ』
食べなきゃ損!2016年バレンタイン限定スイーツ2選
自分用にしたい!2016バレンタインデーに食べたいおすすめショコラ3選
人気の"アボカド"簡単おつまみレシピ!ダイエット、美容効果もたっぷり
  • こちゆう

    現在北海道釧路市に住んでいるフリーランスライターです。WEBライティングからパンフレットの文章作成・校正、キャッチコピーなど、さまざまなことをやらせて頂いております。旅行と歌と動物が好きな30代女性です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up