手相で占う結婚占い♡結婚できる?いつ?どんな人と?

結婚はいつできるのか、どんな人とするのか、気になりますよね。
簡単で分かりやすい手相で、結婚運を占いましょう。パートナーがいない方は、ぜひ、良い出会いを。パートナーがいる人は良い方向へと向かえるといいですね。
結婚時期やチャンスが分かる結婚線や、自分で運を引き寄せる方法等をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2862view

結婚占いで分かること

  • 結婚占いで分かること
  • 出典: woman.infoseek.co.jp/news/fortune/uportcocoloni_13427
結婚占いで分かることは、どんな人と・いつ出逢い・何歳ころに結婚するのか。また、結婚運があるのか、なぜ結婚に結びつかないのかと、華やかな面だけではなくナーバスな面も占えます。

本当にたくさんの種類やサイトがあって悩むと思います。好きな占いで大丈夫!と言いたいところですが、ここでは手相での結婚占いをご紹介します。

結婚占いに手相占いがおすすめのワケ

  • 結婚占いに手相占いがおすすめのワケ
  • 出典: 946mitsubishi
結婚占いに手相占いがおすすめのワケ。それは、自分で運勢を変えることが出来るからです。しかも簡単に手軽に。いろいろな占いであまり良い結果が出ていない人も安心してください。
手相は3か月で変化していくし、特別な計算も生年月日やタロットカードの意味で迷うこともなく、簡単に確実に今の状況が分かり、運勢をアップすることが出来るのです。

手相を見てみて、自分の願ったような結果ではなかったり、とても悪いときがあります。そのときには手相を自分で足しましょう。マジックで書いて簡単に足すことができます。これは結婚運だけではなく、金運・対人関係。仕事運でも使えます。
マジックで書くのはちょっと・・というときには、爪で痕をつけます。毎日痕をつけることで癖がつきます。これで自分で運を引き寄せるのです。

手相で見るのは「結婚線」!時期やチャンスの数などが分かります

  • 手相で見るのは「結婚線」!時期やチャンスの数などが分かります
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2138392204662914201/2138417054496419603
手相の中でも結婚線を見ると、時期やチャンスの数、相手のタイプ、結婚生活や夫婦関係などが分かります。
結婚線は「小指」と「感情線」の間にあります。結婚時期の目安もあり、環状線に近いほど早婚と言われています。本数は勘違いされていることが多く、よく離婚や再婚の数と言われていますが、結婚のチャンスの数を表しています。結婚線は変化していくものなので、チャンスを活かすのも出会いを作るのも行動次第です。
玉の輿運(!)というのもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

結婚線がなくても、思い悩まなくて大丈夫です。結婚できないのではなくて、今は結婚に気持ちが向かっていないというだけです。
仕事が忙しく充実していて、結婚を考えられない。結婚願望がない。結婚に魅力を感じない。結婚したいという気持ちが漠然としている。など、結婚に気持ちが向いていないだけなので安心してくださいね。
結婚に気持ちが向いていないときには、結婚線がなかったり薄かったりしますが、パートナーが出来て考えるようになると出てきますので、その時まで楽しみに取っておきましょう。
前述のように自分で線を書いて運を向けるという方法もありますよ!
【PR】「2016年前半の運勢~鏡リュウジが紐解くあなたの未来~」
2016年前半は、さまざまな星の逆行に彩られます。そのため、物事が思うように進まず、もどかしさを感じるときもあるかもしれません。が、それをいい意味で逆手にとり、じっくり、確実に物事を進める半年にしましょう。各惑星の動きが意味することをじっくり読んでいくことにしましょう。
2016年前半の運勢~鏡リュウジが紐解く
■関連記事「占い」
誕生日占いで、自分やあの人のクセを見つめ直してみませんか?
手相で占う結婚占い♡結婚できる?いつ?どんな人と?
名前の画数で占う「姓名判断」が人気♡ 実は内面まで掘り下げて占える!
前世占いで悩みを解決!その悩み、前世から影響を受けているかも!
2016年は自分で運命を切り開く!「0学占い」で運の周期を知る
あなたの決断の後押しに!「イエス・ノー占い」の有効な使い方とは?
ほくろの位置でわかる!あの人の本性☆足らないときは書き足しを
人気再燃の予感!最近の「動物占い」を徹底解明
  • みらい

    人気占いアプリのプロデューサー。占いが好きではない方にも役立つ、知っておいて損はない占いや風水、運気アップ術などをお届けしたいと思います。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up