それってモラハラかも?!妻になにかと制限をかける夫の特徴はコレ!

いきなりですが、結婚後も独身のときとかわらずに過ごせている女性は、どのくらいいるでしょうか?結婚したとたんに、お友達と飲みに出たり外出しづらくなったりする女性の話しをよく耳にします。今回は、結婚生活にありがちな「妻に制限をかける夫の特徴」を、心理カウンセラーのわたくしオハナがお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 173view

夫はそれを「モラハラ」だと気付いていない

  • 夫はそれを「モラハラ」だと気付いていない
結婚をしても変わらない生活の夫。仕事帰りには同僚たちと楽しく飲んで、ときには朝帰りをすることも。それとは対照的に、外で仕事をもつ妻は仕事が終わったらまっすぐに帰宅して夕飯の支度や掃除洗濯にがんばります。

子育て中の女性であれば、夫の帰りにあわせて家事育児炊事をこなすのではないでしょうか。女性の仕事は、結婚をするとかなり流動的なものにかわります。それは、「人の世話」というものをこなさなくてはならないからです。

自分のことだけをやっていればよかった独身時代から、自分のことは後回しの結婚生活へと移行し
たわけですから、その違いは女性にとっては大きな変化だといえます。そんな妻に対して、夫はときに非道かと思えるようなことばを突きつけたりするようです。「俺が帰ってくるまで起きて待っていろ」「俺が食えないものは作るな」「俺の言うことはすべて正しいんだから、俺の言うとおりにしていれば間違いない」などなど。

妻は結婚したからといって、夫の支配下にあるわけではありません。妻の人権をおかしてはならないものですから、その点においては夫は人に対する「こころくばり」を忘れてはいけませんよ。妻に対して上から目線の言動をするのであれば、残念ながらモラハラに足を踏み入れたといわざるを得なくなってしまいます。妻だって人生を楽しく過ごす時間が必要です。妻が「飲みに行きたい」と申し出た場合は、こころよく「楽しんでおいで」と送り出してあげてください。

夫の急な気分の変化で予定が白紙に

  • 夫の急な気分の変化で予定が白紙に
自分の気分が乗らないと、その日予定していたスケジュールを自分勝手に急に変更してしまう夫がいます。しかもそれは、すでにその目的地に向かっている車内で起きたりするのですから、相当な暴君だったりします。楽しみにしていたであろう同乗の子どもたちもがっくりきますよね。自分の言動で周囲がどのような気持ちになるかなど、考えもしないのでしょう。自分の気持ちだけが大切で、それをベースにするあまり周囲への配慮ができない夫が増えています。なによりも自分が大切で自分のことが大好きな男性に多いようです。

昔はよく「女は感情的だ」といわれていましたが、今はそれ以上に感情で行動する男性が多いですね。夫側は自分の感情で行動するのではなく、社会の一員として家族にも優しい人でいてほしいものです。

行動をこまかくチェックする

  • 行動をこまかくチェックする
妻がなにか習い事をはじめようとしたり、あるいは家庭菜園をしようとした場合などに、夫がこと細かく口を出してくることはありませんか?

「おまえ、この間あれやったけどきちんとやれてなかっただろう。今回はそんなことのないように!しっかりとやれないのなら、やってはダメだ!」というようなことを言われた経験は?さほどたいしたことのない、どうでもいいことを蒸し返してきてそれを脅迫に使って押さえ込もうとする夫がいます。
なにかを始めようとしている妻には、「楽しい習い事だといいね!」とか「家で野菜の成長がみれるのは、たのしそうだね」というような、プラスのことばを投げかけてあげて欲しいものです。家庭内で妻を監督する必要はまったくありませんよ♪

妻に対してケチくさい夫

  • 妻に対してケチくさい夫
自分は趣味などにお金をつぎ込んで楽しみますが、妻が同じことをしようとするとそれを阻止しようとする夫がいます。もしくは、夫が趣味に費やしている資金の出どころがわからない場合も。妻には内緒のお金があるのでしょう。それはよいとしても、自分は湯水のようにお金を使っているのに、妻に対しては非常にケチになる夫というのはいただけませんね。
たとえ家庭におさまっているとしても、妻には妻の家庭内の仕事というものがあり、それを遂行しているわけです。妻も自分の楽しみに使うお金があっても、よいではありませんか。先にも言いましたが、妻は結婚したからといって、夫の支配下にあるわけではありません。

おわりに

いくつかあげてみましたが、妻が自主的ならばよいとしても、それが夫からの押し付けで結婚生活を窮屈なものに感じさせてはならないはずですよね。これらはモラハラと捉えられても仕方のない言動ですので、エスカレートしないように夫婦間で話し合いの時間を作るのも大切かもしれません。結婚生活は人生のほとんどですから、笑顔で過ごしたいものですね。
【関連記事】恋愛のお悩み解決記事
● 遠距離恋愛・単身赴任♡遠くのあの人との正しいコミュニケーション方法
● 大好きな彼や旦那から…好かれている自信がない。そんな時の対処法!
● カップルの喧嘩発展はクセがあった!喧嘩したらシンプルに謝りましょう☆
● 大好きな彼や旦那から…好かれている自信がない。そんな時の対処法!
● 浮気をされたら許してはいけない!本当の理由と浮気をされた後の正しい行動
他の恋愛の記事を読む
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up