寝込む妻にこんな夫の仕打ち!耳や目を疑う行動TOP5

お付き合いをしているときにはわからなかったことも、結婚をして年数を重ねていくと見えてくるものがありますね。たとえば、ゴミの捨て方とか洗濯物の干し方などのように細かなことなどに「えっ」と驚く場面に遭遇したり。そんな夫婦の「えっ」を、心理カウンセラーのわたくしオハナが明るくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 185view

1、あぁ、調子が悪い。そんなときに夫に放たれた「夕飯は?」

  • 1、あぁ、調子が悪い。そんなときに夫に放たれた「夕飯は?」
具合が悪いと、家の仕事も外の仕事もできなくなるので、妻としては非常に困惑しますよね。それが1日で済めばまだなんとかなりますが、3日も4日もとなれば先が思いやられます。というのも、すべて夫の空気の読めないしわざのせいです。
熱が出たときは、どうしたって体を起こして家の仕事をするのはとてもつらいもの。熱がなくても思い頭痛などは、ちょっとでも動くと割れんばかりに頭がガンガンするので横にならざるを得ません。そんな状態の妻に向かって、夫が放つ信じられないセリフに身の毛もよだちます。それは・・・「ねぇ、夕飯どうするの?」です。
「どうするもこうするも、この状況をみたらわかるでしょう!この状況で、あなたがすべきことはなにかわかるわよね?!」と思わず言いたくなるのをぐっとこらえる妻たち。妻は夫のお世話係ではないし、不死身でもありません。妻が調子が悪いときくらいは、夫はご飯を炊いてお味噌汁と焼き魚くらいは自分で用意しましょう。

2、夫が夕飯を用意できたとしても・・・わたしの分は?

  • 2、夫が夕飯を用意できたとしても・・・わたしの分は?
ご飯を炊いてお味噌汁に焼き魚を自分で用意できた夫。お布団のなかでうなる妻。
えーと、何か忘れてはいませんか?食べ物を食べて生きているのは男性だけではありませんよ?妻だって、なにか口にしないと力が出ないじゃないですか~!妻が「食欲がないから、わたしの分はいらないよ」と言ってきたのならよいでしょう。しかし自分だけ満足して、寝込んでいる妻の食事に気がまわらない夫の多さには驚いてしまいます。
「おかゆでもたべる?」という優しさが、寝込んでいる妻にとってなによりも薬になるんですよ。一番簡単なのは、せっかくお味噌汁をつくってあるんですから、小鍋にお味噌汁と炊いたご飯を入れてコトコトと煮込んだ味噌粥にしてもいいんです。何も難しいことはないんですよ♪そして、お粥を妻に食べてもらった後はお皿を洗ってくれたら、ほんとうに妻としては何の心配もなく、体を休ませることができるのです。

3、おまえは休んでろ・・・て、それがいたわりだと思ってるの?

  • 3、おまえは休んでろ・・・て、それがいたわりだと思ってるの?
病気で寝込んでいる妻に、多くの夫はこのセリフをいいます。「お前は休んでろ」。
一見とってもいたわりのある優しい言葉のように思えますが、ふたを開けてみると地獄絵図のような世界が待ち受けています。それは「お前は休んでいろ、何もしなくてもいいぞ。今は。」ということなのです。この「今は」が大変くせものです。
何もさせずにただ休ませていれば、いたわっていると夫たちは勘違いしていますが、かといって夫は妻が普段やっている家の仕事をやってくれるわけではありません。洗い物のお皿は台所に山、洗濯物もかごに山、ゴミをまとめることもせず、明日の朝食の準備だってなし。結局、寝込んでいる妻がようやっとの思いで起き上がり、少しでもいいから片づけをはじめるのです。そんな妻をみて夫は一言。「あれ、もう大丈夫なの?」。「大丈夫なわけないでしょう~!」と言いたいところですが、ぐっと飲み込む妻なのでありました。

4、1に運動、2に運動・・・!て、それ今必要なことばなの?

  • 4、1に運動、2に運動・・・!て、それ今必要なことばなの?
「いつも家にばっかりいるから運動不足で体力落ちてるんだろ!運動しろよ、運動!」と、具合の悪い妻に言い放つ夫もいるのだとか。いつも家にいることが悪いかのように受け取ってしまいますし、なにかというと運動不足だと言われるのは気分のいいものではありません。具合の悪いときくらいは、「大丈夫か?何か食べたいものある?」と聞いてみてあげてはくれませんか?運動不足うんぬんの押し付けなんかよりも、くだものをベッド脇に持ってきてくれる優しさのほうがこころに響きますよ。

5、私に代わってやってくれてありがとう。でも、やかましすぎ!

  • 5、私に代わってやってくれてありがとう。でも、やかましすぎ!
具合の悪い妻に代わり、育児や家事をやってくれる夫もいます。しかし、寝込んでいる妻を知ってか知らずか掃除機を乱暴にガンガンかけてみたり、洗濯物もいちいち「洗剤はどこ~?」なんて聞いてくることも。そのたびに場所を教えなくてはいけないし、うるさいとこころも体もまったく休まりません。
なぜか妻は家の中の仕事全般!という、暗黙のルールが出来上がっている家庭が多いこの国。具合が悪いときくらいは、妻への普段の労力の感謝の気持ちとしてでもいいので、口角をあげて家のお仕事をやっていただきたいものです。

おわりに

いかがでしょうか。世の奥様たちには、「そうそう!」と思わず同意してしまうようなこともあるのではないでしょうか。妻も人の子。絶対に不死身なんかじゃありませんので、寝込んでいるときは優しくしてあげましょう。自分がしてもらうとうれしいことをしてあげるといいですよ♪
◼︎関連記事
● 遠距離恋愛・単身赴任♡遠くのあの人との正しいコミュニケーション方法
● 恋愛体質の方へ!やめられないやめないといけない恋愛を止める方法
● 《要チェック》彼がこんな行動をしたら、あなたの浮気を疑っているかも?!
● 別れた彼との復縁を願う!復縁のおまじない大集合!
● 程度の低い恋愛をしていませんか?愛されるには条件があります
他の恋愛の記事を読む
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up