どうして理解し合えないの?男女のコミュニケーション法は違った!

「どうしてあなたはわたしの言ってることがわからないの?」「どうしてキミはそんなに感情的なんだよ!」このようなやりとりをした人もいるのではないでしょうか。理解したいのにできない歯がゆさは、実は男と女の当たり前のことなのです!心理カウンセラーのわたくしオハナが、男女別コミュニケーション法をわかりやすくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 138view

コミュニケーションってなに?

  • コミュニケーションってなに?
わたしたちがごく自然に言っている「コミュニケーション」ということば。このコミュニケーションといえば、真っ先に浮かぶのは「ことばでのやりとり」なのではないでしょうか。生まれ育ってまず一番はじめにコミュニケーションをとるのは、両親ですよね。
母親や父親、あるいは親族とことばで意思表示をして、自分の意思を相手に伝えるということを学びます。そして、幼稚園や小学校、中学・・・と集団行動をする中で、さらにコミュニケーション能力を身につけるのです。
こうした集団行動のなかで、自分とはちがう考えの人や行動をする人がいるということを知ることになりますね。知るということは、そのことに対してどのように対応していくのかということが、経験値としてあがっていきます。

やがてやってくる、最初の壁が!

  • やがてやってくる、最初の壁が!
女性同士だと、なんとなく相手の出方がわかったり考えがわかるので、予想を立てながら出方を変えてみたりすることができます。
ところが、男性同士だとはじめから答えを出していて、そこに向かって会話をするので、予想を立てるとか途中で方向転換をするなどといった手法ができません。

ここなのです!好きな彼とめでたくお付き合いをしてしばらくすると、意思の疎通にひっかかりが出てくることがあります。その原因のほとんどは、この「男と女のコミュニケーション方法のちがい」なのです!「もっとこうしてほしいのに、なんで気がつかないの?」とか「どうしてそんなことばかりいうの?」など、いろいろな場面で思いが通じ合わないことに悩みます。そして、あれこれと試行錯誤してどうにか理解しあおう、問題を解決しようとがんばるのですが、そのほとんどはムダに終わるのではないでしょうか。

男と女のちがいは、ここにあります!

  • 男と女のちがいは、ここにあります!
男性と女性は惹かれあう間柄であっても、意思の疎通方法はまるきり異なります。
まず男性は、1つのことしかできません。電話をしながらTVをみて、電話のないようをメモにとる、といったことができません。よくいませんか?TVを見だしたら、話しかけても返事ひとつせず挙句の果てに「うるさいな!」といわれてしまうこと。

女性は一度にいくつものことができてしまいます。
TVを見ながら電話で話しをして、メモをとりつつTV内容の面白い部分を電話の相手に伝えたりとか。男性と一緒にTVをみて、パソコンで明日の仕事の下調べをしていたら「ちゃんとTV見ないなら消すぞ!」と怒られたり。TVなんてちゃんと見てるのに!と、無実の罪をきせられたような気分になってテンションが最悪になったりした女性もいるのでは。

男性は物事の答えをすでに持っている場合が多く、そこに相手を納得させるために一直線にたたみかけるように話しをします。
女性はというと、答えをもちつつも相手と会話をしながら模索していきます。その会話のなかの情報をいっぺんに収集して、脳内で振り分け作業をしながら会話をすることができます。
こういった作業の中で、相手の顔色や越えのトーンをみて次に発することばをかえてみたり、常に相手の思惑や感情を集めて、それに対処しながら道を進んでいきます。しかも、相手のことばかりではなくて会話のなかから自分の意見も「ア!そういうことがいいたかった!」というように気付くことがあります。

ですので、途中経過で相手を把握しながら配慮と対処して、おだやかな着地点につくことができない男性に対して女性がヤキモキするのはナンセンスなのです!これはどちらも譲りようのない“性別による”うまれつきの特徴なのです♪

女性は特殊能力をもったツワモノだ

  • 女性は特殊能力をもったツワモノだ
これまでお話ししたことを思い出すと、女性って相手との会話のなかからさまざまな情報をひっぱりだして判断をするなんて、もはや特殊能力としかいいようがないですよね。
女同士なら相手を理解して、その会話の中でマッチしたことばを選んで話し進めていくのに対し、男性と会話をしだすと全然こちらを思いやったことばがでてこない。「もー!わたしのことを理解してくれないなんてその程度の気持ちなんでしょ!」と、怒鳴りたくもなるでしょう。しかし、これはさきほどいった特殊能力が標準装備じゃないから、諦めるしかないのです♪オプション装備するのなら、それなりのレッスンを男性としなくてはなりませんね♪

おわりに

いかがでしょう?わかりあえないことに悲観的にならずにいられそうですか?問題解決へまっしぐらに取り組む男性と、問題解決するためにどういった手段がいいか、それを実行したら相手や自分や周囲はどう感じるかも考えながら詰めていきます。こうして知るととても面白いですよね。お互いに違いを把握して、相手の特徴によりそった思考と行動で接するようにすると、いままでとはちょっと違った結果が得られるかもしれませんよ。
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up