夫は番組制作会社のAD! 忙しすぎる夫に我慢できなくなった妻

離婚ファイル③ 柏木真由美(仮名)33歳
真由美さんは派遣OLをしながら、27歳の時に同じ年齢の夫と結婚した。しかし夫が仕事の関係で、プライベートな時間をほとんど取れないことなどを理由に、32歳で離婚。そんな夫の職業は、テレビ制作会社のADだったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 408view
前回の記事はこちら
ファイル1男の考えるセックスレス、女の考えるセックスレス。その狭間での不倫(上)
ファイル2男の考えるセックスレス、女の考えるセックスレス。その狭間での不倫(下)

夫は番組制作会社のAD!忙しすぎる夫に寂しさが積もる

  • 夫は番組制作会社のAD!忙しすぎる夫に寂しさが積もる
「彼はテレビのバラエティ番組などを制作する会社に勤務していたのですが、ほとんど休みがありませんでした。たまに休めても月に1、2回で、独身時代は会社に泊まり、家にもほぼ帰らないという生活でした。でも結婚後は、無理して帰ってきてくれるようにはなったのですが、それが朝方の4時だったりと普通の仕事では考えられないような時間ばかり。特に辛かったのは、そんな時間に私を起こすと、むさぼるように私の体を求めてくることでした」

 真由美さんは、OLとして働いていたため、時間の合わない夫との生活に苦痛を感じていた。土日も夫が休みを取れないため、周りの友達と遊んで寂しさを紛らわせたという。

「今はADだから仕方ないのかなと思って、夜中に帰ってきても食べられるように夕食を常に5品くらい作っておいたり、日中はメールでコミュニケーションを取ったりして私なりに彼を支えているつもりでした。でもそんな日々の中、よく胸をよぎっていたのは、もしこの状態で私たちに子供がいたとしたら、夫は面倒を見てくれないんじゃないかという不安です。それに運動会にも、絶対夫は顔を見せないのだろうと。そうなると子供がかわいそうだなと思い始めていました」

夫がディレクターに昇格!これで忙しさも落ち着く……?!

  • 夫がディレクターに昇格!これで忙しさも落ち着く……?!
そんな矢先、夫がディレクターに昇格を果たした。
真由美さんは、これで生活が落ち着き、子供も作れるだろうと安心したという。しかし彼女の願いは叶わず、仕事の拘束時間や内容は今までとまったく変わらなかった。

「夫の出世は仕事内容が評価されたというよりも、長年務めていたから、ディレクターに上がっただけだったんです。なので給料もほとんど変わりませんでした。私はただのOLなのでクリエイターの世界の事はよくわかりませんが、それでも何年も一緒にいると、この人は仕事ができないんじゃないかと薄々感じてましたね。ある時、いつも思っていた疑問を聞いてみたんです。『あなたの会社の先輩達は、家庭とどのような距離感で接しているの?』と。そしたら彼は、『会社に結婚している人間はいないよ』と言ったのです。その時、夫は結婚できない仕事をしているのだと怖くなりました。

それから数日後、私はADと結婚したという後輩がいたので、食事に誘って話を聞いみました。
彼女によると、確かに忙しいとは言っていましたが、私の夫と後輩の夫では、決定的な違いがあったのです。それは後輩の夫はテレビ局勤務なので、制作会社勤務の夫とは給料が雲泥の差だということ。寝る間を惜しんで20万円の給料しかない夫と違い、後輩の夫は高給取り。だから後輩の夫は、たとえ休みが少なくとも、たまの休日には豪華な海外旅行に連れて行ってくれたり、『寂しい思いをさせてごめん、キミのお母さんと2人でエステに行っておいで』とお小遣いをくれたりと、妻のことをしっかりとケアしていました。さらに彼女は専業主婦です。そんな話を聞いて、私はさらに惨めな気持ちになっていきました」

結婚は「生活」していくということ

「彼は優しい人だけど、テレビ業界でやっていくには押しも弱いし、人見知りな性格だから向いてないんです。だから正直、もうこの人には伸びしろがないんじゃないかなと思っていましたし、生活も限界だったので、離婚したいと打ち明けました。すると『なぜ急にそんなことを言うのか』と反論されましたが、私は『子供もほしいし、収入と時間のバランスが悪い。だから一緒に生活するのは大変すぎる。それがいつ終わるのかわからないという所が特に苦しい』と正直に全部話しました。相手のご両親にもちゃんとそういう事情を話すことで、私達の離婚は成立したのです」

して良かったと心から思える『離婚』 わたしたちの離婚の形

真由美さんは離婚するタイミングで、派遣の仕事も辞めた。それからはブログカスタマイズの勉強を始め、現在はフリーで様々な企業から仕事を請け負っているという。

「バツイチの友人から、離婚後は結婚していた期間の3倍長く引きずる、という内容の話を聞いていたため、私も気持ち的に落ち込むかなと思っていました。でもいざ離婚してみると、1ヶ月くらいは沈んでいたものの、そのあとは逆に開放的な気分になって、生きる活力が湧いてきたんです。それからはSNSで婚活も始め、新たな出会いも探すようになりました。自分の時間、夫婦の時間を取れる仕事をしている男性だけに的を絞り、自営業の男性と仲良くなり、再婚しました。今の夫は自宅で仕事をしているため、時間の都合をつけやすいということが、なによりもうれしいですね」

真由美さんは先日、妊娠も発覚し、充実した幸せな日々を送っているという。


(取材/構成・篠田エレナ)
◼︎離婚の関連記事
● 「離婚したい!」そう思ったときに、まずは読んでほしい夫婦のあり方
● 浮気をされたら許してはいけない!本当の理由と浮気をされた後の正しい行動
● セックスレスに効果あり!イランイランの香りとは
● あなたは浮気性?それとも一途?あなたの本性を見分けるポイントはここ!
● 《要チェック》彼がこんな行動をしたら、あなたの浮気を疑っているかも?!

他の恋愛の記事を読む >
  • わたしたちの離婚

    “死が二人をわかつまで” そう誓ったけれど簡単に壊れてしまうことがある。浮気・DV・お金・SEXレス・嫁姑…、本当のところは2人しかわからない。語られることの無かった、いろんなカップルの悲しいぐらいにリアルな【離婚の形】を取材を元にお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up