男の考えるセックスレス、女の考えるセックスレス。その狭間での不倫(下)

離婚ファイル① 横田亜美さん(仮名)31歳。
28歳で結婚後、性生活の不一致から夫とギクシャクし始めた亜美さん。そんな時、仕事で出会った夫の後輩男性と惹かれ合い、やがて2人は肉体関係を結んでしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 254view
前回の記事はこちら
男の考えるセックスレス、女の考えるセックスレス。その狭間での不倫(上)

抑えられない気持ち…「離婚してもいい」

  • 抑えられない気持ち…「離婚してもいい」
「1度でもそういう関係になると、気持ちが抑えられなくなるため、1日に何百通ものLINEを送りあったり、頻繁に会うようになりました。それで帰りが遅くなってしまい、夫には仕事関係の編集者と飲んでいたとか嘘を付いたりしてましたね。次第に旦那は『結婚してるのに出歩きが酷い!』と、私に怒るようになります。それで関係がますます悪くなっていきました」

 そんな生活が続くことで、亜美さんは新しい恋人に燃え上がる気持ちも後押しし、離婚してもいいと考えるようになった。しかし夫に対してまだ情があること、そして両親をガッカリさせたくないという気持ちと、ささやかな式を挙げたことなどが重なり、ギリギリの所で思い留まっていた。

募る夫の不信、開いてしまう2人の距離

  • 募る夫の不信、開いてしまう2人の距離
「夫の目が厳しくなることで、しばらくは出歩かず大人しくしていたんです。なのに彼は怒ってから2週間、1度も口をきいてくれませんでした。それで完全に私の心が折れてしまい、結局また恋人に逃げるようになるわけです。でも再び家を空けるようになると、夫は少し優しくなるんですよね。だから私は、適度に付かず離れずやるしかなくなり、旦那と恋人でバランスを取るようになりました」
 
 夫婦としては破綻寸前という状況の中、亜美さんと夫は海外旅行へ行くことになっていた。なぜなら亜美さん夫婦は、結婚から1年後に新婚旅行へ行くことが前々から決まっており、すでに予約も済ませてあったため、行かざるを得なかったのだという。

「恋人は私達が新婚旅行へ行くことをとても嫌がっていました。そこで私は、恋人に寂しい思いをさせているという罪の意識から、旅行先で彼のお土産を探すことに集中したのです。まさか後輩と不倫しているとは思ってもいない旦那にも協力してもらい、恋人に似合いそうなTシャツを一緒に選びました」

そして帰国してからも、亜美さんは2足のわらじを履くような生活を続けていた。

だがそんな生活に突然、終止符が打たれることとなる。

ついに不倫発覚!皮肉な展開に……

  • ついに不倫発覚!皮肉な展開に……
「仕事の締め切りなどで疲れており、スマホを側に置いたまま寝てしまったときのことです。『亜美なにしてるの?』という画面に表示された恋人のLINEを、旦那に見られてしまいました。夫は機械に疎く、通話アプリやSNSもやったことがありません。なので私のスマホを触ることなんてないだろうと思い、パスコードも設定していませんでした。しかし夫はそのメールで、なぜ亜美と呼び捨てなのかと疑問に感じ、私が爆睡している横で、今までのやり取りを遡って見たそうです。

もうそこから夫は、眠る私を起こして『なんだこれは!』と大激怒です。特に後輩と不倫していたことが気に入らないらしく『よくもあんなヤツのお土産を一緒に新婚旅行で選ばせたな!』と怒っていました。さらに夫は何回セックスしたのかという下世話なことまで執拗に聞いてくるのです。正直、恋人と深い関係になって半年経っていたので、数え切れないほどセックスはしました。でも咄嗟に4回と答えちゃいましたね。セックス自体はLINEにそれを彷彿とさせるやり取りがあったため、していないというごまかしはできなかったんです」
「今までの恋人との関係は、家庭と共になりたっていたから、単独では成立しないと思ったんです。なのでその時点で恋人とは別れることにしました。一方、夫からは、なぜこんなことをしたのかと何度も聞かれるため、寂しかったことや、セックスレスなのに真面目に取り合ってくれなかったことなどを正直に打ち明けたのですが、夫は『セックスレスじゃない!』と思わぬ反論してきたのです。その時に私は、男の思うセックスレスと、女の思う期間は違うのかもしれないと思いました。夫は2ヶ月に1回していればレスではないという認識なのですが、私はそれはレスだと思っていたからです。彼は出会った最初からそういうペースだったで、元々不安や寂しさを感じていました」

あっけない幕切れ……わたしたちの離婚

  • あっけない幕切れ……わたしたちの離婚
その後2人は、なんとか夫婦関係を修復しようとするも、テレビドラマや映画などで不倫の話題が流れると、気まずい空気に包まれた。そういったことが続き、もう元に戻るのは不可能と判断。やがて亜美さん夫婦は離婚に至った。

「あのまま関係を続けることは難しかったですし、離婚を機にとても生きやすくなりましたね。後悔はしていません」

 セックスレスが招いた今回の離婚。現在、亜美さんは新たな恋人と共に、第2の人生を謳歌しているという。



(取材/構成・篠田エレナ)
◼︎恋愛の関連記事
《要チェック》彼がこんな行動をしたら、あなたの浮気を疑っているかも?!
スマホやアクセサリーを見直して!確実に恋愛運を上げる方法
浮気なんて考えられない!彼や夫の浮気防止のおまじない教えます♡
あなたは浮気性?それとも一途?あなたの本性を見分けるポイントはここ!
カップルの喧嘩発展はクセがあった!喧嘩したらシンプルに謝りましょう☆
  • わたしたちの離婚

    “死が二人をわかつまで” そう誓ったけれど簡単に壊れてしまうことがある。浮気・DV・お金・SEXレス・嫁姑…、本当のところは2人しかわからない。語られることの無かった、いろんなカップルの悲しいぐらいにリアルな【離婚の形】を取材を元にお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up