恋愛の賞味期限はたったの3年!エンドルフィンをしって恋愛を長続き♡

エンドルフィンとは神経伝達物質のひとつで、多幸感や充実感を与えてくれる脳内物質です。また過度のストレスに直面しているとき、興奮状態にあるときにも分泌されます。安らぎや集中力を作り出すものでもあります。これは恋愛、仕事、勝負、友人や家族との関係など、場面を問わず分泌されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 192view

恋愛と脳内物質

  • 恋愛と脳内物質
恋をしていると、ふとしたときでも好きな人のことを考えてにやけてしまう、なんだかワクワクする、相手の言動ひとつひとつにドキドキしてしまう、思い出すと胸がキュッとなる、などといった状態になります。
これはエンドルフィンとは別の「PEA(フェニールエチルアミン)」が脳内で発生しているためです。その影響で興奮作用のあるドーパミンも分泌されています。
それが続けば良いのですが、時間の経過とともに、その状態に慣れてしまったり、ドキドキを感じにくくなってしまいますよね。あの頃のドキドキはどこにいったんだろう…昔はすごく素敵な人に見えたし、いろいろなことがキラキラしていたのに…という経験がある人も多いのではないでしょうか。この原因は脳内物質によるものです。PEAやドーパミンは、分泌される期間が限られているからです。

●恋の賞味期限は3年?
よく「恋の賞味期限は3年」と言いますが、単にこれらの物質が作用して「陶酔感」を得られるのが3年前後である、ということです。延々とこういった物質が脳内で出続けていると、異常な状態が続きすぎて脳が壊れてしまいます。
それを防ぐために、人間の体はこれらの放出される期間をちゃんと決めているのです。ずっとドキドキしていたい、ずっと新鮮な気持ちのまま、刺激ばかり受けていたい…とも思いますが、それは不可能です。

どうすれば新鮮さがなくなっても、楽しい恋愛を続けられる?

  • どうすれば新鮮さがなくなっても、楽しい恋愛を続けられる?
ここで「エンドルフィン」が活躍します。
長く付き合っていると、最初のころに見ていた部分、例えば状況や雰囲気、容姿、みんなが知っているその人の「価値観」ではなく、ふとした仕草がすごく好き、一緒にいると落ち着く、ありのままの自分でいていいと思える…といった、穏やかな幸せを感じられるようになります。
楽しいことばかり続かなくても、辛いことがあっても、この人がいれば大丈夫だと感じられるような存在になるのですね。それは「彼本人の魅力」だけではなく、恋愛を楽しめるように興奮させる効果がある「PEA」や「ドーパミン」が大活躍する時期が終わり、「彼の本当の魅力」や「パートナーがいるありがたさ」を感じられるよう「エンドルフィン」が活躍している状態なのです。
はじめは誰だって、ドキドキしたり、実際以上によく見えたり、素敵なものだと感じるものです。その「脳内物質の作用」が終わったときに、どうするかがポイントです。
例えば、急に彼の欠点が見えてしまったり、魅力的だと思っていた部分に対して何も感じなくなってしまったり、前は勢いだけで動けていたのになんだか腰が重いときなど「なんだ本当はつまらない人だったんだ」とは思わないことです。それは彼に責任があるわけではありませんし、彼だって同じことです。
そこで「この恋は終わった」などと思わず、ゆっくりと時間をかけて、彼を見ていきましょう。冷めた、飽きた、と感じてすぐに諦めてしまうのはもったいないことです。それを繰り返すようでは「恋愛遊び」をいつまでも続けて「ドキドキ」がいつもあってほしいだけ、ということになってしまいます。

本当に誰かを愛したい、愛されたい、パートナーが欲しい…「一時的」ではなく、安心できるような心強い幸せが欲しいと思ったら、我慢も必要です。突然やってくる「あれ、なにか違う」を、彼や自分のせいにせず、ここからが本当の始まりなんだと思うことです。
誰だって欠点や合わない部分はあります。魅力的な部分しかない人などいません。「冷めた」ではなく「落ち着いた」ととらえるべきですね。ゆっくりと、彼と手を繋いであるいてみましょう。今まで言いたかったけど言えなかったことを吐き出してみましょう。

仕事や人間関係で辛い時、苦しいときに、自分の気持ちを優先してくれる人がいる、会って話を聞いてくれる人がいる、ということのありがたさを素直に受け入れてみましょう。彼だって同じはずです。焦らず、彼の好きなところ、彼に理解されている部分、彼がいるありがたさをきちんと感じていれば「エンドルフィン」が恋愛を長続きさせてくれます。

気をつけなければいけないこと

  • 気をつけなければいけないこと
気をつけなければならないのは、互いに「陶酔状態」であるうちに結婚することです。つまり、運命的な出会いや、この人しかいないと強烈に思っても、出会って日が浅いうちに結婚してしまうと、興奮状態、陶酔状態から抜けだした時に一気に「この人との結婚は間違っていた」と思ってしまいます。付き合っているだけではないので、日々の生活や一緒にいることに負担を感じてしまいます。
◆恋愛の関連記事
マンネリ打破は食が幸せの鍵♡カウンセラー直伝ベストカップル専用レシピ!
カウンセラー直伝!簡単メンタル美人術「何故か好かれる魅惑の質問」
恋愛する気持ちになれない!そんな自分を奮い立たせる方法教えます!
恋愛体質の方へ!やめられないやめないといけない恋愛を止める方法
大好きな彼や旦那から…好かれている自信がない。そんな時の対処法!
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up