本物とニセモノの運命の人の見分け方!本物だと付き合い方はどうちがう?

あなたが今お付き合いしている彼は本当の運命の人ですか?実は運命の人とお付き合いしているときと、そうではないときにはその違いはわりとすぐにわかるものです。あなたの大好きな彼が本物の相手かどうか、知りたい人はこの先に進んでみましょう。心理カウンセラーで霊気マスターのわたくしオハナが、ポイントをおさえてご紹介いたしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 28074view
◼︎運命の人シリーズ
● 運命の人っている?運命の人に出会う前兆や特徴とその見分け方を教えます!
● この人は運命の人?本物とニセモノの見分け方・付き合い方はどうちがう?
● 最速で運命の人に出会う方法!あなたが運命の人に出会うために必要なこと♡

その彼、本物の運命の人?

  • その彼、本物の運命の人?
以前、運命の人の特徴や出会い方などについてオハナはご紹介いたしました。
今回はもうちょっと踏み込んだ「経験者」にしかわからないことを、お話しいたしましょう。運命の人に関する記述は数あれど、それを実際に経験したうえで書いている人はあまりいないのではないでしょうか。
多くの女性は、今お付き合いしている彼が運命の人なのかどうか、ということも知りたいのでしょう。恋をしているときは誰でも、相手のことを「運命の人だ」と思っているところがあります。それはやはり、脳がその相手に自分の理想をオーバーラップしているからにすぎません。

本物の運命の人かは、けんかをしたときにわかる

  • 本物の運命の人かは、けんかをしたときにわかる
「恋」をして地に足がついていないうちは、はっきりいって運命の人かどうかは本人にはわからないかもしれません。
ですが、けんかを2度3度と繰り返すようになってくると不思議とわかってきます。
運命の人ではない場合、けんか別れをするパターンが多いかと思います。
これは、“自我”のぶつけ合いの末に両者がその取り組みを放棄するからです。
本物の運命の相手である場合、たとえけんかを10回20回と繰り返してもけんか別れになることはまずありません。
それは「放棄しよう」という考えすらないからです。
ふたりの付き合い自体がもう切っても切れないものなので、けんかしようがなにをしようがそれはお互いに思っていることを伝え合うツールであり、“自我”のぶつけ合いとは異なるということです。

本物の運命の人かそうでないか、付き合っていくうちに「あれ?」ということに気付く

  • 本物の運命の人かそうでないか、付き合っていくうちに「あれ?」ということに気付く
お付き合いをはじめて最初のうちは、お互いに相手のことを「理解しよう」と思うし、自分のことを「理解してもらいたい」と思います。時折、変な遠慮なんかも入ったり、相手に好かれたい!なんて思ったり。
ところが、理解しようだなんてあえて思わないし、理解してほしいとも思わないという心境の変化みたいなものが突然やってきます。本当に突然です。
これは別に、相手に対して興味を失ったとかそういったことではありません。
むしろ逆で、相手との意思の疎通が十分にはかれ、なんの誤解もうむ心配もなくなり、ただひたすら信頼という思いだけになります。
「この先もず~っと一緒にいられますように」なんてことも思わなくなります。そんなことを願う必要もないからです。
これは往々にしてけんかを繰り返したカップルにやってくるようです。けんかをすれば、別れの危機も感じたこともあるでしょう。
しかし、別れなかった。というよりも、さらに絆が深まったといってもいいくらいの密着度を感じるようになります。なんの不安も心配もない。ただひたすらに信頼の上に成り立つ愛がある、そういったことです。

波長の法則、ぴったんこ

では、“運命の相手とお付き合いをするとこういう波長を感じることがありますよ”というお話をご紹介しますね。

運命の人は、お互いに納得がいくほど波長の“ウマ”が合う

  • 運命の人は、お互いに納得がいくほど波長の“ウマ”が合う
通常の恋愛関係、いわゆる肉同士の関わりだと、なにかしら相手のちょっとしたところに「ん?」と思ったりするものです。
そのちょっとしたボタンの掛け違いが、付き合いが長くなっても解消されることなくそのまま・・・。そうすると、相手に対して不満や不信感、もしくは不安感といったものを持ってしまうことになります。
こうした付き合いの場合は、ふたりの波長が異なっているのでそのままお付き合いを続けてもなかなか難しいかもしれません。
では、どういったカップルが波長の“ウマ”が合っているのかというと、会話を例にとってみましょう。
なにかひとつの話題に関して、ふたりでお話をするとしましょう。
もちろん討論会ではないので、おいしい食事をしながらわきあいあいでもOKですし、ドライブ中でもどんなシチュエーションでもOK。
このとき不思議とふたりの意見が一緒で、「そうだよね」「うんうん」といった相づちをし、またはお互いに同じ考えや提案をするということに遭遇します。
こうした会話でのワンシーンから、波長の一致に気付くことができるので少し意識してみるといいですよ。
純粋に「わたしたちはウマが合うね」なんてお互いにいい合えるのであれば、可能性が高いといえるでしょう。

運命の人、という魂同士の再会

  • 運命の人、という魂同士の再会
ツインソウルのお話を以前しましたが、運命の人というのは魂同士がもともとひとつだった相手をいいます。
出会う前の生活の仕方や経験値によって、多少の差はあれど元は同じなので波長も同じはずですよ。ですので、ウマが合う!という気付きはとても大切だと思います。
また、恋愛関係に限らずいえることですが、波長が同じ仲間同士はこの世でもあの世でも再会を果たすことができます。
これは、波長のステージが一緒だからですね♪
運命の人に出会えるということは、出会えるステージまで自分は成長することができたんだと思ってもいいと思います。
だから会わせてもらえるのだし、会うことができたのだと思うのです。

2ページ目に続く!

他の恋愛の記事を読む >
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up