最近好きな人すらできない…そんな人に振り返ってみてほしいこと5つ

年齢を重ねると、たくさんの人と出会い、人それぞれの価値観があることを知ってしまい、なかなか人を好きになれない、なんてことも多くあります。それは一体どうしたらいいのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 318view
学生時代は先輩やクラスの男の子をすぐに好きになっていたのに、今は、男性を好きになるということがどういうことかわからなくなってしまったという女性はけっこういます。たまに、一度も男性を好きになってことがないという人も見かけますね。

そもそも人を好きになるとはどういうことなのでしょうか。年齢を重ねるにつれ、理想だけが膨らみ、実際に心がドキッとするような機会は減ってしまいます。表面的な部分で相手を判断しようという理性が働いてしまうのですね。実際に付き合ってみたけれど好きだと思えなかった、という話もよく耳にします。その原因や、どうすれば人を好きになれるのかを考えてみましょう。

①価値観の合わない人ばかりだった

  • ①価値観の合わない人ばかりだった
今まで付き合ってきた人、いいなと思う相手が、ことごとく価値観が合わない相手だと、「そもそも好きってなんだろう」という思考になりがちです。そういった先入観から、人を好きになることが根本的にわからなくなってしまっている場合は、今までの相手がたまたまそうだったと割りきって、できるだけ趣味の合う人、価値観の近い人と距離を縮めてみましょう。

自分の価値観全てを受け入れてくれる人、受け入れられる人はいませんし、違う価値観だからこそ魅力を感じるということもあります。ただ、あまりにそれがかけ離れていると愛情も芽生えにくくなってしまいます。

②自分のことを優先してしまう

  • ②自分のことを優先してしまう
仕事が忙しい、趣味に時間を使いたい、相手に合わせるよりも自分の好きなことをやっていたい…こういうタイプは他人を「好き」と感じる機会が少ないでしょう。そもそも彼氏が欲しくないと思っている場合もありますし、告白されたからとりあえず付き合ってはみたけれど好きにはなれなかった、ということもあります。人を好きになりにくいタイプですし、刺激的な相手に出会った経験も少ないでしょう。
実際素敵な人がいるかいないかは別で、相手に興味を持たないのが原因です。自分の生活を充実させることも大切ですが、他人がどういう考えかたをするのか、どういう感情を持っているのか、結果を出すためにどのくらい努力をしているのか、どういうことに感動するのか…など他人にまず興味を持つことが必要ですし、飲み会や、男性と2人でゆっくり話す機会を作ると良いでしょう。

③友達や同僚より良い相手がいいと思ってしまう(理想が高い)

  • ③友達や同僚より良い相手がいいと思ってしまう(理想が高い)
彼氏をファッション感覚で求めている人に多い傾向です。年収や地位、容姿など、周りよりも優れた人と付き合いたい、普通の人では物足りない…と思っていると、大事なことを見落としてしまいます。最終的に大切なのはスペックではなく、一緒にいて楽しいと思えるか、無理せず自然体でいられるかどうか、です。

そして誰に対しても「相手が好きだ」と言えるほど、相手を理解し、自分を理解される努力です。せっかく魅力的な人がいても、友達の彼氏より年収が低い、容姿が良くない、など、そういった部分で判断しているとなかなか人を好きにはなれません。好きという気持ちは理屈ではありません。なんで好きな人ができないんだろう、なんで彼氏ができないんだろう、と思う原因は、自分の理想の高さにあります。

④焦りすぎている

  • ④焦りすぎている
とにかく彼氏が欲しいと思っていると、とりあえず彼氏を作ることだけ頑張ってしまい、「好き」という1番大切な感情を置き去りにしてしまいます。結果、自分は人を好きになれない、好きってなんだろう、という思いだけが残ってしまいます。

とりあえず彼氏を作り徐々に好きになっていくという方法もありますが、焦った結果であると上手くはいきません。一度、彼氏が欲しい、彼氏がいない状況は嫌だ、という気持ちは捨てて、人を好きになれるまで待ったり、自分を好きだと言ってくれる人を自分も好きだと思えるのかを判断してから付き合うようにしましょう。

⑤好き、ではなく、寂しいから誰かにいて欲しかっただけ

  • ⑤好き、ではなく、寂しいから誰かにいて欲しかっただけ
これもよくあるパターンです。ひとりが寂しいからといって都合の良い人を選んでしまうと余計に寂しい思いをすることになります。誰しも寂しいと思うときはあります。しかし、それが原因で誰かにいて欲しい、自分を好きだと言って欲しいと思うのは間違いです。

一時的な寂しさは埋まるかもしれませんが、「好き」という気持ちではなく「寂しい」という気持ちのほうが明らかに強いので、良い付き合いはできません。そばにいてくれるのであれば誰でもいいやと思ってしまうと、相手も自分も傷つくことになります。

誰でも孤独は感じています。しかし、寂しさに負けていては良い恋愛はできません。「寂しさ」が理由ではなく、素敵だと思える部分があるから、一緒にいて楽しそうだから、と思える相手が見つかるまで耐えましょう。

終わりに

  • 終わりに
人を好きになることは簡単ではありませんが、難しいことでもありません。ちょっとしたきっかけ、ちょっとした発想の転換で、意外とすぐに好きな人ができることもあります。一緒にいたい、もっと知りたい、という感情を大切にしていれば、誰でも人を好きになれるでしょう。
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up