ゴールデンウィークは北海道旅行へ!春に行きたいおすすめスポット3選

2016年のGWは2回有給を取れば、最大10連休にもなる大型連休!せっかくならちょっと遠くまで遊びに行ってみては?今回は3月に開業した北海道新幹線に合わせて、GWに遊びに行ってほしい、北海道のおすすめスポットをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 206view

【はこだて自由市場(函館市)】

  • 【はこだて自由市場(函館市)】
  • 出典: https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink...
函館の美味しい海産物が食べられたり、購入できたりする市場です。

はこだて自由市場に並ぶのは、どれも新鮮なものばかり。物によっては驚くほど安い価格で購入することもできます。

市場の内外では、市場に並んだ海産物を使った、贅沢な海鮮丼などもいただくことができます。カニなどの海産物に目がないという人にとっては、夢のようなスポットかも?

またここでは、海産物だけでなく北海道で採れた野菜や美味しい牛乳なども販売されています。北海道の味覚を存分に楽しみたいなら、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

《基本情報》
名称:はこだて自由市場
住所:〒040-0032 北海道函館市新川町1-2
電話:0138-27-2200
時間:8:00〜17:30 ※店舗によって異なります
休業日:毎週日曜日
はこだて自由市場

【鬼火の路・幻想と神秘の谷(登別市)】

  • 【鬼火の路・幻想と神秘の谷(登別市)】
  • 出典: ybskf
新函館北斗駅から内浦湾をぐるっと周った場所にある、日本有数の名湯として知られる登別温泉。温泉の質もさることながら、ここでは通年、「鬼火の路・幻想と神秘の谷」というライトアップイベントが行われています。

昼間は硫黄の匂い漂う、荒々しい姿が印象的な地獄谷が、夜はライトに照らされて美しい情景へと、その表情を一変させます。21:30まで行われていますので、温泉にゆっくり浸かった後、大切な人と、または友達と、幻想的な雰囲気を楽しんでみては?

《基本情報》
名称:鬼火の路・幻想と神秘の谷
住所:〒059-0551 北海道登別市登別温泉町
電話:143-84-3311(登別観光協会)
時間:日没〜21:30
鬼火の路・幻想と神秘の谷

【大沼国定公園(七飯町)】

  • 【大沼国定公園(七飯町)】
  • 出典: hakodate-kankou.com/see/701
新函館北斗駅から10kmほどの場所にある、南北海道では唯一の国定公園です。

周辺には大小さまざまな沼と、そこに浮かぶ無数の小島、そしてその先に大きな駒ケ岳と、北海道の雄大な風景を楽しむことができます。

公園内は自然散策ができる道が整備されている他、カヌーやサイクリングなども楽しむことができます。タイミングが良ければ、野生のリスやキタキツネにも会えるかも?

都会にはない美しい景色が、きっとあなたの心を癒やしてくれますよ。

《基本情報》
名称:大沼国定公園
住所:〒041-1354 北海道亀田郡七飯町大沼町145
電話:以下より該当施設へお問い合わせください
大沼国定公園 問い合わせ先

【終わりに】

長く厳しい冬を乗り越えた北海道の旅行シーズンは、GWから始まると行っても過言ではありません。4月末から5月の時期は、場所によっては桜が満開になるなど、眠っていた草木たちが美しく芽吹く時期。ぜひGWには北海道新幹線で、美しい自然とおいしいグルメに心癒されませんか?
■北海道の関連記事
3月開業!北海道新幹線で行く北海道のパワースポット巡りの旅!
北海道といえばコレ!おいしいジンギスカンが食べられるお店3選
ついに来春開通!北海道新幹線停車駅のポイントをチェック!
GW(ゴールデンウィーク)は北海道へ!観光におすすめの北海道スポット♪
北海道と言ったらココ!北海道の最強パワースポット北海道神宮の魅力
  • こちゆう

    現在北海道釧路市に住んでいるフリーランスライターです。WEBライティングからパンフレットの文章作成・校正、キャッチコピーなど、さまざまなことをやらせて頂いております。旅行と歌と動物が好きな30代女性です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up