複雑な相手の気持ちキャッチして、丸ごと受け止める「癒され会話美人」!

何故だか会話がかみ合わない、盛り上がらない、それはあなたの会話ブスのせいかも!癒され会話美人を目指して!今回は会話の中での・確認質問の中級編です。今度はたくさん質問をして、相手が思っていること感じていることをたくさん表現してもらって、相手に自分自身で気付いてもらうということを確認・質問を使ってしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 145view

癒され会話美人を目指す!今回は確認・質問中級編です。

  • 癒され会話美人を目指す!今回は確認・質問中級編です。
癒され会話美人を目指して!今回は会話の中での・確認質問の中級編です。

今度はたくさん質問をして、相手が思っていること感じていることをたくさん表現してもらって、相手に自分自身で気付いてもらうということを確認・質問を使ってしていきたいと思います。

それでは、下の文章を読んでみましょう。

この文章、違和感感じますか?

AさんとB君は恋人同士。久しぶりのデートです。

Aさん 「本当にひさしぶり!1ヶ月も会えなかったね」

B君  「うん。仕事本当に忙しかったからさ」

Aさん 「それは仕方ないよね」

B君  「いやほんとまいったよ。急に上司が会社辞めるもんだから仕事俺ばっかりに
     振ってきてさ~」

Aさん 「大変だったね」

B君  「ほとんど終電帰りだったし、体力もきつかったよ」

Aさん 「そっか。じゃ、今日はのんびりしよっか」

B君  「そうだね。それより仕事の話なんだけどさ……。」

Aさん 「……。」

すごーくよくある会話だと思います。違和感どのあたりに感じましたか

久し振りに会えたAさんとB君の温度差。感じてもらえたでしょうか。

Aさん・・・久し振りに会えてうれしい。でも本当は1が月も会えなくて寂しかった

B君・・・・久し振りに会えたのはうれしい。でも俺は1ヶ月本当に仕事が大変だったんだ!!

AさんはB君のことを考えているのに(そのために自分の気持ちを犠牲にしているのに)B君の頭の中は仕事のことでいっぱいです。これでは別れ話にも発展しかねません!
さて、この会話どうだったらよかったのでしょうか。

確認・質問をたくさん使って考えてみましょう。

こんなかんじなら、お互いに納得でしょうか!!

Aさん 「本当にひさしぶり!1ヶ月も会えなかったね」

B君  「うん。仕事本当に忙しかったからさ。Aさんは1ヶ月どうだった?」

Aさん 「うん。仕事はそれなりだったから大丈夫。でもB君に会えなくて寂しかった」

B君  「寂しい思いをさせてごめんね。急に上司が会社辞めるもんだから仕事俺ばっかりに
     振ってきてさ~」

Aさん 「大変だったね。体は大丈夫?」

B君  「ほとんど終電帰りだったし、体力もきつかったよ」

Aさん 「そっか。じゃ、今日はのんびりしよっか」

B君  「そうだね。じゃ、温泉にでもいこうか。のんびりしながらでいいけど
     俺の仕事の愚痴の聞いてきれる?」

Aさん 「うん。温泉いいね。仕事の話も聞くよ!」

B君  「ありがとう!じゃ、行こう!」

AさんとB君の気持ちがつながりましたね

さっきはすれ違っていた、AさんとB君の気持ちが繋がりましたね。

Aさんは・・寂しいという気持ち

B君は・・・仕事が忙しくて大変だったという気持ち

を受け止めてもらえました。

これもお互いに相手の「気持ち」や「状態」を確認したからですね。
お互いを思いやることとはお互いの「気持ち」や「状態」を確認することだったのですね。
そのためにわからないことは「質問する」という姿勢がとても大事ということを癒され会話美人は知っているということになります。

みなさんもこれをヒントに是非、相手の気持ちを常に確認してみてくださいね!
◇関連記事
会話のときの表情使い分けできてる?「癒され会話美人」は表情七変化♪
成果もあがるかも?仕事やオフィスでつかえる風水
会話のリズはム乱さずに!会話のキャッチボールで「癒され会話美人」!
「癒され会話美人」は確認美人♪相手が何を話したいかわかりますか?
今日の会話のポイントわかりましたか?わかっていたら「癒され会話美人」!
相手が話しすぎちゃう!「褒める」合いの手テクニックで「癒され会話美人」
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

Close Up