<プチ心理学> 恋愛でも使える聞き上手になれるポイント♡

聞き上手になるポイントを心理学の側面からご紹介します。教育やカウンセリングの現場でも検証されている事項ですが簡単に普段の日常会話でも取り入れやすいので是非実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 471view

聞き上手は恋愛上手!聞き上手になりましょう

聞き上手は恋愛上手と言われるように話を聞く、聞いてくれる人と思われることは一番の安心感を与えます。これは会話だけでなくメールやLINEでも言えます。「既読スルー」のように既読されているけれども返答がなくスルーの状態は見てもらえていない、脈なし、と判断されてしまいます。会話においても聞いてくれていると思うと話す方も話しやすく自分に興味を持ってくれている、と感じられます。恋愛だけでなく、友人関係、職場でのコミュニケーション、子育てにおいても全てのコミュニケーションの中で共通して言えることですね。

聞き上手のポイントは「あいづち」

よく混同されるため触れておきますが「あいづち」と「うなずき」は異なります。

無意識に常に「うん」「だよね」と言った、うなずきをあいづちとして用いていませんか。あいづちとして少しだけ意識して変えるだけで聞き上手になれる上手なあいづちの打ち方をご紹介します。自分が話を聞くときによく使う表現を確認しましょう

自分が話を聞くときによく使う表現を確認しましょう

  • 自分が話を聞くときによく使う表現を確認しましょう
  • 出典: getnews.jp/archives/260875
うん」「だよね」で軽くうなずいている方が実はとても多いです。

ここで、少し、バリエーションを増やしてみましょう。「素敵だね」と、簡単な一言の感想を入れたり、「ほー」と、感情の入った表現を用いたり、オウム返しも有効です。

相手の話のペースに合わせましょう

早く話したいのか、じっくり聞いて欲しいのか、ペースによって変化させます。さらに表情と動作も相手のペースに合わせて変化させます。これらの変化だけでも十分に聞いてくれている、聞き上手としてのポイントアップになります。
例えば何気ない簡単な会話を例に挙げてみます。
A:「昨日、ランチに行ったの」
B:「うん」
A:「おいしくて良い感じのお店だったよ」
B:「そっかー」

この例を先述ポイントに基づいて少し変化させます。
A:「昨日、ランチに行ったの」
B:(向き合うようにして)「へぇーどうだった」
A:「おいしくて良い感じのお店だったよ」
B:「良いねぇー良い感じだったの」

いかがでしょう。Aの立場からすると後述の方が話を続けやすいですよね。オウム返ししているだけですが、話を聞こうとしてくれている様子が伺えます。少しだけ振り返って、あいづちを変化させてみてください。ほんの少しの変化で聞き上手になれます。
◼︎関連する記事
恋愛する気持ちになれない!そんな自分を奮い立たせる方法教えます!
カップルの喧嘩発展はクセがあった!喧嘩したらシンプルに謝りましょう☆
東京の縁結びスポットといえばここ!東京のお伊勢さま*東京大神宮
今すぐ行かなきゃ!東京大神宮は本当に叶う恋愛のジンクスがあった♡
スマホやアクセサリーを見直して!確実に恋愛運を上げる方法
  • 小田ちえみ

    ベビーダンス/キッズダンスインストラクター/心理士
    JAAアロマセラピスト/チャイルドケアコーディネーター
    講師、教員、外資系企業を経て、インターネット企業で女性初の管理職として活躍後、メンタルケアを行うアロマセラピストとして活動。私立高校にて現役相談員。子育てを楽しむママのための学校『mamagaku(ママガク)』公式講師。二児の母。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up