セラピードッグって何?私たちを癒す賢いワンちゃん達!

普段あまり聞き馴染みがないかもしれないセラピードッグ。皆さんの中には、ペットとして犬を飼っている方も多いと思います。飼おうと思った理由は人それぞれだと思いますが、癒してもらいたいからという理由の人は案外少ないのではないでしょうか。実はわんこ達には科学的にも実証される恐るべき癒しのパワーがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 289view

セラピードッグってどんなことをするワンちゃん?

  • セラピードッグってどんなことをするワンちゃん?
セラピードッグとは、病気やケガをした人、高齢者や精神疾患の人などに癒しを届ける福祉活動のために訓練された犬のことをいいます。
犬に限らず、動物を介して行うセラピーのことをアニマルセラピーといいますが、人のストレスを軽減させたり自信を持たせたりすることなどを目的として、犬以外にも猫、ウサギ、イルカなど、情緒性の高い動物が主にセラピーアニマルとして用いられます。

その歴史も意外と古く、1792年に設立されたイギリスの、精神を患った人がいる施設でウサギや鶏などの動物を飼育させることで自制心を身につけさせるという試みが記録されているそうです。

セラピードッグが行う活動には、大きくわけて動物介在活動と動物介在療法という二つの活動があります。
動物介在活動とは、一般の飼い主さんがしつけたペットのワンちゃんと触れ合ったり、芸を見て楽しんだりする活動です。
動物介在療法とは、「療法」という言葉からもわかるように、患者さんや、医療スタッフとセラピーで得た情報を共有しながら目標を立てて進めていくという治療方法です。
どちらの活動も人々に癒しを与えてくれるのは間違いないですが、動物介在療法の方はセラピーのためにプロの訓練士によってしつけられたセラピードッグと、資格を持った医療スタッフがハンドラーとなって行います。

日本では、アニマルセラピーといえば前者の、一般の飼い主さんや団体が活動して行う「動物介在活動」を指すことが多いようです。

セラピードッグはどんな犬種のワンちゃんがいるの?

  • セラピードッグはどんな犬種のワンちゃんがいるの?
絶対にこの犬種でないとダメだという基準はありませんが、やっぱり向き不向きの性格はあります。セラピーに参加する犬は温和で攻撃性がないことがいちばん重要です。
セラピードッグでいちばん多いのが、ゴールデンレトリーバーとラブラドールレトリーバーです。これらの犬種は、盲導犬や介助犬でおなじみですよね。もともと狩猟犬として飼育されていて、主人が仕留めた獲物を回収(レトリーブ)していたことからレトリーバーと名づけられました。
性格は賢くて従順、温和な性格をしていて、しかも好奇心と学習意欲が旺盛なので、訓練がしやすい犬種だといえます。

その他にも、警察犬でおなじみのジャーマンシェパードや、犬種の中でいちばん賢いとされるボーダーコリー、そして、小さくてかわいい小型犬のセラピードッグなら、手足の短いダックスフントやトイプードルなどが活躍しています。
ダックスフントは賢くて活発で人間が大好きです。また、かわいらしい見た目からは想像がつきませんが、プードルは元々狩猟犬として活躍していた犬種です。それが小さくなるように改良されてできたのがトイプードル。そのため、活発で従順、運動能力も高く、しつけが入りやすいです。ペットとして飼うのにも最適な犬種です。

うちの子もセラピードッグになれる?

  • うちの子もセラピードッグになれる?
毎年行われるセラピー適性検査に合格すれば、どのワンちゃんでもセラピードッグになれる可能性があります。

適正検査では、
●人が大好き
●吠えたり、とびついたりしない
●飼い主さんとのコミュニケーションがしっかりとれている
●健康で衛生上問題がないこと
●ワンちゃん自身、セラピードッグとしての活動がストレスにならないこと
などが審査されます。

これらの適性検査は、一度合格すれば終わりではなく、更新時には再び検査を受けなければいけません。また、飼い主さんもアニマルセラピストとしての専門知識、技術、精神を身に付ける必要があります。そのためには、日頃からの愛犬との関わり方がとても大切になります。

どうやって専門知識を勉強するのか、セラピードッグとしてのトレーニング方法を身に付けたらいいのが分からない‥という飼い主さんは、ドッグトレーナーに訓練をお願いする、セラピードッグの活動をしている団体がたくさんあるので、その団体に入会する、などプロに相談してみるのも一つの手です。また、セラピードッグトレーナーになるための学校もあります。

愛犬とセラピー活動を始めるために、あらためて犬の生態を学んだり、トレーニングを始めたりすることによって、普段以上に愛犬と関わる時間も増え、同じ目標を持つことで、さらに愛犬との絆も深まっていきます。
また、晴れてセラピー活動に参加できるようになると、飼い主さんにも愛犬にも、それぞれ自信がついて、また、人の役に立つことで充実した日々を過ごせるはずです。
興味がある人はぜひセラピー活動に参加してみてくださいね。


■癒し・犬の関連記事
新CMにキュン♡五代様が今度は家事に疲れた主婦を癒してくれるらしい♡
可愛すぎて悶絶♡癒されすぎて困る猫動画まとめ
癒しを与えてくれる人♡一緒にいて癒やされる人の特徴とは?
やらなきゃ!でも、やる気がでない!そんな時の考え方と対処法7つ!
品薄!話題のしまホイ知ってる?犬たちが大喜びのワケとは
あなたの愛犬は幸せですか?愛犬のストレス解消法と見分け方
<猫好き・犬好き診断>あなたの性格や行動力がわかります!
  • ちょこ

    プロフィール 星占術をはじめ、哲学や心理学、精神世界を探求し、自分らしく生きられる方法を日々模索しています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up