今日からはじめたい!つらい運動はしない♪スキマ時間に出来るダイエット

フィットネスクラブに通ったり、ランニングを習慣づけても長続きしないものです。仕事や家事で忙しいと時間も作りづらいですし、疲れてしまって余裕がありません。でも痩せたい、好きなものを食べたいけれど太りたくない、そんなとき簡単にできる「スキマ時間ダイエット」を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 183view

①バランスボールを購入する

  • ①バランスボールを購入する
動いた分カロリーを消費する、というのはもちろん間違いではありませんが、基礎代謝によって消費するカロリーや体脂肪率が変わります。

ストレッチをすることで体が柔らかくなり基礎代謝がアップします。さらには姿勢や血行がよくなるという効果もあります。バランスボールは手頃な値段で購入できますし、テレビを見ながら、音楽を聞きながら…など「ながらストレッチ」ができる便利な道具です。体への負担も少ないので長く続けられるでしょう。

バランスボールにはいろいろな姿勢での使いかたがありますが、まずは
・両足を地面から離し、バランスをとりながら2、3分座る
・バランスボールの上に仰向けになり、何回か上体を起こす(腹筋運動)
このふたつからはじめてみましょう。これらが自然と、空いた時間や何かをしながら習慣としてできるようになってきたら、背筋やおしり、太もものストレッチにもチャレンジしましょう。負担の大きいダイエットから始めるよりも、基礎代謝をあげたり血行を良くして、むくみをなくしたり、痩せやすい体にすることが重要です。
そのためには、日常的に視界に入るものを使い、無理なく始められるバランスボールがおすすめです。

②ひと駅分歩く、自転車ではなく徒歩で移動する

  • ②ひと駅分歩く、自転車ではなく徒歩で移動する
仕事が早く終わったとき、天気が良く時間的に余裕があるときなど、30分前後歩きましょう。歩くという運動は、ダイエットにはとても効果的です。

かかとをしっかりつけて、足先で踏み上げるように、足全体を使い、できるだけ大またで歩きましょう。脂肪が燃焼し始めるのは、有酸素運動を行ってから20分ぐらいだと言われています。30分歩けばダイエットにも大きな効果があります。

長く歩きすぎると疲れてしまったり、筋肉痛・むくみを引き起こすこともあります。また、ヒールやブーツは効果がないどころか足に負担をかけるのでおすすめできません。運動靴を用意しておくと便利ですね。時間があるときに無理のない程度に行うのが、効果も出やすく継続しやすい「スキマ時間ダイエット」です。

③職場でもできる簡単ストレッチ

  • ③職場でもできる簡単ストレッチ
道具も場所もいらない、仕事中でもできる簡単なストレッチがあります。デスクワークで疲れたとき、休憩時間、トイレなど、簡単にできるので試してみてください。

1、まずは呼吸を整えます。大きく吸って、大きく吐きながら両腕を真上にピンと伸ばします。両手のひらを外側に向け、腕を伸ばしたまま両腕で円を描くようにゆっくりと下ろします。横から見た時にまっすぐなるよう意識すること、ゆっくり下ろすことがポイントです。胸を張り、少し背中側で腕をまわせると良いでしょう。これを3回繰り返します。たったこれだけですが、程よい疲労感があります。肩こり防止効果もあるのでおすすめです。
2、胸を突き出し、両肩をできるだけ後ろへまわし、肩甲骨を寄せます。苦しすぎない程度のところでいったん止め、息を吐きながら肩と腕を下ろします。実際には5センチほどしか下がりませんが、胸がぐっと開くイメージをすることがポイントです。これも3回繰り返しましょう。前かがみになりがちな人は、このストレッチを行うことで姿勢もよくなります。
3、床に足を曲げて座る、もしくは椅子の上であぐらをかき、両膝を同時に外側へ倒します。床や椅子に両太ももがくっつくのが理想ですが、体の硬い人は無理せず、できるところまで倒し、数秒その状態をキープします。股関節がほぐれると、下半身のむくみがとれてすっきりします。
他にも、屈伸や伸脚、アキレス腱伸ばしを行うとさらに効果がアップします。

④寝る前にストレッチ

  • ④寝る前にストレッチ
1、布団の上で開脚し、手を広げて上体を前に倒します。
2、1のように開脚し、片足の指と両手の指をくっつけるように体を伸ばしましょう。右足・左足とも、ゆっくり息を吐きながら、痛くならないギリギリのところまで伸ばしましょう。
3、布団に仰向けになり、両手をお尻の下に置きます。そして、お尻から足の先までを垂直にまっすぐ、ぐっと上に持ち上げます。
バランスがとれなかったり、苦しくて続けられないようであれば、手でお尻を支えて持ち上げたり、足を垂直ではなく頭のほうへ伸ばしてみてください。程よく疲れる程度まで続けましょう。
仰向けになり、手足を伸びのような感じで思い切り伸ばしたり、足を絡ませた状態で腰を左右にひねって背中のストレッチをするのも良いですね。安眠とダイエット、両方の効果が得られます。
痩せよう!ダイエットをしよう!と意気込んでも続かないものです。スキマ時間ダイエットや、ながらダイエットなど、時間も労力も使うことなく、代謝を上げながらラクにダイエットしましょう。
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up