相手が話しすぎちゃう!「褒める」合いの手テクニックで「癒され会話美人」

何故だか会話がかみ合わない、盛り上がらない、それはあなたの会話ブスのせいかも!会話ブスチェックで、癒され会話美人に!今回は「合いの手」の入れ方です。
ちょっと受身になりかちな「聞く」を「攻め」と考えて印象づけられる人になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 243view

目指せ癒され会話美人!今回は合いの手についてです!

  • 目指せ癒され会話美人!今回は合いの手についてです!
癒され会話美人を目指すこの企画。

今回は「合いの手」の入れ方です。
よく「あいづち」と言われるものですが、あいづちというと「はい」「そうなんですね」「うんうん」など受け止めるものを連想されると思います。

もちろん、これらは基本中の基本なのでしっかり会話で使ってほしいのですが、まだまだあいづちのバリエーションがあるので、ちょっと受身になりかちな「聞く」を「攻め」と考えて印象づけられる人になりましょう!

「褒める」合いの手が有効な理由

まずは以下の会話を見てください。

Aさん 「私この間、台湾に行ったの」

Bさん 「そうなんですか」

Aさん 「台湾は食事がすごくおいしくて」

Bさん 「そうなんですね」

Aさん 「あと、交通費がすごく安いんです」

Bさん 「ほお」

Aさん 「行ってみるといいと思いますよ」

Bさん 「はい是非」

なんとなく盛り上がらない会話ですね。でもあいづちはちゃんと打っています。

では、この会話に褒める要素を入れたあいづちを追加してみましょう。

Aさん 「私この間、台湾に行ったの」

Bさん 「台湾!いいですね!」

Aさん 「台湾は食事がすごくおいしくて」

Bさん 「食事がおいしいのは一番ですよね」

Aさん 「あと、交通費がすごく安いんです」

Bさん 「食事がおいしい上に交通費が安いなんて最高じゃないですか」

Aさん 「行ってみるといいと思いますよ」

Bさん 「絶対行きたいです!」

話をしたAさんが喜ぶ顔がみえるようですね。
相手が提供した情報が非常に有意義だったということを「褒める」という、かたちで表わすものです。もし自分が知っている情報であったとしても、相手が良い情報として教えてくれているのですから、そのことに「ありがとう」という気持ちで「褒める」合いの手をいれましょう。


知っているときはこんな合いの手もいいですね。

Aさん 「私この間、台湾に行ったの」

Bさん 「わ!いいですよね!台湾!」

Aさん 「台湾は食事がすごくおいしくて」

Bさん 「ね!私もルーロー飯とかすごくハマりました!」

Aさん 「あと、交通費がすごく安いですよね」

Bさん 「そうそう!地下鉄なんかも綺麗ですしね」

Aさん 「何回くらい行かれたのですか?」

Bさん 「1回だけですが、とっても楽しかったです!」


共感することで、より一層盛り上がりが出ますね。

今回のポイント!

【今回のポイント】
合いの手は はいやうんだけではありません 褒めると共感大事にしよう

聞いている方も会話に積極的に参加することが、癒される会話美人への近道ですね。
◇関連記事
今日の会話のポイントわかりましたか?わかっていたら「癒され会話美人」!
第一印象が大切!異動・転職時に押さえておくべき3つのマナーのポイント
会話のときの表情使い分けできてる?「癒され会話美人」は表情七変化♪
成果もあがるかも?仕事やオフィスでつかえる風水
会話のリズはム乱さずに!会話のキャッチボールで「癒され会話美人」!
仕事のできる人はやっている?!仕事運をあげる4つの行動
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up