青の洞窟のある眞栄田岬から恩納村までのビーチと散策スポットが素敵!

沖縄本島でダイビングをするならまずはココと言われる「青の洞窟」。海の中も、地上も、まさに沖縄らしい自然に囲まれた場所であり、リゾートエリアでもある恩納村の観光スポットを旅してきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 288view
恩納村の南に位置する真栄田岬からスタートします。
沖縄自動車道の石川ICで降りてから約20分のところにあります。残波岬からは北に向かって車で15分のところにあります。駐車場は有料です。
真栄田岬は、こちらも残波岬と同様に琉球石灰岩が隆起してできた断崖の上にあります。天気がよければ、岬の先から沖縄特有の海と珊瑚礁との青と緑のグラデーションを楽しむことができます。リーフ近辺のグリーンや水色の海の色が気持ちを明るくしてくれます。

ダイビングの有名スポット「青の洞窟」

  • ダイビングの有名スポット「青の洞窟」
眞栄田岬自体が観光ポイントですが、それ以上に有名なのは、青の洞窟でのシュノーケリングとスキューバダイビングです。
恩納村、読谷村等の近辺のすべてのダイビングショップで、この青の洞窟をダイビングスポットとしたコースを用意しています。
特に天気の良い春から夏場は、魚の数よりもダイバーの数が多いのではないかと思うほどの混雑ぶりとなっています。
海底が砂地であることから、多くのダイバーが訪問することで巻き上げてしまい、洞窟の中が濁ってしまう場合があります。洞窟でのダイビングも旅程の一つとして入れる場合には、なるべく朝早い時間でのダイビング、シュノーケリングを企画すると良いでしょう。

洞窟なので中は暗いですが、洞窟の中を進んでから振り返って見た日の光が海の中まで刺さっている姿が、とても神秘的で天使の光が降りてきているように見えます。

絶景が隠れている真栄田岬近辺

  • 絶景が隠れている真栄田岬近辺
真栄田岬には公園があり、タコライスや沖縄そば(真栄田そば)を食べることができる食堂、売店もあります。
ちなみに、この食堂の沖縄そばは沖縄そばランキングでも上位にランクされています。また、あまり人は通らないのですが、真栄田岬から北側の山田方面に散策道があります。
ハイビスカスに見守られた遊歩道を歩きながら、途中、東屋で潮風を感じながらお弁当を広げるのもよいかと思います。ちなみに駐車場は1時間100円です。

沖縄の食材、お土産が揃っている「おんなの駅なかゆくい市場」

  • 沖縄の食材、お土産が揃っている「おんなの駅なかゆくい市場」
真栄田岬を後にしたら、県道6号線を北上し「おんなの駅 なかゆくい市場」へ寄り道しましょう。国道58号線沿いで、読谷村から恩納村に入ってからしばらくすると見えてくるのがこの「おんなの駅なかゆくい市場」です。

その言葉の通り、沖縄の特産品を扱う市場と沖縄料理や地元の食材を使った飲食店が併設し、なかゆくい(ひと休み)できる場所です。

もう少し市場の様子を見てみましょう。地元で採れた野菜や果物、そのほかお土産になるような加工品も多く扱われています。楽しみはフルーツですね。年間を通して途切れることのないさまざまなフルーツを楽しむことができます。1月のタンカンから始まり、アテモヤ、パッションフルーツ、マンゴー、パイナップル、ドライフルーツ、シークヮーサー等です。市場の外には、飲食店が並んでいます。海の幸を扱う水産物販売コーナー、てびちのから揚げ、フルーツパーラー、サーターアンダギー、そして当然ながら沖縄そば。

沖縄でしか食べられない食材をここでほとんど味わうことができると思います。長いドライブを計画している方は、途中で立ち寄り、心も胃袋も充電していくと良いでしょう。

2015年オープンしたばかりの文化情報センター

万が一駐車場がいっぱいなときには、少し離れてはいますが、隣接する恩納村文化情報センター・博物館の駐車場も無料で利用できますので、活用ください。

文化情報センターは、2015年にオープンしたばかりで、図書館も兼ねた沖縄の情報発信基地にもなっています。
文化情報センターは、1階に観光情報フロア、2階が図書情報フロアとなっています。
観光情報フロアでは、沖縄観光に関連する情報誌やパンフレットを手にとることができ、また主に沖縄北部に関する情報をデジタル端末で検索し、情報収集することもできます。

図書情報フロアは通常の図書館ですが、ここの見どころは、棚から持ち出して読書できる場所が、海を眺めながらの絶景ポイントであり、文字を追って疲れた目をガラスの外の景色に向けると、一気に目も、頭も、心も潤うこと間違いなしです。

仲泊にあるシーサイドドライブインもおすすめ

恩納村博物館は、自然の恵みの中で生きてきた恩納村の人々の生活に触れることができる「恩納のくらし」、恩納村という土地の歴史を垣間見ることができる「恩納のみち」の2つのゾーンがあります。
厳しくも優しい自然と共に生きてきたかを疑似体験できるようになっています。入館料は無料です。

「おんなの駅 なかゆくい市場」でのつまみ食いでは足りないという方は、仲泊(なかどまり)にあるシーサイドドライブインをお勧めします。
ここは24時間営業であり、またテイクアウトもOKです。恩納村の58号線の旧道沿いにあるドライブイン。1967年オープンでほぼ半世紀。沖縄ならではのアメリカンな雰囲気で、外観も看板も内装も、映画のセットのようです。

席は是非海岸沿いを選んでください。ここからの景色はまるで一枚の絵を見ているようです。テイクアウトでは、スープ200円がお勧めです。スープという名前ですが、中身はクラムチャウダーです。これにカウンターに置いてある胡椒をパパッとかけて飲むと海の香りと合わせてコクのあるスープを堪能できます。

ムーンビーチ、タイガービーチ近辺は予約が必須!

  • ムーンビーチ、タイガービーチ近辺は予約が必須!
再度58号線に戻り北上していきましょう。

恩納村は沖縄本島のほぼ真ん中あたりの西海岸に位置しています。地図を見ると、東西は4.2km、南北は27.4kmと細長い形をしています。恩納村の海岸線は、サンゴ礁やきれいな砂浜が広がっているため、多くのリゾートホテルが隣接する場所でもあります。

特に賑わいをみせるのは、ムーンビーチ、タイガービーチ近辺ですね。一年を通じて、通り沿いには多くの人が歩き、レストランや居酒屋も特に夜は人が絶えない地域です。ほとんどの居酒屋では、沖縄の郷土料理を楽しめ、また島唄の三線ライブを鑑賞することもできますので、ライブが開催される時間を確認して混雑でお店に入れないことがないように予約をいれておくとよいでしょう。

沖縄らしい海ブドウ、もずく、ジーマーミ豆腐、グルクンの天ぷら、チャンプルー、ラフテー、ミミガー等舌鼓を打つこと間違いなしです。沖縄は一年を通して湿度が高いため、のどごしが軽く飲みやすいビールが合いますね。その他、沖縄のアロハシャツであるかりゆしなどの衣料品店や貝などのお土産屋さん、ダイビングショップなどが立ち並んでいます。コンビニエンスストアも複数件ありますので、買い物にも便利な場所です。

象の鼻が特徴の万座毛

  • 象の鼻が特徴の万座毛
最後に、恩納村一の景勝地であり沖縄観光の定番中の定番である万座毛に参ります。駐車場が比較的狭いため、場合によっては少し待つこともありますので、その点はあらかじめご了承ください。

万座毛の意味は「万人も座する草原」。その由来は琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことだと言われています。万座毛から見渡す東シナ海の大パノラマは壮観です。しばし散策を楽しみましょう。冬場は海風が強いので暖かい上着を忘れずにお持ちくださいね。
  • かなさん

    めんそ〜れ〜、沖縄大好きアラサークリエイターです。大好きな沖縄の良いところを、みんなにもっと知ってほしい!そんな気持ちで沖縄の話、ときどき寄り道をしながら記事をご紹介していきます♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up