【福岡パワースポット】嵐ファンの聖地!?あらゆる縁を結ぶ櫻井神社が話題

国内でも有数の『移住したい街』と特集される糸島市。その北部に位置するのどかな里山にある神社に若い女性の参拝客が急増している、その名も『櫻井神社』。
その実態は2013年の「式年遷宮」の際の伊勢神宮の外宮の鳥居が移築されるなど、伊勢神宮との縁が強い“本物”のパワースポット。今回はそんな櫻井神社の魅力をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 847view
糸島といえば、福岡県内屈指の人気のドライブコースで、福岡市内から車で40分ほどのところにあります。櫻井神社へは、もう少しで海が見える!!!という気持ちをぐっとこらえて、今宿の横浜という交差点を左折し、看板を頼りに、のどかな道を進むと到着します。
櫻井神社は、大河ドラマ「軍師官兵衛」で一躍注目を浴びた“黒田家”縁の神社。
寛永9年(1632年)、黒田二代藩主黒田忠之(ただゆき)公によって創建され、筑前国の信仰の拠点になりました。
桧皮葺きの屋根が特徴の三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿には、豪華で美しい極彩色の彫刻が施され、拝殿、楼門(ろうもん)ともに福岡県の文化財に指定されています。
櫻井神社を訪れると、その素朴さと圧倒的な厳かさに驚かされます。
そして、どのくらい時を重ねたか分からない大木が点在する林の中を歩いていくと本殿が見えてきます。

あらゆる縁を結ぶ“櫻井神社”

  • 古事記・日本書紀によりますと、伊弉諾命(いざなぎのみこと)が黄泉(よみ)の国にいる伊弉冉命(いざなみのみこと)に会いに行き、その際に黄泉の国で穢れを受けたため、その穢れを祓うために禊(みそぎ)を行いました。
    その時に最初にお生まれになったのが八十枉津日神(やそまがつひのかみ)であり、災厄を司る神様であります。そして次にお生まれになった神様が神直日神・大直日神で、災厄を祓い清める神様であります。
    当社の主祭神には災厄を司る神様と祓い清めを司る神様をお祀り致しております。
  • 出典:http://sakuraijinja.com/sakuraijinja.html
「櫻井神社」は、福岡藩二代目藩主、黒田忠之公が創建した「櫻井神社」と、伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じた「櫻井大神宮」からなります。

櫻井神社本殿

  • 櫻井神社本殿
歴史を感じさせる佇まいと厳かな空気を全身に感じながら参拝。
ご朱印やおみくじ、お潮井と呼ばれるお砂などが用意されていました。

本殿以外にも九つの摂末社があり、ここを回るだけでもかなりご利益がありそうでした。

① 櫻井猿田彦神社・・・導き・災い除けの神

  • ① 櫻井猿田彦神社・・・導き・災い除けの神
  • 出典: blogs.yahoo.co.jp/hsnm3373/31480195.html

② 塞の神(さいのかみ)・・・病や怪我を治す病気平癒の神

  • ② 塞の神(さいのかみ)・・・病や怪我を治す病気平癒の神
  • 出典: kisekireistyle.com/archives/5513

③ 八神殿・須賀神社・・・国家守護・悪疫を退ける神

④ 日子(ひこ)・楠神社・・・農業・山の神

  • ④ 日子(ひこ)・楠神社・・・農業・山の神
  • 出典: blog.goo.ne.jp/raruraru2003jp_1955/e...

⑤ 春日神社・・・藤原氏守護・厄除の神

  • Kyoko

    福岡市早良区在住。小学生と幼稚園児姉妹のママ。育児に悪戦苦闘中の毎日。趣味はお酒。 西武ライオンズ大好き ♡
    けっこう信心深いと気づいたこの頃、地元福岡を中心に、パワースポットや神社仏閣など、全国的に有名なところから、地元民ならではのコアなスポットまでご紹介できたらと思います。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up