女性の為の簡単セルフアロママッサージ♡アロマのいい香りに癒されよう♪

エステやマッサージでもアロマを取り入れるところが増えていますが、必要なものを揃えてやり方をマスターすれば、自宅でも手軽に行うことができます。いくつかの注意点を含めてアロママッサージのやり方とその効果についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1010view

これだけは押さえておきたいアロママッサージの注意点

  • これだけは押さえておきたいアロママッサージの注意点
  • 出典: global.rakuten.com/en/store/mcollection/item/aroma-2
―選ぶべきはエッセンシャルオイル(精油)
マッサージには“植物から抽出される物質を100%使った余計なものが入っていないエッセンシャルオイル(精油)”を使用します。アロマオイルと書かれている場合は原材料名を確認して、合成物質など余計な物が入っていないかどうか確認してから使用するようにしてください。

―精油を直接肌に塗るのはNGです
特にアロママッサージの場合は体につけるので注意が必要です。
エッセンシャルオイルでも肌に直接つけるのはNG!マッサージをするときには、キャリアオイルと呼ばれる植物油で精油を1%以下に希釈して(うすめて)から使うことが必須です。精油の瓶は通常、1滴で0.05ml出る構造なので、目安としては精油2滴に対してキャリアオイル10mlを混ぜるとよいでしょう。

―キャリアオイルの特徴
キャリアオイルは主に3種類。
① ホホバオイル
ホホバの実からとれる液体ワックスで、人の肌の構造と似ている物質のため、肌馴染みがよくべたつきがないため初めての方でも使いやすいキャリアオイルです。長期間、品質が劣化しにくいので使いやすいのが特徴。

② グレープシードオイル
ブドウの種子から抽出されるオイルで、のびが良くさっぱりとしているのでボディーマッサージによく使用されます。

③ スイートアーモンドオイル
サロンでよく使用されているキャリアオイルがスイートアーモンドオイルです。
スイートアーモンドの種子から抽出され、強い抗酸化作用を発揮するビタミンEなどが含まれているため、酸化しにくく長持ちしてくれて、お値段も比較的リーズナブルなのが特徴です。

―妊婦さんは要注意!
妊婦さんには、使ってはいけない精油があったり、マッサージの仕方が適さない場合もあるので基本的にやめておいたほうが良いでしょう。どうしてもアロママッサージをしたいときは医師と相談してからにしましょう。
また、3歳以下の赤ちゃんに行われるマッサージはキャリアオイルのみを使ったものがほとんどで、それ以上のお子様に使用する場合も使用する精油の量を少な目にするなど注意が必要です。ベビーマッサージなど教室で学んでから自宅で行うことをおすすめします。

アロママッサージのやり方とポイント

  • アロママッサージのやり方とポイント
  • 出典: www.mammys.co.jp
―まずはパッチテストから
キャリアオイルで希釈した精油を使ってマッサージをする前にまずはパッチテストをします。二の腕の内側などで少量つけて、数時間から一晩おいて様子を見ます。赤みや腫れ、かゆみなどの症状がでたときは使用を中止してください。パッチテストで問題がなければマッサージを始めます。

―温度の管理が大切です
アロママッサージに温度は欠かせない要素。
最も効果的なのは体が温まっている入浴後がオススメです!
また、希釈したオイルも塗る前に手の温度で温めて、マッサージしたい部分に優しく広げていきます。強くこすったりして摩擦が起きると、お肌を痛めてしまうので、滑りが悪くなってきたら、オイルを足してマッサージを続けて下さいね。

―力を入れ過ぎない
マッサージをするときは、力を入れすぎると筋肉の細胞や毛細血管を壊してしまい、揉み返しを起こしてしまう可能性があります。力を入れず優しくマッサージをするようにしましょう。

―マッサージ後は洗い流さない
マッサージの後は洗い流さず、そのままにしてオイルが肌に浸透していくのを待ちます。洋服はオイルがついてもいいものを着ると良いでしょう。バスローブなどがあると便利です。べたつきがどうしても気になる部分だけタオルで軽くふくようにして、決して洗い流さないでください。洗い流してしまうとせっかくの精油の効果が十分に発揮することができず終わってしまいます。
―オイルの消費期限は必ず守りましょう
精油を使ってマッサージすることで皮膚から成分が吸収される経皮吸収でより高い効果が得られるとされています。だからこそ、使用するオイルの状態はとっても大切です!
マッサージ用のオイルが余ったときは冷暗所で保管して2週間を目安に使い切ります。保存料など入っていない天然のものなので、期限を過ぎたオイルでマッサージすることは控えましょう。

―食後はNG
ご飯を食べてからすぐのマッサージは気分が悪くなりやすいので避けた方がよいかもしれません。

―昼間にやるなら日光には要注意!
柑橘系の精油の中には、ベルガモット、レモン、グレープフルーツのように光毒性のあるものがあります。マッサージでこれらの精油を使用した後に日光に当たるとシミや炎症の原因となってしまうことを光毒性と呼びます。マッサージの場合は特に皮膚につけるため注意が必要です。

目的別にオイルを選び♪オイルマッサージの効果を

  • 目的別にオイルを選び♪オイルマッサージの効果を
  • 出典: bunbougucafe.hotcom-cafe.com/wordpress/?p=2202
使用する精油に応じてリラックス効果があるものや、気分がスッキリ明るくなるようなものまで様々な効果があります。自分の好みや体調に合わせて香りを選んでみましょう。
はじめは1種類のものや、すでにいくつかのエッセンシャルオイルが混ぜられているブレンドオイルを使用するといいかもしれません。
慣れてきたら自分でいろんな精油をブレンドしてみて、お好みの香りを調合してみる楽しみ方もありますよ。

リラックス出来る空間で始めてみよう

  • リラックス出来る空間で始めてみよう
  • 出典: reiki.bz/menu.html
ゆったりとしたBGMを流したり、照明を少し暗めにするとマッサージ効果が高まり、よりリラックスできます。
アロマオイルのいい香りゆったりと癒されてみませんか?
■アロマ・アロマオイルの関連記事
ゼラニウムで体調を整える
ベルガモットで食欲抑制
セックスレスに効果ありイランイラン
アロマで手作りエアフレッシュナー
虫除けや集中力アップにペパーミント
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up