メンタル美人はやっている!「飛躍的推論」をしすぎないことでハッピーに

カウンセラーホーリーが目標達成したいあなたに送るメンタル美人術!あなたの目標達成を阻む「考え方の歪み」。考え方の歪みがない人なんていません。でも傾向を把握できている人も少ないのです。苦しかったり、面倒くさくなってしまうことがないように今回も考え方の歪み「飛躍的推論」をチェックしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 413view

考え方の歪み「飛躍的推論」とは

  • 考え方の歪み「飛躍的推論」とは
  • 出典: hazardlab.jp/know/topics/summary/7/4/7450.html
今回扱う考え方のゆがみは「飛躍的推論」。
飛躍して推論してしまう・・・ということなのであんまり考えなくてもいいことまで考えちゃうというイメージですね。さて、どんなことなのでしょうか。
あなたは一人暮らし。
久しぶりに実家の母に電話をかけました。でも・・いつもこの時間なら家にいる母がいません。もちろん、電話にも出ません。
普通なら「なんだいないんだ。またかけよう。」となるところですが
「あれ、なんでいないんだろう。どうしたのかな買い物でも行ったのかな。」

いやいや、買い物は済んでる時間だ。具合が悪くて寝ているかも、え?もしかして
「家で倒れてたり・・・どうしようどうしよう。。。」

これが俗にいう先読み。これこそが飛躍的推論です。心配がどんどん募って不安になってしまう状態です。

「深読み」飛躍的推論というものも

もうひとつは深読みです。
深読みは未来ではなく「現時点でどうか」をどんどん掘り下げてしまうこと。
先ほどの例で言えば、母が電話に出ない→母はもしかしてこの間のことで怒ってるから私の電話番号を見て電話に出ないのかしら。。。

なんて思ってしまうこと。
悪いほうに悪いほうに考えてしまいますね。

推測は結構な割合で外れるので気にしない

  • 推測は結構な割合で外れるので気にしない
  • 出典: blog.livedoor.jp/shiro_no_tatsumi/archives/41022508.html
人は推測しながら次への戦略を練り未来に備えますが、だいたい外れますよね。計画的にいったためしなどないはずです。私もよく娘が帰ってこなくて、深読み先読みしまくりでした。

ああ、事故にあったのかも・・・
ああ、変な人にさらわれたら・・・
もしかして、私が朝怒ったから家出したとか?

でも、100%そんなことはなく娘はけろっとした顔で家に帰ってきます。友達と遊んでて遅くなった~とかいいながら・・・。

最近は「いつか帰ってくるでしょ!」と思えるようになりましたが推測はやっぱり外れますね。

推測はしすぎない。ちょっとだけと決める

  • 推測はしすぎない。ちょっとだけと決める
すごーく推測してしまう人は特に
「推測するのはちょっとだけ」と自分のルールを作りましょう。

彼が何でもない日にプレゼントをくれた→何かあったのかな
これくらいだったら不安な方向にはいかないですね。

ルールを決めないと
彼が何でもない日にプレゼントをくれた→何かあったのかな→何か隠したいこと?
→え?浮気?→誰?誰となのよ!→こんなプレゼントいらない!

なんてことになる恐れも。少しだけ気をつけることで防げますよ。

このように、飛躍的推論は外れることが多く、あまり気にしないことで気が楽になります。ぜひこの傾向がある人は、少しだけと決めて見てくださいね。
■カウンセラーが教える「考え方の歪み」
白黒思考度をチェック!考え方の歪みを解消してメンタル美人に
メンタル美人はやっている!時間管理を身に着けて目標達成をするポイント
考え方の歪みが原因!過大・過小評価を見直して目標達成!褒め言葉には感謝
考え方の歪み「マイナス思考」をやめるには簡単な発想の転換だけ
日本人が大好きな勘違いによる考え方の歪み。レッテルは貼ったり貼られたり
感情的推論をやめたらハッピーに。目標達成のためのメンタル美人術
考え方の歪み「自己関連付け」を治せば気持ちがラクに!メンタル美人術
メンタル美人はやっている!「飛躍的推論」をしすぎないことでハッピーに
一部がすごく気になる!「部分的焦点付け」を克服して目標達成を
「べき論」にとらわれない!目標達成のためには頑張り過ぎないこと
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up