風水から考える、トイレアイテムのラッキーカラーとは

トイレは老廃物を長し、昔から「ご不浄」と言われ嫌われるものでした。家の中で一番「陰」の気がつきやすい場所だから。トイレが汚れていたり気の循環が悪いと、家全体の気や運も下がってしまう場所です。今回は、そんなトイレの陰の気を開運に変えるためのトイレアイテムや色をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1034view

なぜ風水でトイレが重要視されるのか

  • なぜ風水でトイレが重要視されるのか
風水でいうと、トイレは「水の気」を持っています。「水の気」は床に溜まりやすく、運を冷やしてしまいます。体にもダイレクトに入ってくるので運を下げてしまうのです。
それを防ぎ、トイレを開運の場所にするには必要なものがあります。トイレマット・トイレ用スリッパ・便座カバー・便座シートです。そして手を拭くタオルです。
これで運を下げない下準備が出来ました。準備したトイレマット・トイレ用スリッパ・便座カバー・便座シート・タオルを開運カラーにして、次は運を上げていきましょう。
暗い・寂しい・寒いイメージを、明るい・楽しい・温かいイメージへと変えることで「陰」の気を跳ね返しちゃいましょう。方位や九星別とありますが、ここでは各運と相性のいい色をご紹介します。

風水のトイレアイテム 各運と相性のいい色

  • 風水のトイレアイテム 各運と相性のいい色
  • 出典: lay8n
金運・・・黄色。ワンポイントにヒマワリがあると更に効果的です。パステルカラーにすると温かみが増します。自分も金運も変えたい時には、濃い黄色で波が変わります。
恋愛運・・・ピンク。ハートやレースなど可愛らしいデザインのものを選ぶと華やかさが増します。今までの恋愛運の厄を落としたり、厄がつかないようにするにはマットはフワフワとした、毛足の長いものをおすすめします。
仕事運・・・青色で統一しましょう。パステルカラーの青がトイレには合っています。気持ちが落ち着き、頭がすっきりして集中力がアップします。
人間関係運・・・人を招く時には、マットとカバーを清潔なものに変えて招きましょう。招いた人との関係を冷やすのを防ぎます。暖色系のオレンジ・ピンク・茶・ベージュで、人間関係を冷やさず温かいものにしましょう。人間関係に悩んでいる人は、ぜひ取り入れて見てくださいね。
家庭運・・・ナチュラルなイメージのベージュで、肌触りのいいものを選んでくださいね。オレンジやも温かみがあっておすすめです。
健康運・・・アイボリー。派手な柄は気を乱すのでシンプルなものを選ぶとベストです。

風水トイレアイテム、タオルも統一しましょう

  • 風水トイレアイテム、タオルも統一しましょう
  • 出典: riiiiiiisaaaa
タオルも色を合わせることで運を上げるアイテムになります。運を上げるアイテムになったタオルで手を拭くことで、厄を落とすのです。タオルはマメに取り換えましょう。汚れたままにしていては、一度落とした厄をまたつけてしまうことになってしまうのです。

風水から考える洗うタイミングと洗い方

  • 風水から考える洗うタイミングと洗い方
  • 出典: simple365nichi
トイレのマット・トイレ用スリッパ・便座カバー・便座シートは一週間に一度洗濯をして、天日干しが理想です。天日干しが出来なくても、洗濯をして「陰」の気も厄も落としましょう。
一週間に一度は難しいときには、除菌スプレーを利用して洗濯できない分をカバーしちゃいましょう。トイレに行くたびに除菌スプレーを使うのも○。

換気扇を回せない場合は、この色でカバー

  • 換気扇を回せない場合は、この色でカバー
  • 出典: www.sunadish.com/product/4486
トイレに窓がない時には換気扇を回しておくといいのでカバーは出来ます。しかし、ずっと回しっぱなしにしておくのはちょっと。。。というときにはマット・スリッパ・タオルにラベンダー色を取り入れましょう。ラベンダーは気を浄化する作用があるのです。
各運をリセットしたいときは白で統一して、落ち着いてきたな・変化が出てきたなと思ったら、各運と相性のいい色に切り替えるタイミングです。白は金運にも繋がる色ですが、金運がいいときに使うと逆効果になるので気を付けてくださいね。サブとして使うの程度にとどめておきましょう。
トイレは運を左右する場所です。いい運が引っ張られないよう、色を取り入れてフォローしちゃいましょう。
■関連記事
2016年を健康に過ごそう!風水で健康運を上げる3つのポイント
2016年の開運アイテムを使って、お部屋を開運インテリアに模様替えLINK_E]
玄関と水回りの運気アップ風水!ポイント3つをご紹介♪LINK_E]
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up