人生を楽しく!幸せ体質になるために今日からしたいこと3つ

やる気スイッチが入らない、何をやっても続かない、楽しくないと思っている人と、ONとOFFの切り替えが上手で、どんな仕事も楽しそうにこなし、毎日が充実している人。せっかくなら少しでも多く、楽しい充実した時間を過ごしたいですよね。そんな幸せ体質になるためにしたい習慣3つを具体例をまじえてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 656view

心のカテになる言葉を持とう PMAのススメ

PMAとは、日本の人気スカパンクバンド、KEMURI ( https://kemuri.com/ )が自らのバンドスタイルとして提唱しているPositive Mental Attitude(=肯定的精神姿勢)の略称です。

KEMURIの曲は、常に前向きでいよう!うまくいかないこと、辛いことがあっても、上を向いて、前を向いて進もう!先のことを心配したらキリが無いけど、強い気持ちで進もう!といった、とにかくポジティブな言葉やメロディーがぐいぐい背中を押し、支えてくれます。
KEMURI 「PMA」
筆者は疲れたり、へこたれそうな時には「PMA!PMA!」と駆け足したり、「まだいける!まだまだいける!まだまだまだいける!」とKEMURIのボーカル、伊藤ふみおさんがよくライブで使う言葉を口に出して自分を奮い立たせています。

まったく根拠が無くても、うまくいく!絶対良い方向へ動く!これ乗り越えたら、また1段上のステージにいける!と、とにかく前向きなイメージを持って、ポジティブな姿勢と発言、PMAの精神でいると、本当にその通りになったり、大変だったけど結果うまくいったと思うことが今まで沢山ありました。

このように心のカテになる言葉を持つと、うまくいくことは多いはずです。

やるきスイッチが入る、自分の鉄板曲を見つける

  • やるきスイッチが入る、自分の鉄板曲を見つける
この曲を聞くと元気になる・前向きになれるという曲を見つけることも有効です。音楽にはココロやカラダを動かす力があります。レッスン準備など、急いでリビングの掃除・片付けをする必要がある時には、早いテンポの曲を流すと、ドラム音におしり叩かれている気持ちで、テキパキ早く終わります。

昔、テニスのコーチに、「素早いスプリットステップで!」と言われたのですが、動きがスローモーションに見えます!と言われまして・・・笑 この時試して有効だったのも音楽の力。
レゲエを好んでよく聞いていたのですが、そのイメージだと小刻みに走るべきところも、大股でゆったり飛び跳ねてしまうので、テニスレッスンの前は早いテンポのSKAやHIPHOPを聞いて、素早いスプリットステップを踏んでいる自分、テンポ良くボールを打ち返している自分をイメージしながらコートに入るようにしたら、本当に動けるようになったのです。これらも、音楽の力を借りながら、ポジティブ思考、PMAが引き寄せた結果です。

さらに、口に出して歌ってみると、曲の持つ心強く感じられるパワーに気づくと思います。

誰でも出来る、イメージトレーニングのススメ

イメージトレーニングは、特別な職業、スポーツ選手だけがやるものではなく、仕事や家事においても有効です。この音楽が(脳内でも)かかったら、光の速さでスムーズに、面白いように進んで、〇時には終わってご褒美にケーキが食べられる、飲みに行ける、とイメージする。実際、OL時代も飲み会前に発揮する集中力、仕事の速さには自分も周りも驚くほどでした笑
大人数相手のレッスンやプレゼンテーションも、ライブを楽しむ気持ちで、隅から隅までよく見渡して話している自分、大勢の人のココロに届くようにと自信を持って笑顔で話している自分、参加して良かった!響いた!と笑顔で話す参加者の顔、やりきってホッとした嬉しい自分をイメージする。

このように、ポジティブなイメージトレーニングは、ドンドンやってみましょう!
PMAをものにして、今ある幸せに感謝する毎日を送りたいですね☆
  • いしはら まゆこ

    2007年5月7日生まれ双子の男の子ママ♪ベビーマッサージ&サイン講師・キッズ向けヨガインストラクター・心理カウンセラー☆ママ&Baby&Kidsの笑顔がパワーの源♪食べること好き!お酒好き!テニス観戦好き!ライブ好き!とにかく人が好き♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up