意外!ドイツではあの動物がラッキーモチーフ。その理由と取り入れ方

ドイツで幸せを呼ぶアイテムとしてあげられるのは、四つ葉のクローバー、てんとう虫、そして豚。四つ葉のクローバーは日本でも言わずと知れたラッキーアイテムですし、てんとう虫も結婚式に登場することがあり知っている方も多いかと思いますが、豚は意外ではないでしょうか。今回は意外な幸運の象徴である豚についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 955view

ドイツのラッキーモチーフは、クローバーとてんとう虫と・・・

  • ドイツのラッキーモチーフは、クローバーとてんとう虫と・・・
ドイツ人は非科学的なことを信じない人が多いと感じますが、それでもラッキー・アイテムには重きを置くのか、四つ葉のクローバーやてんとう虫の形のチョコレート、ラッピング・ペーパーやグリーティング・カードに四つ葉のクローバーやてんとう虫がモチーフとなったものもよく見かけます。

ラッキーモチーフ「豚」を使ったドイツの慣用表現

  • ラッキーモチーフ「豚」を使ったドイツの慣用表現
豚もドイツでは重要なラッキーモチーフと考えられています。実は一度に10匹前後の赤ちゃんを産む多産な豚は世界各地でも幸運のシンボルとされているようです。

特にドイツではその傾向が強く、ドイツ語には”Schwein haben”という慣用表現があります。直訳すると「豚を持っている」となり、「幸運を持っている」という意味です。「ラッキーだった」と言う時に過去形で”Schwein gehabt” (豚があった)という言い回しをします。ドイツでは、それくらい豚は幸運のシンボルとして浸透しているようです。

ドイツの結婚式の定番料理「豚の丸焼き」

  • ドイツの結婚式の定番料理「豚の丸焼き」
幸運のシンボルである豚はこんなところにも登場します。筆者がドイツで参列した2度の結婚式(披露宴)では2度とも豚の丸焼きがありました。

見た目にはちょっとかわいそうな気もしますが、新たな道を歩む2人に豚(=幸運)がありますように!という願いを込めて食べるのかもしれません。あるいは、多産のシンボルである豚を食べて2人に家族が増えますようにと願うのかもしれません。

日本では、豚は貯金箱でおなじみですよね。
やはりこちらも豚は一度に10匹前後の赤ちゃんを産むことから、「数が増える縁起物」として豚がモチーフになっているようです。

今年は豚の貯金箱に貯金してみてはいかがですか?
皆さんの貯金箱の中身も増えますように!


■関連記事
意外!ドイツではあの動物がラッキーモチーフ。その理由と取り入れ方
2016年はこれで開運!イギリスの幸運をよぶお守り「ラッキーチャーム」
今すぐ真似したい!アメリカのラッキーモチーフを取り入れて幸運体質に!
日本では意外と知られていない?アメリカのラッキーアイテム2つ
スウェーデンのラッキーアイテムと未来のパートナーを予言するおまじない
  • たんたん

    ドイツ・ベルリンにて男の子を育てています。日独の良い所を取り入れながらおおらかに子育てしたいと思っています。ドイツで発見したこと、日本の皆さんにお伝えしたいことをレポートします。
    グローバルママ研究所オフィシャルリサーチャー。http://gm-ri.com/

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up