日常を離れイルカのすむ世界へ!野生のイルカと泳げる海【国内編】

水族館の人気者「イルカ」。水族館で触れ合えたり、写真をとったりできるところはあります。それでは物足りない!一緒に泳ぎたい!という方に、日本国内で野生のイルカと泳げるドルフィンスイムスポットをご紹介します。御蔵島・小笠原・利島は関東圏の方に、能登島は中部や関西方面お方にオススメです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 499view

伊豆諸島御蔵島

  • 伊豆諸島御蔵島
  • 出典: www.pit-diving.com/diving/dolphin_diary/06_04_20.htm
国内のドルフィンスイムスポットといえばココ「御蔵島」。イルカ好きな方には有名な島ですね。ただアクセスが悪く、なかなかハードルが高い島です。飛行機の直行便はなく、東海汽船の船が唯一の直行便です。東京竹芝桟橋から船で7時間半。しかも、天候が悪いと上陸できないことも多く、冬は上陸できる確立が3割程度といわれています。飛行機を使う場合は、調布飛行場から飛行機で三宅島か八丈島まで行き、ヘリコプターか船で御蔵島までいく方法があります。飛行機+ヘリコプターは交通費が高くつき、大人一人往復で50,000円前後になっていまいます。ツアーも開催されているようなので、初めての方やご自分で手配するのが面倒な方には、ドルフィンスイムツアーに参加してみるのもよいのではないでしょうか。
  • 出典: yuki7.com/sevenislands/mikurajima/2008/07271/island.htm

小笠原諸島

  • 小笠原諸島
  • 出典: travel.yahoo.co.jp/special/heritage
世界遺産「小笠原諸島」。ドルフィンスイムだけでなく、ホエールウォッチングやダイビングなど、マリンスポーツ全般楽しめます。ダイビングをされる方なら憧れのスポットのひとつではないでしょうか。というのも東京からはるか1,000キロと離れているにもかかわらず、アクセスが船のみなのです。所要時間なんと約25時間半です。しかも通常は1週間に1便なので、行ったら1週間戻ってこられないのです。社会人は、長期休暇が取れるタイミングでないと難しいですね。ピーク時には3日間に1便でているようなので、行かれる方はチェックしてみてください。行った方の話を聞くと、船がすごく揺れるので船酔いする方は寝るしかないとのこと。
ただ、そんな苦労をしていくからこその大自然。キレイな海が守られているのではないでしょうか。筆者も行ってみたい海No1です。
  • 出典: kiriusa.com/living/diary/f041109.html

伊豆諸島利島

  • 伊豆諸島利島
  • 出典: www.divegreen.net/お知らせ/利島ドルフィン
上の2つのスポットに比べれば東京から行きやすく、最近イルカでTVなどにも取り上げられている「利島」。この島には、20頭のイルカが住みついていてドルフィンスイムの新スポットとなっています。ここは、東京竹芝桟橋から高速船で2時間半と行きやすく、高速船のため揺れも少ないようです。イルカの頭数や海の透明度では御蔵島や小笠原諸島には劣るかもしれませんが、連休などを使って気軽にドルフィンスイムを楽しめるスポットです。子連れの場合は、こちらがよいのではないでしょうか。
  • 出典: blue.ap.teacup.com/hibikoregotobi/872.html

石川県能登島

  • 石川県能登島
  • 出典: rocketnews24.com/2013/07/05/347139
石川県七尾市にある能登島。こちらには11頭のイルカが住みついているそう。和倉温泉駅や七尾駅から直行バスがでています。能登島水族館やガラス美術館も近く観光のついでに立ち寄れるスポットです。こちらも、御蔵島や小笠原と比較すると海の透明度やイルカの数では劣るかもしれませんが、石川県や富山県の観光もできるのでドルフィンスイムに興味のない方と一緒の旅行の際には立ち寄りやすいスポットといえそうです。
  • 出典: www.ne.jp/asahi/kanazawa/kashimaya/redstringjosho.htm
忙しい日常を忘れ、イルカのすむ海へ癒しのたびに出かけてみては?
最高の癒しになること間違いなしです!
春ストレスを克服しよう!春に気分を上げる3つの習慣☆
お肌ストレスにお悩みのあなたに!ズボラさんもできる上手な肌リセット術
あなたの愛犬は幸せですか?愛犬のストレス解消法と見分け方
「揺らす」「伸ばす」「力んでから脱力する」の肩こり解消法!
春ストレスを克服しよう!春に気分を上げる3つの習慣☆
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up