仕事を辞めてもいい時?【数秘術】でタイミング知る!辞め時と始め時

仕事を辞める決断、仕事を始める決断…人生にはタイミングというものがあります。今回は、生年月日から人生のタイミングを知る「数秘術」によって、仕事の辞め時と始め時を知る方法をお母ちゃん業の傍らカウンセラー業ときどき占い師の筆者がご紹介致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 599view

数秘術で人生のタイミングを知る!

  • 数秘術で人生のタイミングを知る!
仕事の辞め時と始め時を数秘術から読み解いて、人生のタイミングを知りましょう。
数秘術では、人生は9年周期で循環するとしています。

まずは、現在の自分は、どこの周期にいるのかを割り出していきましょう。
年周期は、現在の西暦と自分の生まれた月と日の数字をそれぞれ足して合計数を出します
合計数が二桁になった場合は、1~9の一桁になるまで足して下さい。

例)2月19日生まれの人が、2016年の年周期を割り出す
2+0+1+6(現在の西暦)+2(生まれた月)+1+9(生まれた日)=21(合計数)

合計数は21…二桁になった場合は、一桁になるまで足します。
2+1=

2月19日生まれの人は、2016年の年周期が【3】となります。
年周期のスタートは誕生日からとなるので、2016年2月19日から年周期3が始まります。

年周期を割り出したところで、仕事の辞め時と始め時を読み解いていきましょう!

年周期【1】 種蒔きの時!「スタート」

  • 年周期【1】 種蒔きの時!「スタート」
新たな取り組みが始まります。今後の人生を計画したり、方向性を決定していく年です。
仕事を始めるには、最適な年。独立をする、転職をする、仕事で新たなプロジェクトを企画するなど、心新たに取り組んでいきましょう。
ただし、スタートの時期だからといって、漠然とスタートしても何も育ちません。
大切なのは「どんな種」を撒きたいのか?と、自分自身の想いをハッキリと持つことです。
しっかりと目標を持ち、どのように成長していきたいのか意志を明確にしましょう。

年周期【2】 種を暖める時!「土と水と太陽の恵みを受ける」

  • 年周期【2】 種を暖める時!「土と水と太陽の恵みを受ける」
周囲の協力を得ながら、感謝して人脈を広げる年です。
今の置かれている環境の中で、周囲のおかげで自分が育っていると感謝の気持ちを持ちながら過ごすことで、力が蓄えられるときです。
人との繋がりが重要な年なので、仕事の辞め時や始め時には相応しい時期ではありません。
もし、年周期2の年に仕事を辞めるならば、お世話になった方々との絆を断ち切らず、これからもお付き合いを継続するよう心がけましょう。
仕事の始め時になるなら、新しい人との関わりを増やし、周囲に感謝して繋がりを深めていきましょう。

年周期【3】 新芽が出る時!「経験値を増やす」

  • 年周期【3】 新芽が出る時!「経験値を増やす」
まだ若々しく不器用ながらに活動の一歩を踏み出す。感情が揺さぶられる年でもあります。
新芽はエネルギッシュですが、力発揮というには早すぎて、不安定でもあります。
一時期の感情で仕事を辞めたくなることもあるかもしれません。しかし、ここは我慢したほうが良さそうです。
まずは、自分の感情をしっかりと見つめ、経験値を増やしていくつもりで今の環境から学びとれることをどんどん学んでいきましょう。

年周期【4】 根を降ろす時!「下積みと準備」

  • 年周期【4】 根を降ろす時!「下積みと準備」
人生の基礎をしっかり養う。検討、内省、再構築をして、じっくりと土台を作る年です。
自分の立ち位置を作り上げる時期なので、地道な作業も多く、苦しいこともあるかもしれません。
塵も積もれば山となるの精神で、じっくりコツコツと自分のポジションを確立していきましょう。

年周期【5】 花が咲き、最初の果実が成る時!「チャンス」

  • 年周期【5】 花が咲き、最初の果実が成る時!「チャンス」
これまでの4年間の第一次成果が出る。多くの選択肢の中でチャンスが広がる年です。
仕事を辞めるとしても、人生のチャンスを掴むために辞める!というイメージです。
仕事を始めるなら冒険心を持って、チャレンジしてみましょう。
自分の意志とは無関係に、転勤や移動、引っ越しなど、運勢が動かされるという時期でもあります。

2ページ目に続く!
◼︎占いの関連記事
● 名前の画数で占う「姓名判断」が人気♡ 実は内面まで掘り下げて占える!
● 【人相学】「口」の形で性格や恋愛タイプの全てわかる!
● 手相の見方!手相は右手左手どっちを見るもの?
● 【玄関の風水・保存版】今日から取り入れたい玄関風水まとめ
● 口癖・視線・しぐさで診断♡彼の意外な一面や性格を見てみよう!
他の占いの記事を読む
  • やなせ

    野球少年の息子とオシャマで甘えん坊の娘、2人の子どもを持つお母ちゃんです。元幼稚園教諭。現在は、お母ちゃん業の傍ら、カウンセラー業をしています。そして、ときどき占い師。好きな言葉は「ま、いっか。なんとかなるさ!」・・・根は真面目です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up