意外と忘れがち…?確認してみて正しいパワーストーンの保管方法?

お持ちのパワーストーンを、「とりあえず分かりやすければいいや」とテキトーな場所に置いていたりしませんか?実はその保管の仕方が、パワーストーンの寿命を縮めてしまっているかもしれません…せっかくのお気に入りのパワーストーンですから、長く付き合っていきたいところですよね。正しい保管の仕方を、確認してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 157view

基本は、「1ヶ所につきひとつ」

  • 基本は、「1ヶ所につきひとつ」
ズバリ、「保存する場所1ヶ所につき、パワーストーンはひとつ」が基本です。
袋に入れるのであれば、1袋につきひとつ。
中が区切られたケース内に並べるのであれば、その区切られたスペース1つにつきひとつ、ということです。
これを強くオススメする理由は、いくつかあります。

パワーストーンによって、硬さは様々です。
鉱石の硬さを数字で示す「モース硬度」というものをご存知でしょうか?
これに基づいて表記すると、地球上で最も硬いと言われるダイヤモンドが硬度10、コランダム(鋼玉)の一種であるサファイアやルビーが硬度9なのに対し、例えばセレナイトは硬度2となります。
人間の爪がおおよそ硬度2.5とされていますから、セレナイトは爪で引っかいただけでも傷が付く可能性があるということです。
こうした理由により、複数の石を一緒に入れていた場合、ちょっとした動きで軟らかい石の表面が傷ついてしまう…ということも起こり得ます。

また、モース硬度が示すのは、あくまでも「引っかかれた時や、こすれた時の傷のつきにくさ」ですので、
例えば、「ハンマーなどで叩かれた時や、高所から落とされた時の壊れにくさ」とは異なります。
各パワーストーンのモース硬度はネットで調べれば大体分かるはずですが、パワーストーンの中には一定の方向から掛かる力に弱いという性質(劈開性/へきかいせい)を持っている石もあり、モース硬度が高いからといって壊れにくいとも限らないのです。

…以上、長々と並べたのはあくまで根拠の一部ですので、これらは覚える必要はございません。
とにかく、「パワーストーンは各個保存が基本」だというポイントだけ、しっかり押さえておいてくださいね!

保管は暗い場所や、光が当たらない環境で

  • 保管は暗い場所や、光が当たらない環境で
パワーストーンをしっかりと保管したいのであれば、光の少ない、もしくは当たらない場所を確保しておきましょう。
光が頻繁に当たるような場所は、パワーストーンにとってはあまり好ましくありません。

一般的に、パワーストーンと呼ばれるもののほとんどは鉱石です(一部、鉱物ではないものもパワーストーンとされていることがあります)
そして鉱石は、長い時を経て地中深く、暗闇の中で形成され、存在してきたものです。
パワーストーンにとっては、多量の光を浴びるようになったのは、採掘されて以来のほんの最近の出来事ということですね。

したがって、基本的にパワーストーンは、強い光を浴びることや、長時間に渡って光を浴びることを苦手としています。
特に、色が付いているパワーストーンの中には、アメジストやローズクォーツに代表されるように、紫外線を浴びすぎることで変色・褪色が起こり得るものもあります。
パワーストーンの持つ美しさを保ちたいのであれば、直射日光を避けることはもちろん、できれば、「蛍光灯などの室内灯も極力当たらないような場所に保管する」のが理想的です。
ケースや袋に入れる際にも、光を通しやすい、透明なものには入れない方がいいでしょう。

電磁波を発する製品の近くは避ける

  • 電磁波を発する製品の近くは避ける
ここまでは、物理的な理由による保管方法についてお話ししてきました。
ここからは、パワーストーンのエネルギーを考えた上での保管方法について触れていきます。

エネルギー的に考えて重要なのは、まずは「電磁波を避ける」という点です。
電磁波を発する製品とは、冷蔵庫、電子レンジ、テレビといった家電や、今や身近となったパソコンやスマートフォンなどのデバイス機器が該当します。
エネルギーというのは、突き詰めれば振動です。
物質、及びそれを構成する粒子はそれぞれに固有の周波数を持っており、パワーストーンも例外ではありません。
そして、異なる方向から来た波がぶつかり合うことで形を変えるように、異なる周波を持つエネルギー同士も、互いに影響し合います。
ですので、電磁波と長時間、もしくは強い電磁波と接触することによって、パワーストーンの持つエネルギーそのものが変質してしまう可能性があるのです(ただし、変質した結果、「悪くなる」かというと、これは一概には言えないところです)

なお、エネルギーに関する知識と技術を元に適切な対策を行う、あるいは、他のエネルギーグッズや、電磁波に強いエネルギーを持つパワーストーンを利用することで、電磁波の近くでも影響を受けにくいようにすることは可能ですが…
そこまでする必要が無いように、ある程度、電磁波を発する電子機器からは離した方が無難でしょう。

水晶クラスターや、ジオードのそばに置くのも◎

  • 水晶クラスターや、ジオードのそばに置くのも◎
もし、すでにお持ちであったり、「どうしても必要だ!」と思って購入するつもりなのでしたら、水晶のクラスターや、ジオード(写真のような、空洞のある岩石の塊の内側に、水晶やメノウなどが形成されたもの。大きいものはドームと呼ばれることも)を、パワーストーンの保管に利用してみてはいかがでしょうか。
クラスターやジオードには高い浄化力があり、ここに置いておくことで、エネルギーの観点から見ても、パワーストーンに休息のひとときを提供することができます。

また、クラスターやジオードは、部屋に置くことで、空間の浄化にも効果を発揮してくれます。ただし、浄化に使うクラスターやジオードも、たまには浄化してあげてくださいね!


パワーストーンの保管といっても、さほど難しいことはありません。
ちょっとした心がけで、パワーストーンとさらに良いお付き合いをしていきましょう!
■パワーストーンの関連記事
仕事がうまくいく!仕事運を高めるパワーストーン!
愛が深まる!恋愛運と結婚運を高めるパワーストーン
豊かなお金を引き寄せたい!金運・財運を呼ぶパワーストーン
四神相応による方位別!風水パワーストーン!その効果は?
  • 雨音 水螺

    読みは「あまね すいら」。フリーライターをしつつ、今までのスピリチュアルな経験や知識のみに留まることなく、さらに深めて活かしていきたいと活動中。と、同時に、自身の人生も謳歌する気満々な人。
    鉱物としてもパワーストーンが好き。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up